OAKLEY(オークリー)RACING JACKET(レーシングジャケット)可視光調光レンズ交換!!

こちらは先日、フレームお持ち込みでレンズを交換させていただいた、OAKLEY(オークリー)RACING JACKET(レーシングジャケット)です。

販売終了となって数年経ちますが、RACING JACKETは今尚大人気ですね~

フレームが丈夫なので、イヤーソックやレンズなどを交換させていただくことで、まだまだ使用できますよ~

トラック競技に使用するサイクリストの方からオーダーいただきました。

レンズは紫外線と可視光線の強さで、イエローグリーンからグレーに変化する、可視光調光タイプのレンズをお選びです。

さらに、こちらのレンズは、光マネジメント技術に基づいて開発され、光をコントロールして視認性を向上させるハイコントラストレンズでもあるんですね。

夜間の運転には使用できないものの、照度の低い環境下から使用でき、紫外線の強い日中ではサングラスとして、まぶしさ軽減することができますので、サイクルスポーツにとてもオススメのレンズの一つですね。

オークリーレンズと同じように、レンズのくもり対策として、ベンチレーション加工をしています。

ウォーキングなど緩やかなスピードの場合はあまり効果がでにくいものの、スピードがでるサイクルスポーツなど場合は、ベンチレーションはかなり、レンズのくもり軽減に効果があるんですよ~

純正同様、上部に三か所、下部に二か所設けています。

もちろんレンズは、衝撃に強いレンズを使用していますよ。

カッコいい仕上がりですね~

フレームお持ち込みでのレンズのみの作製も可能ですので、ぜひ、フレームご持参のうえご来店くださいませ。

OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0A)度付きPRIZM TRAIL(プリズムトレイル)!!

こちらは先日ご注文いただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0A)度付きPRIZM TRAIL(プリズムトレイル)です。

OAKLEY PRIZM TRAIL(プリズムトレイル)は、オークリーがPRIZMレンズを発売した当初からラインアップしているスポーツに特化したレンズの一つで、主にトレイル系のスポーツ時にダート路面の凹凸や、石などの障害物が察知しやすくなり、可視光線透過率36%の比較的薄めのローズ系のカラーによるコントラスト増強効果に加え、ブルー系イリジウムによるイエローの補色効果で、より明るく見えるレンズの色調チューニングがなされています。

今回お求めいただいたお客様もトレイルラン時に使用されるとのことでした。

クリア系のレンズと非常に悩むところではあると思うのですが、お客さまのご希望や、使用されるシチュエーションなどから、今回は、PRIZM TRAILがベストとのことでした。

24時間山岳耐久レースなどで、ナイトラン時、眼の保護という観点からアイウェアをされる場合は、クリア系のレンズが必要になってきます。
さらに、一番重要なヘッドランプとの相性も考慮する必要がありますので、アイウェアをお選びの際はそれらのアイテムをお持ちいただけるといいですね。

お顔に沿ってラップする機能的なスポーツアイウェアは、木々や枝葉、または虫などの飛来から、眼を守ることができ、眩しさを軽減できるだけでなく、コントラストタイプのレンズであれば、非常にストレスとなる、トレイル時の路面状況を把握しやすくしてくれます。

トレイル時にはトレイル用のアイウェアが必要です。
皆様もぜひ、快適に安全にトレイルが楽しめるようにアイウェアをお選びくださいませ。

OAKLEY(オークリー)RADAR EV PATH(レーダーEV パス)2016年ツール・ド・フランスモデル度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)RADAR EV PATH(レーダーEV パス)度付きアイウェアです。

こちらは、鮮やかなツールドイエローのカラーが目を惹く、2016年のツール・ド・フランスの限定モデルで、確か当時は主にサイクルショップのみ販売があった、販路限定モデルだったと記憶していますが、トライアスロンをされているお客様より、フレームお持ち込みで度付きレンズ作製のご依頼をいただきました。

