OAKLEY(オークリー)RACING JACKET(レーシングジャケット)可視光調光レンズ交換!!

こちらは先日、フレームお持ち込みでレンズを交換させていただいた、OAKLEY(オークリー)RACING JACKET(レーシングジャケット)です。

販売終了となって数年経ちますが、RACING JACKETは今尚大人気ですね~

フレームが丈夫なので、イヤーソックやレンズなどを交換させていただくことで、まだまだ使用できますよ~

トラック競技に使用するサイクリストの方からオーダーいただきました。

レンズは紫外線と可視光線の強さで、イエローグリーンからグレーに変化する、可視光調光タイプのレンズをお選びです。

さらに、こちらのレンズは、光マネジメント技術に基づいて開発され、光をコントロールして視認性を向上させるハイコントラストレンズでもあるんですね。

夜間の運転には使用できないものの、照度の低い環境下から使用でき、紫外線の強い日中ではサングラスとして、まぶしさ軽減することができますので、サイクルスポーツにとてもオススメのレンズの一つですね。

オークリーレンズと同じように、レンズのくもり対策として、ベンチレーション加工をしています。

ウォーキングなど緩やかなスピードの場合はあまり効果がでにくいものの、スピードがでるサイクルスポーツなど場合は、ベンチレーションはかなり、レンズのくもり軽減に効果があるんですよ~

純正同様、上部に三か所、下部に二か所設けています。

もちろんレンズは、衝撃に強いレンズを使用していますよ。

カッコいい仕上がりですね~

フレームお持ち込みでのレンズのみの作製も可能ですので、ぜひ、フレームご持参のうえご来店くださいませ。

OAKLEY(オークリー)CROSSLINK FIT(A)(クロスリンクフィットA)遠近両用レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)CROSSLINK FIT(A)(クロスリンクフィットA)です。

アクティブな毎日をお過ごしいただいている、お客さまよりオーダー、遠近両用レンズをセットさせていただきました。

CROSSLINK FIT(A)は、クロスリンクよりレンズの天地幅が広くなっているため、遠近両用レンズなども
無理なくレイアウトできますね。

レンズはフレームのそり角など対して、レンズの傾きや、お客様の目とレンズの位置、フレーム情報を設計に反映することができる、Nikonのロハスシリーズの中から、ロハス100をお選びいただきました。

近くをより良く見るためには、多くの方が年齢とともに、加入度を上げる必要があり、この加入度が上がるほど、視界は狭くなり、ぼやけや歪みが多くなるのが一般的な累進タイプのレンズで、難しい説明は省きますが、ロハス100は、高加入度になっても歪みを抑え、違和感を抑えてくれるレンズとなっていますよ。

遠近両用などの累進レンズは設計やコンセプトがあり、お客さまのお度数や、目的、作業距離、などからおすすめのレンズは変わってきます。

当店では、様々なレンズメーカーの遠近両用レンズを扱ってございますので、性能や機能、価格面などならご提案させていただいておりますので、ぜひ、当店にお越しの上ご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0A)度付きPRIZM TRAIL(プリズムトレイル)!!

こちらは先日ご注文いただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0A)度付きPRIZM TRAIL(プリズムトレイル)です。

OAKLEY PRIZM TRAIL(プリズムトレイル)は、オークリーがPRIZMレンズを発売した当初からラインアップしているスポーツに特化したレンズの一つで、主にトレイル系のスポーツ時にダート路面の凹凸や、石などの障害物が察知しやすくなり、可視光線透過率36%の比較的薄めのローズ系のカラーによるコントラスト増強効果に加え、ブルー系イリジウムによるイエローの補色効果で、より明るく見えるレンズの色調チューニングがなされています。

今回お求めいただいたお客様もトレイルラン時に使用されるとのことでした。

クリア系のレンズと非常に悩むところではあると思うのですが、お客さまのご希望や、使用されるシチュエーションなどから、今回は、PRIZM TRAILがベストとのことでした。

24時間山岳耐久レースなどで、ナイトラン時、眼の保護という観点からアイウェアをされる場合は、クリア系のレンズが必要になってきます。
さらに、一番重要なヘッドランプとの相性も考慮する必要がありますので、アイウェアをお選びの際はそれらのアイテムをお持ちいただけるといいですね。

お顔に沿ってラップする機能的なスポーツアイウェアは、木々や枝葉、または虫などの飛来から、眼を守ることができ、眩しさを軽減できるだけでなく、コントラストタイプのレンズであれば、非常にストレスとなる、トレイル時の路面状況を把握しやすくしてくれます。

トレイル時にはトレイル用のアイウェアが必要です。
皆様もぜひ、快適に安全にトレイルが楽しめるようにアイウェアをお選びくださいませ。

OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(A)(フラックベータA)度付きミラー偏光サングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(A)(フラックベータA)度付きミラー偏光サングラスです。

アクティブなシーンで使用されるお客様よりご依頼いただきました。

FLAK BETA(A)はUnobtainiumイヤーソック非搭載モデルなので、激しいスポーツ時には、グリップ力のある大型ラバーが搭載されている、FLAK2.0などに分がありますが、FLAK BETA(A)はバランスが良く、着脱も容易でヘルメットやキャップ内に収めて使用する場合などではとても効果的なモデルですね。

フレームカラーはSTEEL、サテンブラックに似ていますがブラックに近い、ダークグレーのようなカラーが特徴的ですよ~

ベースのレンズカラーは、あまり濃すぎないグレーの偏光レンズに、シルバーミラーをお選びです。

これから夏に向けて、ドライブや、ウォーターレジャーなどにも偏光レンズは大活躍してくれますよ。

当店では多種のレンズの中から、お客さまのご用途に合ったレンズをご提案できると思いますので、ぜひ、当店にご来店のうえご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー)PITCHMAN R(ピッチマンR)クラシカルなラウンドシェイプが良い感じです!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)PITCHMAN R(ピッチマンR)です。

OAKLEY PITCHMAN Rは、軽量で耐久性のあるオークリー独自素材O Matter製のクラシカルなラウンドシェイプのフロントに、極薄のステンレススチールのステム、ハブレスバイクからインスピレーションを受けて開発された、Hollowpointヒンジが搭載され、OAKLEYらしさが盛り込まれたアイウェアで、機能性と快適性、さらに、デザイン性をも備えた一本に仕上がっています。

いつも当店でお世話になっている、OAKLEYをこよなく愛するお客様よりご注文いただきました。
いつも当店をご利用いただき本当にありがとうございます。

S-13.00を超える強度のお度数ですが、PITCHMAN Rは50サイズとフレームサイズが小さめなので、超薄型タイプのレンズを使用させていただくことで、かなり薄く仕上がっていますね。

しかし、やはりフレーム内には収まりきらないので、できるだけ厚みを感じさせないように、なおかつ審美面も考慮して、色々工夫して作製しています。

OAKLEYはオプサルミックフレームでもそり角やフレームカーブが強いタイプもありますので、お度数が強度の方は見え方がかなり変化する場合があり、注意が必要ですね。

いかがでしょうか?
キレイに仕上がっていますね。

強度のお度数の方は、気に入ったフレームがあっても、仕上がったときにレンズの厚みや重さ、または外観が大きく変化してしまうことがあるので、視力測定や加工・フィッティングはもちろん、フレーム選び・レンズ選びもとても重要になってきますので、当店にご来店いただき、ご相談いただければと思います。