OAKLEY (オークリー) (A)JAWBREAKER(ジョウブレイカー) OCEカスタム!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー)(A)JAWBREAKER(ジョウブレイカー) OCEカスタムです。

Polished Blackのフレームカラーに、ジョウパーツはMatte Blackカラーをチョイスしていただき、単色のブラックカラーよりも立体感のあるフレームカラーの構成に、アイコンキャリアーとテンプルにはRedlineを配色、赤と黒のコントラストがいいですね~

レンズはRuby Iridium、めちゃくちゃカッコよく仕上がっていますね~

サイクリストを中心に大人気のJAWBREAKER、大きめの一枚シールドレンズは風や異物の巻き込みを減少させてくれますよ~

JAWBREAKERは部品の数が多いので、かなり個性的にカスタムできていいですよね~

皆様もぜひ、お好みのカラーにカスタムしてみませんか?

OAKLEY(オークリー) OCE RADARLOCK(レーダーロック) × MAX TREMER(マックストリーマー)度付きサングラス!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー)OCE RADARLOCK(レーダーロック) × MAX TREMER(マックストリーマー)度付きサングラスです。

OCEカスタムでお客様お好みのフレームカラーで、RADARLOCK(レーダーロック)を作製、さらに、ダイレクトで度付レンズをセッティングさせていただきました。

ホワイトのフレームカラーをベースにレティーナバーンのバンドがアクセントになっていいですね~

レンズは強度があり、軽量で、お客様ご希望のミラーで仕上げることのできる、MAX TREMER(マックストリーマー)レンズをお選びです。

MAX TREMER(マックストリーマー)は、WLTデザインにより光学域、移行部、周辺部を分けることで、レンズの厚みをより薄く、軽く、することができ、そり角、プリズム補正などができるスポーツアイウェアなどにおすすめのレンズです。

スポーツや特殊なカッティングにも耐えうるポリカーボネート素材のPOLVATIONレンズも選択でき、調光や偏光レンズも作製可能、さらに、MAX TREMERレンズの魅力は、ミラーの種類の豊富さにあるんですよ~

高濃度の特殊多層膜コーティング技術で生まれるミラーコートは、シルバーやブルーなど定番ミラーはもちろん、オレンジゴールドやグリーンレッドなど、11種類の中からお選びいただけます。

今回作製させていただいたお客様は、RADARLOCKダイレクト度付きができ、衝撃に強いレンズで、偏光レンズ、グリーン系のミラーをご希望で、MAX TREMERのみお客様のご要望にお応えすることができるレンズでした。

かっこいいですね~
お客様のこだわりが詰まったオンリーワンなアイウェアに仕上がり、とても喜んでくださいました。

皆様もぜひ、スポーツアイウェアのことならメガネのコミヤマにご相談くださいね~

OAKLEY(オークリー) RADAR EV(レーダーEV)ダイレクト度付き加工!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) RADAR EV(レーダーEV)USフィット、ダイレクト度付きです。

RADAR EVは一枚シールドレンズを採用しているアイウェアなので、度付き仕様にする場合、オークリー純正レンズでは、レンズの中央部をくり抜き状にし、そこに度付きのレンズをセットする方法になります。

今回は、レンズの中央部でセパレートさせた、ダイレクトでの作製をご希望でしたので、オークリー純正度付きレンズではなく、他ブランドのレンズをお選びいただきました。

RADAR EV USのオリジナルのレンズシェイプのままだと、レンズの外形などの問題からカットすることができないので、できるだけオリジナルの原型を保ちつつ、事前にお客様もご了承を得て、天地・幅ともにショートさせていただきました。

上がオリジナルのRADAR EV USのPRIZM SAPPHIRE IRIDIUMです。

RADAR EV (A)のレンズよりも天地幅がワイドになっています。

下が今回作製させていただきました度付き仕様です。

できるだけカラーも似させてほしいといったご希望をいただきましたので、出来る限り似させることのできるレンズで作製させていただきました。

画像で見るとかなり近いですが、オークリー純正のSAPPHIRE IRIDIUMは一般的なブルーミラー+シルバーミラーのようなイメージなので、完全にコピーすることはできないのですが、かなり近いイメージに仕上がりました。

