kabuto 301D(カブト301D)偏光ブルーミラー!!フィッティングカスタム!!

こちらは先日作製させていただきました、kabuto 301D(カブト301D)度付きサングラスです。

kabuto(カブト)がサイクルスポーツで培ったノウハウを込めて、度付きユーザーの方のために開発した301DOCK付モデルは、当店では大人気となっていますよ~

日本人にフィットしやすい、JAPAN FITフレームは高強度のEMS社製高機能性ポリアミドの上位グレードTR-90NZZを使用、さらに、メタル入りのアジャスタブルノーズパッドにより、お鼻の形状などによりフィッティングが可能です。

ドック仕様にすることで、特殊なレンズや加工を必要としないため、様々な種類のレンズをセッティングできることや、近視の強い方であれば、ドックのフレームの形状によりレンズの厚みが隠れることなど、メリット盛りだくさんなんですね~

今回は、サイクリストのお客様よりご依頼いただきました。

レンズは必要なカーブをつくりだすことができ、歪みなど周辺収差を軽減できる設計に、プリズム・度数補正可能なタイプ、レンズカラーは、コントラストに長け、路面のギラツキをカットする偏光ブラウンにブルーミラーをお選びいただきました。

さらに、快適にライドしていただけるように、フィッティングも重要ですね。

ノーマルの状態だと幅がかなりきつめでしたので、フレームの幅を広げるフィッティングをしています。

画像右側がノーマル、左側がフィッティングして広げさせていただいたフレームになります。

画像下がノーマル、上が広げたフレームになりますね。


フレームが傷まないように、どのような手法で、どのぐらい調整するかを考えながら慎重に調整します。

各段に良くなったフィッティングと仕上がりに大変喜んでいただけました。

安全に快適にカッコよく、スポーツで使用していただけるように、様々な面で工夫して作製させていただいております。

OAKLEY(オークリー)RADARLOCK(レーダーロック)オークリー純正度付きクリアレンズ!!

こちらは先日ご注文いただきました、OAKLEY(オークリー)RADARLOCK(レーダーロック)度つきクリアレンズです。

野球用に作製させていただきました。

RADARLOCKなどの一眼タイプのレンズモデルは、OAKLEY純正の度付きレンズにされる場合、シールドインプラントと呼ばれる、一眼レンズをくり抜いてその中に度付きレンズをセットする方法となります。

今回はOAKLEY純正レンズの安心感と、コンタクトレンズなどと併用されるご予定でしたので、度なしのレンズと同じように着脱できる、純正度付きタイプをお選びいただきました。

こちらのRADARLOCKは、千葉ロッテマリーンズモデルで、レンズはナイターでも使用できるようにクリアタイプをチョイス。

現在、他メーカーのレンズを使用して、レンズ中央でセパレートし、ダイレクトで度付き仕様にする方法もあります。

純正レンズの方式は、視界の広さはやはりダイレクト加工には及びませんが、レンズの周辺部の歪みの軽減や、強度の近視の方ですと、レンズの厚みもダイレクト加工よりは薄く仕上げられる場合が多いなど、双方にメリット・デメリットが
ありますので、お客さまのお好みで作製させていただくことができますよ~

ぜひ、当店にご来店のうえご相談くださいませ。

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) STRATOFLY(ストラトフライ)オプティカルドック × POLATECH(ポラテック)偏光レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)STRATOFLY(ストラトフライ)オプティカルドック度付きサングラスです。

遠方よりご来店くださいました。

かなり強度の近視があるため、一度他店様でハイカーブ度付きサングラスをお作りいただいたことがあるそうなのですが、強度のお度数では、作製できなかったそうで、かなり度を落としてお作りになり、見え方がよくなかったので、最近はコンタクトレンズを使用して度なしのサングラスを装用しているとのことでした。

そのため、当店のブログなどを見ていただけたそうで、オプティカルドックなら製作できるのではと、フレームお持ち込みでのご相談にいらしてくださいました。

測定させていただくとS-7,00と、やはり、かなり強度の近視があり、お客様のご希望は釣りなどで使用したいため、度付き偏光レンズで、できるだけ外観を損ねないように仕上げたいとのことでした。

元々、オリジナルのSTRATOFLYはハーフリムタイプで8カーブのレンズがセッティングされており、オリジナルのレンズの形状での度付きもお度数などによっては可能なのですが、8カーブ、大口径と、度数が強度になればなるほどレンズメーカーがレンズを作製することもできなくなってしまいます。

オプティカルドッグは6カーブに減じられており、さらに6カーブぴったりでなくても、レンズを加工する際に工夫することで問題なく仕上げることができる場合があります。

今回お客さまのご希望をふまえ、ご提案させていただいたレンズは、HOYAのPOLATECH(ポラテック)という偏光レンズです。

従来の偏光レンズが偏光のフィルムを中央に挟み込むように配置しているのに対し、POLATECHは、レンズ表面に偏光の性能を付けたコートタイプの偏光レンズとなっています。

コートタイプのメリットとしては、従来の偏光レンズだと剥離などの問題から難しいとされていた下縁のないナイロールタイプなど様々なフレームに適応できる点や、HOYAが手掛ける遠近両用などの様々な種類に対応している点、さらに薄く仕上げることができる点などがあります。

