OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)OCEカスタム&ダイレクト度付きグラス!!

こちらは先日お求めいただきました、OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)OCEカスタム&ダイレクト度付きグラスです!

ロードに使用する度付きアイウェアを、いつも当店でお求めいただいている、スタイリッシュな自転車乗りのお客さまより、ご相談いただきました。

現在ご利用いただいているハイカーブ度付きスポーツアイウェアよりも、更に高いレベルでの、広い視界とプロテクション効果を持つアイウェアをご希望です。

最近販売されている、ロード用のスポーツアイウェアは、視界や風防性を向上させるため、レンズの大型化が顕著で、RUDY PROJECTのCATLINEや、Kabutoの122などをはじめ、一眼タイプで超ワイドなレンズが搭載されているアイウェアが多く、インナークリップではなくダイレクトでの度付き仕様にするにはレンズが大きすぎて加工不可能なフレームが多いんです。

そんな中において、充分ワイドなレンズを搭載しながらも、度付き仕様にすることができ、優れたプロテクション性、フレーム強度を誇る、OAKLEY JAWBREAKERは、やはり、ダイレクト度付き仕様のサイクルスポーツモデルでは、トップの安定性を誇っています。

今回作製していただいたお客様も様々なスポーツアイウェアをお試しいただき、最終的にJAWBREAKERのバランスの良さを評価してくださいました。

フレームカラーは通常のラインアップカラーではなく、OCEカスタムで、パーツごとに、お客さまこだわりのカラーをお選びいただいています。

シルバーとマットホワイトをベースに組んでいただき、一見シンプルに見えますが、メタリックなシルバーが、高級感があり、ピンクの度付き調光レンズとのコントラストがとてもカッコいいですね~!!

いつも感心させられますが、皆様ホントにセンスがいい!!

レンズは、視認性の高さが特徴の薄ピンクから同色のピンクに変化するピンク調光レンズをお選びいただきました!

こちらの調光レンズは、コントラスト感度を上昇させ、ロードスポーツですと、路面状況の把握に効果的で、舗装路の割れやダートの堺目などを認識しやすくし、一般的なサングラスカラーよりも暗すぎない視界を得ることができます!

なんといっても、夜間の走行も可能なので、昼夜を問わず使用される方にもおすすめですよ。

フィッティングもとても重要ですよね。

画像上は、未調整のアイウェア、画像下は、ノーズを調整したアイウェアになります。

ノーズパッドの開きを狭くすることで、頬へフレーム下部が付着するのと、前傾状態での、眉間部にできる空隙を軽減し改善しています。

さらにステムを僅かですが頭部の形状に沿うように、内側にフィッティングさせていただき、安定したフィットとなりました。

————————————————————

ハードなスポーツ時に使用される度付きアイウェアは、ヒアリング、フレーム・レンズお選びから、視力測定、フィッティング、などなど一つ欠けてもいいアイウェアをお作りすることはできません。

当店では、今まで作製させていただいている実績が豊富にあり、お客さまからのインプレッションや感想などをお伺いし、フィードバックを実施することで、新たなチャレンジや、より良いアイウェアをご提供させていただくように、常に、技術と知識の研鑽に努めております。

スポーツアイウェアのことならぜひ、当店にお越しくださいね。

OAKLEY(オークリー)KOKORO COLLECTION FROGSKINS(ココロコレクション フロッグスキン)度付きサングラス!!

先日オーダーいただきました、OAKLEY(オークリー)KOKORO COLLECTION FROGSKINS(ココロコレクション フロッグスキン)度付きサングラスです。

OAKLEY KOKORO COLLECTION は、ニューヨークのブルックリンを拠点に活動する日本人アーティスト、山口 歴(やまぐち めぐる)氏をデザイナーに迎え、感情・思考・精神を表す「心 ココロ」という言葉から名付けられたコレクションで、人間の優れた才能や、他人を思いやる美しさが表現されており、全てのアスリートの心を一つにという思いが込められています。

特殊なスピン技法により作製されているため、一本一本全く同じ模様のアイウェアは存在せず、世界でただ一本しかない、オンリーワンなアイウェアですね!

レンズは、OAKLEYレンズのスレートイリジウムをお選びくださいました。

オークリーでは、度なしレンズではほぼPRIZM仕様のレンズが搭載されるようになっており、ノーマルタイプのレンズはほぼ無くなりつつある今、スレートイリジウムのような自然な見え方が特徴で、丁度いい透過率のレンズは大変貴重ですね。

廃盤にならないでほしいレンズの一つですが、オークリー度付きレンズのラインアップの中にはまだまだ入っているので安心してくださいね。

あえて、レンズはシンプルにすることで、フレームの個性的なキャラが強調され
ステキな仕上がりですね!!

