OAKLEY(オークリー)RADAR EV PATH(レーダーEV パス)2016年ツール・ド・フランスモデル度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)RADAR EV PATH(レーダーEV パス)度付きアイウェアです。

こちらは、鮮やかなツールドイエローのカラーが目を惹く、2016年のツール・ド・フランスの限定モデルで、確か当時は主にサイクルショップのみ販売があった、販路限定モデルだったと記憶していますが、トライアスロンをされているお客様より、フレームお持ち込みで度付きレンズ作製のご依頼をいただきました。

トライアスロンという過酷なスポーツに使用するアイウェアのため、目に有害な紫外線をカットすることは
もちろん、レンズは軽量で、衝撃性能に優れ、お客さまの希望されるカラーや濃さができるレンズを様々なレンズメーカー、たくさんの種類の中からお選びいただくのですが、オークリー純正レンズの製作範囲を超えてしまうお度数でしたので、お客さまのニーズに沿ったレンズはICRX NXTレンズでなければ製作できませんでした。

レンズは、類まれなレンズ強度とコントラスト性に秀でた、ICRX NXTのコッパーカラーの調光レンズ、調光変化を起こす前は、コッパーカラーから、紫外線に反応し濃度変化、濃グレーになるタイプですね。

目まぐるしく変化する天候や照度に対応し、バイク・ラン時の路面の視認性において優位性があるコッパーは、可視光線透過率が淡い時で約35%~濃い時で約10%、カラーの濃さでいえば、淡=約65%~濃=約90%に変化します。
さらに、レッドミラーをセッティングさせていただきました。

調光や、透過率に違いはありますが、オークリー純正レンズでいうところのプリズムロードに近い仕上がりになりますね。

こちらは、アジアフィットよりレンズ天地幅が拡張され、タイトめなフィットが特徴のUSフィットタイプのモデルなので、強めの近視の度数もあり、レンズの下端が頬についてしまうということなので、ノーズパッドを工夫してカスタムしています。

いかがでしょうか?
人間の臓器で唯一むき出しといわれているお客様の大切な「眼」を、お守りできるように、快適にスポーツができるように、度数決定からフィッティングまで、最大限工夫されたアイウェアです。

激しいスポーツ時には、スポーツ専用のアイウェアが必要ですよ。

皆様ぜひ当店にお越しのうえご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック20A)レンズもフィッティングも工夫して作製しています!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0A)度付きサングラスです。

南信地方より当店にお越しいただき、本当にありがとうございます。

ロードで使用したいとご来店いただき、できるだけ風防性に優れたアイウェアをお求めでした。

風防性に優れたアイウェアとは、オークリーのアイウェアでいえば、言わずもがな、JAWBREAKERや、RADAR EV ADVANCERなど、レンズサイズが大きく、お顔に沿ってラップしていて、ライダー特有の前傾状態になっても、良好なポジションを維持でき、風の巻き込みを少なくできるアイウェアということになりますが、これは、お客様のお顔にうまくフィットしていれば、ということになります。

例えば、小柄な女性の方に、風防性があるからと大型のアイウェアを装用していただいたとしても、ズルズルと下がってしまったりしているようでは、せっかくのハイパフォーマンスアイウェアの効果も少なくなってしまうということなんですね。

今回お求めいただいたお客さまも小顔の女性のお客様で、JAWBREAKERなどでは、仮にカスタムしたとしても
ノーズポジションを安定させることができないご様子でした。

RUDY PROJECTのストラトフライはノーズポジションも調整でき、フィット感もよく、かなりの風防性も期待
できたのですが、ダイレクト度付き仕様で作製の場合、かなりレンズサイズが大きいモデルなので、お度数がS-6.00を超え、PDという瞳孔間距離も小さく大型のスポーツアイウェアを度付きにするには、レンズの厚みによる外観面や重量、収差やそり角による見え方の違和感などで、作製することはできなくはないのですが、予後を含めて様々な面でオススメするには至りませんでした。

度付きスポーツサングラスを作製される場合は、上記全ての条件とお客様のご希望をうまく合致させていくことが必要になってきます。

そのため比較的レンズサイズは小さくなってしまうのですが、一番フィットが良く、上記の条件に一番フィットした、FLAK2.0(A)をベースモデルにレンズを作製し、お時間をいただき、細かくフィッティングさせていただきました。

レンズは、オークリー純正度付きレンズの製作範囲外のお度数のため、他ブランドのレンズで作製させていただいています。

通常FLAK2.0(A)はレンズカーブ8カーブモデルなのですが、8カーブでスポーツに特化した衝撃性能のあるレンズで作製できるメーカーは中々ないので工夫して作製しています。

