SWANS(スワンズ) Airless-Move(エアレスムーブ) SAMV-0751のご案内です!!

SWANS(スワンズ)2018年NEWモデルのAirless-Move(エアレスムーブ)よりSAMV-0751をご紹介いたします。

こちらは、エアレスムーブシリーズの中のミラーレンズ仕様で、フレームの構造などは通常仕様と共通となっています。
レンズは、ミラーコートがされていることもあって、可視光透過率が12%と低めになっています。
快晴の屋外など、特に眩しい場所での使用にオススメです。

上がミラーありのレンズです

そしてこちらがミラーなしのレンズです。
白バックの同じ環境で撮ったものですが、ミラーありの方がはっきりと反射して映っていますね。

実際に掛けた場合ですと、ミラーがあると目元が反射にまぎれて外側からは見えなくなりますが、ミラーなしだとうっすらと目が分かる感じになります。
主にファッション的な意味合いになりますが、あるとないでは印象がかなり違いますので、ぜひ掛けていただいてお好みの方をお選びください。

いかがでしたでしょうか。

ミラーコートの偏光サングラスの中ではリーズナブルな価格となっていますので、初めての方にもオススメですよ!

SWANS
Airless-Move SAMV-0751
マットブラック
シルバーミラー+偏光スモーク
¥11,000+税

SWANS(スワンズ) Airless-Move(エアレスムーブ) SAMV-0065のご紹介です!!

SWANS(スワンズ)のサングラスAirless-Move(エアレスムーブ)SAMV-0065をご紹介させていただきます!

Airless-Move(エアレスムーブ)SAMV-0065は、SAMV-0051のカラーバリエーションとなります。

フレームはファッション性の高いデミブラウンで、スポーツ以外にも様々なシーンでお使いいただけると思います。
軽く、サイズもコンパクトなので女性にもおススメです

レンズは偏光フォクシーブラウンとなっており、明暗のコントラストがはっきりする効果があります。
自然な色合いのグレー系のレンズとの選択は、用途や見え方の好みで決めると良いと思います。
また、こちらのレンズの可視光透過率は30%で、紫外線透過率は0.1%以下となっております。

いかがでしたでしょうか。
欧米人に比べると、日本人は眩しさに強いとされていますが、それでも過度な眼の負担を避けるためにも、サングラスのご利用をオススメします。

SWANS
Airless-Move SAMV-0065
デミブラウン
偏光フォクシーブラウン
¥9,500+税

SWANS(スワンズ) Airless-Move(エアレスムーブ) SAMV-0051のご紹介です!!

SWANS(スワンズ)2018年NEWモデル、Airless-Move(エアレスムーブ)SAMV-0051のご紹介です!

SWANS Airless-Moveは、同社の超軽量Airlessシリーズの新型で、軽くフィット感が良好であり、運動に最適なモデルです。

フレームはナイロン製で細く軽量に造られており、ノーズパッドとテンプルエンドにはラバーが使用されていて、滑りにくくしっかりとホールドされます。
そして、肝心のレンズも妥協していません。
SWANSのサングラスは家庭用品品質表示法に基づく「偏光サングラス」の表示がされています。これはファッション用ではなく、一定の基準を満たした高品質なサングラスということなんですね。
さすがは日本製。
ちなみに、可視光透過率は27%となっております。
(※詳しくは消費者庁HPをご覧ください)

その一方で、本体価格は10,000円をきっており、偏光サングラスの中ではお求めやすくなっています。

いかがでしたでしょうか。
これから日差しが強くなる季節ですので、屋外スポーツをされている方におススメですよ~

SWANS
Airless-Move SAMV-0051
パールブラック
偏光スモーク
¥9,500+税

OAKLEY(オークリー) FLAK2.0(フラック2.0) バイオレットイリジウムポラライズド!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) FLAK2.0(フラック2.0) 度付きサングラスです!

FLAK2.0はフィットが良いので、多くのアスリートの方にお選びいただいています。
フレームカラーは、マットブラック、レンズカラーは、バイオレットイリジウムポラライズドをお選びいただきました。
発色の良いバイオレットのミラーは中々見かけないのではないでしょうか?さらに、ギラツキを抑える偏光レンズ仕様です!

今回作成させていただいたお客様は、お度数が強く、OTD EDGE SVでの作製となりました。
オークリー純正の度付きレンズを使用したい場合も、フレームモデルは限られますが、かなり強度のお度数でも作製が可能となっています。

変更される前のOTD EDGE SVは、レンズの耳側周辺部にフロスト加工と呼ばれる、レーザーですりガラス状のカッティングが入るデザインになっていましたが、現在のOTD EDGE SVではフロスト加工が入らない加工方法になりました!

カッコいい仕上がりですね~
ミラーでかなりアイウェアの印象は変わりますよね~
皆様もぜひ、いかがでしょうか?

OAKLEY(オークリー) FLAK2.0(フラック2.0) 人気のサファイアフェード+ディープブルーイリジウムポラライズド!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(フラック2.0)度付サングラスです!

お求めいただき誠にありがとうございます。

フレームカラーは、サファイアフェード、レンズは、ディープブルーイリジウムポラライズドをお選びいただきました。
カッコいいですね~!!

全体的にブルーを主体として構成していただきました♪

ディープブルーイリジウムポラライズドは釣りなどにオススメの偏光レンズとなっています!

スポーツサングラスのことなら、ぜひ、メガネのコミヤマですよ~!