皆様も大切な個性を生かしたアイウェアを、ぜひ、メガネのコミヤマでお探しくださいね。

OAKLEY(オークリー)軽量なメガネフレーム LIZARD(リザード)はいかがでしょうか?

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) LIZARD(リザード)です。

OAKLEY LIZARDは、名前の通り、トカゲのボディラインからデザインインスピレーションを受けて開発されたモデルで、オークリーオプサルミックフレームらしい繊細で流れるようなラインが特徴的ですね。

採用されたメタルは軽量で耐錆性に優れたチタンをベースにヒンジ部には、高弾性のベータチタンを採用、軽量で柔らかなかけ心地となっています。

イヤーソックは汗などでも滑りにくいUnobtainium、ノーズパッドには、エア注入タイプのパッドが搭載されています。

シンプルでかけやすいのでメガネを初めてお掛けいただく方にもおすすめですね。

いかがでしょうか?

OAKLEY(オークリー)FROGSKINS(フロッグスキン)Kodak(コダック)偏光レンズ!!

OAKLEY(オークリー)人気のライフスタイルモデル、FROGSKINS(フロッグスキン)に、偏光レンズをセッティングさせていただきました!!

レンズは「究極のサングラスレンズ」PolarMax Proを完成させた、Kodak(コダック)社の偏光レンズ、PolarMaxシリーズをお選びいただきました。

Kodakは、元々カメラの高性能フィルムを作製している、世界最大級の写真用品メーカーなので、その眼鏡レンズ部門が開発する偏光レンズも高機能・高性能と評されており、それは、ほとんどのラインアップで、偏光度と呼ばれる、偏光軸を水平にしたときに、乱反射をカットできる割合が最高値の99%と、その性能の高さを示しています。

さらに、通常の偏光レンズは、レンズと偏光フィルムを接着剤にて貼り合わせる手法が多いのですが、Kodakでは、ワンブロック成形と呼ばれる、堅牢で、歪みの少ない製法で作製されており、張り合わせに比べて、レンズと偏光フィルムがはがれにくい構造となっています。

今回お客さまに選んでいただいたカラーは、スレートグレー。
レンズ濃度82%、偏光度はもちろん99%の偏光レンズです。

650nmまでの可視光線領域をフラットに制御することで、まぶしさを大幅に軽減し、自然な見え方が特徴的なレンズですね!!

ウィンタースポーツやマリンスポーツを始め、様々なシーンで活躍してくれますよ。

いかがでしょうか?

ストリートシーンにフィットする、FROGSKINSにぴったりですね!!

釣りや、ウォータースポーツ、ウィンタースポーツにも偏光レンズは最適ですよ。

度なし・度付き問わず作製できますので、ぜひ、不快な、眩まぶしさやテカリなどをカットして、快適なサングラスライフを送りましょう!!

OAKLEY(オークリー)FAST JACKET(ファストジャケット)レンズ交換!!

こちらは、当店で約9年前に購入していただいた、OAKLEY(オークリー) FAST JACKET(ファストジャケット)です。

当時、宮里 藍選手が着用され、スウィッチロックシステムで安全に簡単にレンズ交換ができ人気となったモデルでしたが、JACKETシリーズの中では短期間で販売終了となり、現在では廃盤。パーツもほとんどオークリー純正部品は手に入らない状態です。

お客様はとても、FAST JACKETを気に入ってくださり、現在でも愛用されていらっしゃるのですが、長期間の使用により、レンズの傷、コート剥がれがレンズ全体に見られ、レンズを交換したいと来店して
下さいました。

FAST JACKETのオークリー純正の交換用レンズはもう手に入らないため、他ブランドのレンズで作製させていただきました。

ご利用いただいていたレンズは、オークリースレートイリジウム。
こちらのカラーをとても気に入っていただいておりましたので、近いカラーで作製させていただきました。

スレートイリジウムは、安定した人気を誇る、万能型タイプのレンズで、一番の魅力は、濃すぎず薄すぎず、自然な見え方が特徴となり、レンズはグレーをベースにシルバーミラー(イリジウム)が入り、可視光線透過率は23%となっています。

こちらが作製させていただいたレンズで、スレートイリジウムと同じ、グレーをベースにしたカラーに、シルバーミラーをセッティング。
可視光線透過率は、ミラーを入れない状態で約30%ですので、ミラーを入れて若干透過率を下げることで、かなりスレートイリジウムに近づけることができます。

もちろん、スポーツなどのタフな使用にも耐えれるように、オークリーレンズと同様の衝撃に強い材質で作製されています。

オークリーのオリジナルシェイプであるXLシェイプも再現できています。

フレームの状態はとてもいいコンディションでしたので、レンズを交換させていただくだけで、まるで新品のようですね。

いかがだったでしょうか?

オークリーの純正レンズが廃盤で販売終了となってしまっても、他ブランドのレンズで作製できる場合がございますので、諦める前に、ぜひ、当店にお持ちいただきご相談くださいね。