レンズカラーはブラウンのバルザックカラーに、シルバーミラーをお選びいただきました。
キレイに仕上がっていますね~

フレーム前面とレンズの前面をなんとかツライチで仕上げることができました。

オプティカルドックはレンズの厚みがでる部分を隠してくれるデザインなので、サイドから見てもほとんど厚みはわかりません。

後ろからみると厚みはある程度出ていますが、通常の同屈折率のサンドイッチタイプの偏光レンズよりも薄く仕上げることができています。

強度のお度数でも、オプティカルドック なら度付きサングラスにできる場合がありますよ。

ぜひ、当店にご来店いただき、ご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(A)(フラックベータ) プリズムフィールド度付きサングラス!! ステムカスタム!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(A)(フラックベータ)度付きサングラスです。

野球用に作製させていただきました。

フレームは、フィット感とフィッティング上のトラブルを解決するため、FLAK BETA(A)(フラックベータ)をお選びいただきました。

レンズはオークリープリズムフィールドをお選びに。
元々はプリズムベースボールアウトフィールドという名称でしたが、数年前に変更になりました。

ボールと土、芝、空などのコントラストを強調することで、視認性をUPさせてくれるレンズですね。

当店で野球用のアイウェアを作製、サポートさせていただいている方から色々なお話やご感想などを伺っているときに多かったのが、守備時とバッティング時では、求めるレンズの濃度であったり、機能などが結構違うんですね。

もちろんデイゲームなのかナイターなのかにもよりますがこちらについては、また詳しく書こうと思っています。

今回作製させていただきましたお客様はバッティングヘルメットや守備時のキャップもお持ちいただけたので、それらのアイテムに合わせてフレーム選びやフィッティングをさせていただくことができました。

FLAK2.0やレーダー系だとへルメットの耳あての内装部分や内装後方部分で干渉してしまい、うまくフィットせず、上記のモデルだとステムをある程度曲げるなどしても良好なフィッティングにすることはかなり、難しそうでした。

FLAK BETA(A)はイヤーソック搭載モデルではないので、カットやステムの形状を変化させるなどの、カスタムベースとしても、とても重宝するモデルですね。

↑カスタムビフォー

カスタム前の画像、ステムが長く、ステムエンドの張り出したデザインはとてもかっこいいのですが、ヘルメットに干渉し入りきらない状態でした。

↑カスタムアフター

カスタム後の画像です。
ステム7mmカット、厚みもある程度薄くし、ステムの形状をなるべく丸みを持たせ、突起のないデザインにハンドメイドでカスタマイズさせていただきました。

ポリッシュドブラックのフレームカラーなので、カットして成形した部分を研磨し磨くことで、違和感のない仕上がりになっていますね。

こちらは同モデルでカスタムしたものとノーマルモデルとの比較画像になります。

短く、薄く削り、デザインが大きく変更されていますね。

もちろん通常使用でおかけいただいても、フィッティングには全く問題なくお使いいただけるように調整しています。

頭部の形状や大きさによっては、カットしない方がいいケースもありますので、ケースバイケースでご対応させていただいております。

これで、ヘルメット内にしっかり収まるようになり、快適に野球がお楽しみいただけますね、お客様には大変喜んでいただけました。

皆様もスポーツに使用されるアイウェアのご相談の際は、ヘルメットやキャップなどの併用されるアイテムなどをお持ちくださいますようお願いしますね。

いかがだったでしょうか?

当店では少しでも、皆様の力になれるよう、日々様々な技術の向上に取り組んでおります。


OAKLEY(オークリー) のお求めは、長野県東御市にございますメガネのコミヤマ東御店にご来店くださいませ。

OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0)クリア・ブラックイリジウム調光レンズ!

こちらは、先日お求めいただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0)度付き調光レンズです。

こちらの調光レンズは、クリア・ブラックイリジウムという名称で、クリアとなっていますが、シルバーミラー仕様の影響もあり、実際はクリアではなく、薄いグレーカラーから濃いグレーへ変化していく調光レンズなんですね~

レンズの調光変化前の薄い状態では、かつて、オークリーレンズにチタニウムイリジウムクリアというレンズがあったのですが、そちらに近い雰囲気ですね。

可視光線透過率は、紫外線のない状態で69%から、紫外線照射が最大の状態で23%になりますので、レンズの濃度にすれば、紫外線のない状態でのレンズ濃度は約31%程度から紫外線照射が最大の状態では、レンズの濃度が約77%程度まで濃くなるということになります。

そのため、JIS規格では、視感透過率75%未満のレンズは、薄暮れ又は夜間時における運転又は路上での使用禁止となり、分かりやすくご説明すると、夜間や夕暮れ時では、濃度がおよそ25%を超えるレンズでは、光量不足で視力が低下する場合があり、大変危険ですので、運転及び、路上での歩行時には使用しないでくださいね、ということになっているんですね。

JIS規格上では、こちらのクリア・ブラックイリジウムは夜間の運転時などでは使用することができない調光レンズとなっています。

ちなみに、オークリー純正レンズのその他の調光レンズでは、可視光線透過率でいうと、クリア・ブラウン87%→19%、クリア・グレー87%→20%なので調光性能が良好な状態では夜間運転可能な調光レンズなんですね~

ミラーが入っていると、サングラスの雰囲気がとてもでて、カッコいいですよね~

ご使用になられる時間帯やシチュエーションなどからお選びいただけますよ~

人気のオークリー度付きサングラスいかがでしょうか?