トライアスロンという過酷なスポーツに使用するアイウェアのため、目に有害な紫外線をカットすることは
もちろん、レンズは軽量で、衝撃性能に優れ、お客さまの希望されるカラーや濃さができるレンズを様々なレンズメーカー、たくさんの種類の中からお選びいただくのですが、オークリー純正レンズの製作範囲を超えてしまうお度数でしたので、お客さまのニーズに沿ったレンズはICRX NXTレンズでなければ製作できませんでした。

レンズは、類まれなレンズ強度とコントラスト性に秀でた、ICRX NXTのコッパーカラーの調光レンズ、調光変化を起こす前は、コッパーカラーから、紫外線に反応し濃度変化、濃グレーになるタイプですね。

目まぐるしく変化する天候や照度に対応し、バイク・ラン時の路面の視認性において優位性があるコッパーは、可視光線透過率が淡い時で約35%~濃い時で約10%、カラーの濃さでいえば、淡=約65%~濃=約90%に変化します。
さらに、レッドミラーをセッティングさせていただきました。

調光や、透過率に違いはありますが、オークリー純正レンズでいうところのプリズムロードに近い仕上がりになりますね。

こちらは、アジアフィットよりレンズ天地幅が拡張され、タイトめなフィットが特徴のUSフィットタイプのモデルなので、強めの近視の度数もあり、レンズの下端が頬についてしまうということなので、ノーズパッドを工夫してカスタムしています。

いかがでしょうか?
人間の臓器で唯一むき出しといわれているお客様の大切な「眼」を、お守りできるように、快適にスポーツができるように、度数決定からフィッティングまで、最大限工夫されたアイウェアです。

激しいスポーツ時には、スポーツ専用のアイウェアが必要ですよ。

皆様ぜひ当店にお越しのうえご相談くださいませ。

7eye(セブンアイ)CAPE(ケープ)再入荷致しました!!

長野県では、今まさに雪が降り、路面が凍結し、極めて寒い時期なので、バイクに乗るには相当な気合いと装備がいるわけですが、春のバイクシーズンに向けて、バイク用アイウェア7eye(セブンアイ)CAPE(ケープ)が再入荷致しました。

CAPEは、SPF100シリーズ(シールプロテクションファクター100%)のモデルで、取り外し可能なアイカップが、ゴーグルのようにぴったりお顔にフィットすることで、風や異物の巻き込みを軽減することができるので、眼からの情報が極めて重要なバイクライド時の安全性と快適性をバックアップしてくれるんですね~

さらに、CAPEの特徴の一つとして、テンプルには、スライド調整式のフックが搭載されているので、テンプルの長さを変えることができます。

こちらはシックなダークトートのフレームカラーに、ポリカーボネート材質のシャープビューコパーレンズをセッティング致しました。

もちろん他カラーのレンズをセットすることもできますし、度付き仕様にすることもできますよ~

バイク乗りの皆様、いかがでしょうか?

7eye
CAPE
ダークトート
シャープビューコパー
¥20,500+税

OAKLEY(オークリー)METALINK(メタリンク)夜間使用可能な偏光レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)METALINK(メタリンク)です。

METALINKは、フロントに軽量なNanO-Matter(ナノマター)、ステムにはステンレスを採用した、OAKLEY独自の素材で作り上げたコンビネーションタイプフレームで、軽量でかけやすく、OAKLEYらしいデザインもとても魅力的ですね。

レンズは、夜間も使用可能な偏光レンズをお選びいただきました。

こちらのレンズは、従来の偏光レンズに使用されている高濃度の偏光フィルターでなく、濃度の薄い偏光フィルターを使用することで、照度の低い条件下での使用も可能にしています。

今回お選びいただいた、BR25タイプは透過率76%、偏光度38%と、濃度、偏光度ともに、高濃度の偏光サングラスと比較すると低いものの、常時かけていられる偏光レンズとして、現代のニーズに合ったレンズなんですね~

キレイに仕上がっていますね~

当店では、様々な防眩レンズをご用意し、皆様のお越しをお待ちしております。