レンズは眩しさを防ぎたいとのご希望により濃いめのグレーカラーをチョイスしてださいました。

眩しさを防ぎ、ナチュラルな見え方は眩しさから眼を背けたくなるようなシーンで、大活躍してくれます。

お度数の関係によりレンズのコバ厚がかなりでてしまうので、外観上とレンズ下端が頬につくのを可能な限り防ぐため、レンズの厚みのでる部分を斜めにカット、最終的には手ずりでもう少しえぐるように削る必要がありました

さらにプレフィットの時に記載しておいた情報を基に、ノーズを大きくし、レンズサイズの小さいFLAK2.0(A)の
短所を補うべく、フィッティングポジションを改良、前傾状態になったときに眉間部にできる空隙を少なくし、風防性と、見切れない視界を確保します。

一番前側にあるところから風があたるわけですから、一番最初に風のあたる部分に隙間が多いと、優れた風防性を発揮させることは難しいんですね。

これは10数年前に、空力に詳しいサイクリストのお客さまに教えていただいたことで、全てのお客さまからいただいたインプレッションを基に課題を解消させていただくよう努力させていただいています。

さらに、ステムのイヤーソックを外し、お客様の頭部に合わせフィッティングし、さらに、お渡しの際のフィッティングではさらに、ステムを内側に調整し、イヤーソックのグリップ力を最大限に生かすように、頭部を抱きかかえるようできるだけ均等に圧がかかるように調整しています。

できる限りお客様のご希望に添えるように工夫して作製させていただきました。

お客様の今後のご活躍が楽しみですね。

5月に入りスポーツタイプのアイウェアのご注文をたくさんいただいております。

特殊なレンズはご納期が1カ月近くかかるものもございますので、ぜひ、ゆとりを持った作製計画をお願いいたします。

Kabuto(カブト)301D NXTレンズ中心厚補厚!! より安全性を高め、割れにくく致します!!

こちらは先日お求めいただきました、Kabuto(カブト)301D です。

アクティブなスポーツや、サバイバルゲームなどにも使用するアイウェアをお探しで、強度面や、フィット性、コスト面などからKabuto(カブト)301Dをチョイス。
301Dは、優れた強靭性や、耐摩耗性を持つEMS社製高機能ポリアミドの上位グレードTR90-NZZを採用したモデルです。

本来サバイバルゲームに使用するアイウェアは専用のゴーグルの着用が望ましく、シューティンググラスなどを使用する場合は、フィールドごとのルールやレギュレーションなどにより、バンドやガスケットなどが装着できるもの、さらに、アメリカの工業規格で世界で最も厳しいとされる、ANSI Z87.1規格に適合しているアイウェアがおすすめとなります。
いわゆる軍用のアイウェアと言われているタイプなどですね。

しかしながら、それらのアイウェアがフィッティング的にうまくフィットしなかったり、お好みやご予算などの関係から合わなかった場合は、丈夫なアイウェアを使用して作製する場合もあります。

今回お求めいただいたお客様も上記などの理由により、こちらのアイウェアをお選びいただきました。

本来、眼を守るといった機能に特化させなければならない、サバイバルゲームで使用するアイウェアにおいては、強度的な面で適合する規格以外のアイウェアは使用していただきたくはないのですが、そのあたりの注意喚起をさせていただき、ご了承いただいたうえで作製させていただくようにしています。

レンズは最も割れにくく衝撃に強いものを選択していただく必要があり、一般的な眼鏡用では耐衝撃性能があまりでないため、ポリカーボネート素材やNXTなどのレンズが必須となります。

さらに、卓越した強靭性を持つそれらのレンズであっても、サバゲーでの使用の場合、レンズの薄さなどによっては当店でもレンズにヒビが入ってしまっているケースが過去にあったため、現在では、レンズの一番薄くなる部分をレンズメーカーさんに依頼して、肉厚にする補厚加工をして作製するようにしています。

今回は補厚加工もでき、耐衝撃性能に最も信頼性のあるレンズブランド、NXT製のクリアレンズをセッティングさせていただきました。

近視のお客様でしたので、レンズの最も薄くなる中心付近の厚みを2.5mmに補厚しています。

もちろんフィッティングもとても重要になりますね。

どんなに優れたスペックを持つアイウェアでも、お顔にフィットしていなければ、きちんと眼を覆えていなければ、その性能を生かすことはできません。

301Dはガスケット付属モデルではないのですが、太めのフロントとサイドまでガードされたフレームのデザインなどが、お客様のお顔に非常にフィットしており、跳弾などでBB弾の侵入してくる隙間をできるだけ減少できるように、さらに心掛けてフィッティングしています。

