RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) TRALYX(トラリクス)RXオプティカルインサート!!

こちらは先日作製させていただきました、RXオプティカルインサートを使用した、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)TRALYX(トラリクス)です。

TRALYX本体のレンズは調光レンズ、多くのサイクリストの方にご愛用いただいていますね。

TRALYXは、RUDY PROJECTが機能を追求し誕生させた、ワイドな視界の一眼式スポーツアイウェアで、細部に至るまで様々な工夫が施されています。

フレーム、レンズともに、空気の流れをコントロールできる、パワーフローシステムにより、強力なレンズの防曇効果を生み、さらには、軽量化にも繋がっています。
もちろん、RUDY PROJECTアイウェアの特徴の一つである、調節可能なノーズピース、テンプルを装備。レンズはシチュエーションに合わせ交換できる、クイックチェンジシステムとなっています。

TRALYXはダイレクトでの度付き加工も可能ですが、専用の度付きインナー、RXオプティカルインサートシステムにより度付き可能で、ダイレクトで度付き化するよりも、特殊なレンズでなくてもセッティングできるため、コスト面や度数の製作範囲などにおいて優位性がありますね。

オプティカルインサートの下側に設置しているものは、オプティカルクリップ
ショックアブソーバーといういわゆる緩衝材で、レンズ同士がキズついたり、振動を抑える目的でとりつけています。

お好みや目的、ご予算などから様々な作製方法がありますので、ぜひ、皆様にあったアイウェアを当店でご一緒にお探ししましょう。

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) VULCAN(ヴァルカン)度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)VULCAN(ヴァルカン)度付きサングラスです。

VULCANは、スポーツや日常で、視力矯正を必要とする方に向け、RUDY PROJECTが開発したアイウェアで、超軽量なフレームは、適度な弾力性があり、とてもかけやすく、調整可能なテンプルを搭載しているので、フィッティングが可能、さらに、ご希望により、レンズをセットするクリップ、ステムのエンブレムやテンプルラバーはお好みに合わせ、別途購入していただくことで、カスタマイズが可能、ご自分だけのオリジナルを作製することができます。

フローズンアッシュのフレームカラーに、アズールのテンプルラバーをお選びいただき、レンズのカラーも同系色のグレーをお選びいただきました。

両テンプルの幅が狭く側頭部が圧迫されていたので、広げています。

こちらが同モデルの標準の幅になります、イタリアのブランドなのでやや幅は狭めに設定されているようですね。

こちらは幅を広げさせていただいた後の画像になります、1センチ以上広げる必要がありました。

メガネは幅が過度にきつ過ぎてしまうと、定位置に収まらず、前面に押し出されてしまうため、幅の調整はとても重要なんですね~

軽量でかけやすい、VULCANいかがでしょうか?

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)NEWモデル CUTLINE(カットライン)入荷致しました!!

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)のNEWモデル CUTLINE(カットライン)入荷致しました。

CUTLINEは、お顔を広く包み込むリムレスシールドのレンズを搭載し、広い視界を得られることはもちろん、ライド時のゴミやチリなどの異物の侵入や、風の巻き込み、紫外線などからの眼の保護性に優れたモデルとなっています。

レンズの上部と下部には、CUTLINEのアクセントにもなっている、ソフト素材の脱着式のバンパーを付属することで、落車時のお顔へのダメージを軽減、レンズ交換は、フレームのサイドボタンを押すだけで、レンズとフレームを外すことができるので、簡単に交換できるシステムになっていますよ~

さらに、RUDY PROJECTのアイウェアの優れた特徴の一つに、パワーフローシステムといった、レンズのくもりを軽減するシステムがレンズだけではなく、フレームやバンパーにも搭載され、通気をコントロール。
もちろん調節可能なノーズピース、テンプルチップも付属しているので、フィッティングにより快適なライドをサポートできます。

オプションのRXオプティカルインサートをセッティングすることで度付き仕様も可能ですよ~

レンズの外し方は、フレーム内側のボタンを押すと、止めているパーツが外側に押し出され、レンズが外れる構造になっています。

現行モデルの中では、特にワイドなレンズシェイプを持つDEFENDER(ディフェンダー)よりもさらに天地幅を広げたレンズシェイプとなっており、広い視界などをお求めの方にオススメですね。

サイクリストの皆様いかがでしょうか?

RUDY PROJECT
CUTLINE
ファイアレッドマット
スモークブラック
¥22,000+税

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) STRATOFLY(ストラトフライ)オプティカルドック × POLATECH(ポラテック)偏光レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)STRATOFLY(ストラトフライ)オプティカルドック度付きサングラスです。

遠方よりご来店くださいました。

かなり強度の近視があるため、一度他店様でハイカーブ度付きサングラスをお作りいただいたことがあるそうなのですが、強度のお度数では、作製できなかったそうで、かなり度を落としてお作りになり、見え方がよくなかったので、最近はコンタクトレンズを使用して度なしのサングラスを装用しているとのことでした。