きれいにミラーでてますよね~

サイドから見るとこのようにレンズシェイプを変更させていただいています。

(A)モデルのレンズシェイプに近いイメージですね

余談ですが、RADAR EVはUSモデル、(A)モデルともにレンズの互換性があり、USモデルの方がレンズの天地幅がワイドになっていて、フレームのフィットもタイトになっているんですよ~

今回お求めいただいたお客さまは小顔の方でしたので、USモデルの方がフィットが良好でした。

ちなみにFLAK2.0は(A)モデルとXLモデルではレンズに互換性がないので注意ですね。

いかがでしょうか?
かっこいいですよね~
お客様のご希望やご要望に合わせて工夫して作製することができますよ~

ぜひ、ご相談くださいませ!

SWANS(スワンズ) LION SIN(ライオンシン) 度付きレンズ交換!!

SWANS LIONSIN 調光 レンズ交換1

こちらは先日レンズ交換をさせていただきました、SWANS(スワンズ) LION SIN(ライオンシン)です。

数年前に当店で度付きサングラス一式で作製していただき、今回、サイクルスポーツなどによるレンズのキズや度数の変更などから、レンズ交換のご依頼を承りました。

SWANS LIONSIN 調光 レンズ交換2

数年間お客様の目を異物や風、紫外線などから守ってきた証としてレンズにはキズが、フレームには塗装剥げやキズなどが確認できました。
(画像はレンズ交換させていただきレンズのみ 新しいレンズに換装した状態です)

SWANS LIONSIN 調光 レンズ交換3

レンズは見え方などに影響してしまうので、交換することがベターといえますが、フレームはコンディションにもよりますが、多少のキズは気にならない方はそのままお使いいただいてもOKだと思います。
これらはオトコの勲章っていうやつですよね。

気になる方は、SWANSのアイウェアの多くが在庫さえあればパーツ毎に交換が可能なので、交換することができますよ~ 

LION SINの場合フレームのフロント交換で、¥4,000+税でアフターパーツで交換できます。
(2019・2月現在、メーカーに在庫がある場合)

他ブランドのアイウェアの多くがアフターパーツで部品調達できないケースもある中、スポーツアイウェアという性質上、競技や使用状況などによっては、強度に定評のある一流ブランドのアイウェアをもってしても破損はまぬがれないこともあるわけなので、これはとてもうれしいことですよね~

SWANS LIONSIN 調光 レンズ交換4

定期的にメンテナンスや調整にいらしていただいていたので、お客さまのご希望により、数か月前ブルーのラバーからレッドに交換させていただいたラバーパーツも含め、フレーム本体に変形や亀裂などはなく、フレームのキズ以外のコンディションはとても良好でした。

レンズも前回と同じICRX NXT スカイクリア調光レンズをお選びいただきました。
紫外線に反応して、極薄グレーからグレーへと変化するレンズです。

コーティングは前回よりパワーアップしていますよ。
今回のコーティングは、レンズ表面は白っぽい反射光のキアロコート裏面は撥水、反射防止コート、裏面UVカットなどが装備された、裏面zeroUVコートをチョイスしてくださいました。

SWANS LIONSIN 調光 レンズ交換5

カッコいいですね~

お客さまのライフスタイルの一部となったアイウェアです。
お気に入りのアイテムを長く愛用するってとてもステキなことですよね。
そんなアイウェアづくりのお手伝いができたらと日々精進していきます。

OAKLEY(オークリー) FLAK2.0(フラック2.0) 度付き!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー) FLAK2.0(フラック2.0)度付きアイウェアです。

スモークカラーのフレームにグリーンのイヤーソック、アイコンが決まっていますね~
かっこいいですっ

クリア系のレンズもお持ちですと、夜間など、使用できる時間帯やシチュエーションが広がるのでおすすめですよ~

レンズのみの作製も可能ですので、ぜひ、ご相談くださいませ!