ちなみに、レンズと目の隙間を少なくすればするほど、レンズはくもりやすくなってしまうので、場合によっては空気孔を設けたり、曇り止めなどの使用をおすすめすることもありますね。

それでも、もちろん絶対安全とは言えず、ゲーム中は気を付けていただくしかできないのですが、当店では、その後の追加のフィッティングや、場合によってはパーツの取り付けやカスタマイズ、メンテナンスなどでお客様を全力でサポートさせていただいています。

当店ではフレームお持ち込みでのレンズ交換や度付き化などのご相談も承っておりますので、ぜひ、安全に楽しめるようにしてくださいね。

OAKLEY(オークリー)FLAK JACKET(フラックジャケット)度付き可視光調光レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK JACKET(フラックジャケット)度付き可視光調光レンズです。

FLAK JACKETは現行モデルのFLAK2.0の先代モデルにあたり、FLAKシリーズの始祖として、当店ではメーカー販売終了した今でも、お問い合わせがあるほど大変人気なモデルなんですね~

当店でも販売終了前にオーダーし、ストックしておいたFLAK JACKETが
あと数本残っているだけになってしまいました。

丁度いいサイズ感に、軽量なO Matterフレーム、Unobutainiumのノーズパッド、イヤーソックが装着され、当店でもたくさんのお客様にご愛用いただいたモデルでした。

レンズのシェイプはノーマルシェイプとスポーテイなXLJシェイプがあり、今回作製させていただいたシェイプがXLJシェイプになります。

FLAK JACKETのオークリー純正度付きレンズでのサポートが終了してしまっているので、他メーカーのレンズを使用し、強度のお度数のため、作製にも工夫が必要となりますね。

レンズは、可視光線にも反応して濃度変化する、可視光線調光タイプのブラウンカラーをお選びいただきました。

こちらは紫外線だけでなく、光の強さそのものに反応するので、今までの紫外線のみに反応するタイプの調光レンズより、幅広いシチュエーションで活用できるようになっています。

もちろん、スポーツで使用されるとのことなので衝撃に強いレンズ素材で作製させていただきました。

強度のお度数でレンズが厚くなってしまうのと、FLAK JACKETは現行モデルのFLAK2.0と比較すると前傾角の影響などにより、レンズの下端が頬につきやすくなるため、社外ノーズパーツで高くさせていただき、フィッティングも良好にすることができました。

いかがでしょうか?
かっこいい仕上がりですね~

皆様も快適なスポーツアイウェアを作製されてみてはいかがでしょうか?

OAKLEY(オークリー)FAST JACKET(ファストジャケット)度付きコントラストレンズ!!

こちらは先日レンズ交換のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー)FAST JACKET(ファストジャケット)です。

FAST JACKETは、オークリー純正度付きレンズでのサポートが終了してしまっているので、他メーカーのレンズを使用させていただいております。

FAST JACKETは、レンズの見えている部分はそれほど大きいタイプではないですが、スイッチロックシステムでレンズが簡単に着脱できるようにするために、フレーム内にレンズを挟み込み、ロックできるようにレンズに穴をあけ、その部分にレバーをかませてロックするスタイルのため、実はかなり大口径のレンズが必要となり、大口径レンズ+偏心加工ができるレンズでないと、作製することが難しいモデルです。

もちろん割れにくく、衝撃に強いレンズ材質でないとお客様に安心してスポーツをしていただくことはできません。

お客様のお度数や瞳孔間距離、耐衝撃性、お好みのカラーなどから製作できるレンズをお探しすると、ICRX NXTのPLUS55以外では作製することができませんでした。

PLUS55は可視光線透過率55%の、曇天時などの色コントラストが低い条件のもとでも、優れた視認性を発揮、コントラスト性に秀でたレンズで、トレイルなどにもおすすめのレンズとなっています。

個人的にはFAST JACKETは、好きなモデルで、結構早めに販売終了してしまい残念だったのですが、今でも大切にご利用いただき、時々こういったレンズ交換やメンテナンスのご依頼があると嬉しくなりますね。

これからも長くご利用いただきたいですね。

オークリーでのサポートが終了してしまっていても、他メーカーのレンズを使用して作製することができる場合がありますので、ぜひ、当店にご来店のうえ、ご相談くださいませ。