そのため、当店のブログなどを見ていただけたそうで、オプティカルドックなら製作できるのではと、フレームお持ち込みでのご相談にいらしてくださいました。

測定させていただくとS-7,00と、やはり、かなり強度の近視があり、お客様のご希望は釣りなどで使用したいため、度付き偏光レンズで、できるだけ外観を損ねないように仕上げたいとのことでした。

元々、オリジナルのSTRATOFLYはハーフリムタイプで8カーブのレンズがセッティングされており、オリジナルのレンズの形状での度付きもお度数などによっては可能なのですが、8カーブ、大口径と、度数が強度になればなるほどレンズメーカーがレンズを作製することもできなくなってしまいます。

オプティカルドッグは6カーブに減じられており、さらに6カーブぴったりでなくても、レンズを加工する際に工夫することで問題なく仕上げることができる場合があります。

今回お客さまのご希望をふまえ、ご提案させていただいたレンズは、HOYAのPOLATECH(ポラテック)という偏光レンズです。

従来の偏光レンズが偏光のフィルムを中央に挟み込むように配置しているのに対し、POLATECHは、レンズ表面に偏光の性能を付けたコートタイプの偏光レンズとなっています。

コートタイプのメリットとしては、従来の偏光レンズだと剥離などの問題から難しいとされていた下縁のないナイロールタイプなど様々なフレームに適応できる点や、HOYAが手掛ける遠近両用などの様々な種類に対応している点、さらに薄く仕上げることができる点などがあります。

レンズカラーはブラウンのバルザックカラーに、シルバーミラーをお選びいただきました。
キレイに仕上がっていますね~

フレーム前面とレンズの前面をなんとかツライチで仕上げることができました。

オプティカルドックはレンズの厚みがでる部分を隠してくれるデザインなので、サイドから見てもほとんど厚みはわかりません。

後ろからみると厚みはある程度出ていますが、通常の同屈折率のサンドイッチタイプの偏光レンズよりも薄く仕上げることができています。

強度のお度数でも、オプティカルドック なら度付きサングラスにできる場合がありますよ。

ぜひ、当店にご来店いただき、ご相談くださいませ。

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)IMPULSE(インパルス)フリップアップ度付き加工!!

こちらは先日作製させていただきました、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)IMPULSE(インパルス)フリップアップです。

前モデルのエクセプションなき今、ハネアゲ式のスポーツアイウェアの一番人気ですね。

IMPULSEの良さは様々あるのですが、一番はバランスが良いということにあります。

ハネアゲ式のスポーツアイウェアは、レンズが2枚重なることととなり、フリップアップさせるアクセサリーも必要となることから、どうしても重量がでてしまい、アイウェアとしての重量配分もレンズのある前に集中してしまいますね。

すると、例えば華奢なフレームだったり、ステムの調整ができないモデルだったりすると、アイウェアがずり下がりやすかったり、定位置でフィッティングできなかったりするものなのですが、IMPULSEはステムが簡単に調節可能で、ずり下がるのを防止できますし、フロントフレームはフレキシブルなのに対し、ステムはしっかりとしたつくりにすることで安定したバランスをとっているんだろうと思います。

どちらかだけだと安定性に欠けたり、きつくなり過ぎたりしてしまうんですね。

それには、もう一つ、多くのRUDY PROJECTのアイウェアがいわゆるスポーツに特化した高ラップ、ハイカーブ、タイトといったフィッティングモデルになっている中、IMPULSEは、そのあたりを少し緩くしており、日本人にも合いやすい調整がなされているというのも上記のバランスの良さに繋がっているんだと
思いますね。

きついフィッティング、重量があるモデルだと必ずアイウェアはずり下がってしまいます。

ずり下がってしまうとプロテクションどころか「見る」といったメガネとして一番大切なことができなくなってしまうんですね。

IMPULSEはそのあたりが最大の長所であり、少し短所と言える点にもなってしまっています。

丁度前モデルのエクセプションからIMPULSEに買い替えをされる方が年々多くなってきているのですが、エクセプションの方がやはりRUDY PROJECTのフィッティングなんですね。
つまりタイト、高ラップなんです。

エクセプションの方が前傾角といわれる角度もきつくなっている点や、アウターのレンズの形状なども、一概には言えませんが、ライド中の風防効果などはエクセプションに軍配があがるといえますね。

というのもそのあたりを両モデル作製していただいたお客さまにインプレッションいただき、フィッティングなどで改良できないか模索しているところなのですが、その点を差し引いてもIMPULSEは大変優秀なモデルです。

というのも、正直他ブランドなどでも、IMPULSEと肩を並べてお客さまにおすすめできる、ハネアゲタイプのスポーツアイウェアを見つけることが未だにできません。

今回作製したいただいたお客様は、以前パーセプションを作製させていただいており、今回、IMPULSEをお求めに、野球をはじめ、様々なスポーツや環境で使用したいのでハネアゲが一番しっくりくるとお話してくださいました。

あと、IMPULSEはフリップアップを外しても外観がすっきりしていてカッコいい点も大変評価いただいております。

眼鏡としての使用も十分できますよ~

数少ない本格派ハネアゲ式スポーツアイウェアIMPULSE、皆様いかがでしょうか?