OAKLEY(オークリー)RADAR EV PATH(レーダーEV パス)2016年ツール・ド・フランスモデル度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)RADAR EV PATH(レーダーEV パス)度付きアイウェアです。

こちらは、鮮やかなツールドイエローのカラーが目を惹く、2016年のツール・ド・フランスの限定モデルで、確か当時は主にサイクルショップのみ販売があった、販路限定モデルだったと記憶していますが、トライアスロンをされているお客様より、フレームお持ち込みで度付きレンズ作製のご依頼をいただきました。

トライアスロンという過酷なスポーツに使用するアイウェアのため、目に有害な紫外線をカットすることは
もちろん、レンズは軽量で、衝撃性能に優れ、お客さまの希望されるカラーや濃さができるレンズを様々なレンズメーカー、たくさんの種類の中からお選びいただくのですが、オークリー純正レンズの製作範囲を超えてしまうお度数でしたので、お客さまのニーズに沿ったレンズはICRX NXTレンズでなければ製作できませんでした。

レンズは、類まれなレンズ強度とコントラスト性に秀でた、ICRX NXTのコッパーカラーの調光レンズ、調光変化を起こす前は、コッパーカラーから、紫外線に反応し濃度変化、濃グレーになるタイプですね。

目まぐるしく変化する天候や照度に対応し、バイク・ラン時の路面の視認性において優位性があるコッパーは、可視光線透過率が淡い時で約35%~濃い時で約10%、カラーの濃さでいえば、淡=約65%~濃=約90%に変化します。
さらに、レッドミラーをセッティングさせていただきました。

調光や、透過率に違いはありますが、オークリー純正レンズでいうところのプリズムロードに近い仕上がりになりますね。

こちらは、アジアフィットよりレンズ天地幅が拡張され、タイトめなフィットが特徴のUSフィットタイプのモデルなので、強めの近視の度数もあり、レンズの下端が頬についてしまうということなので、ノーズパッドを工夫してカスタムしています。

いかがでしょうか?
人間の臓器で唯一むき出しといわれているお客様の大切な「眼」を、お守りできるように、快適にスポーツができるように、度数決定からフィッティングまで、最大限工夫されたアイウェアです。

激しいスポーツ時には、スポーツ専用のアイウェアが必要ですよ。

皆様ぜひ当店にお越しのうえご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー) PLAZMA(A)(プラズマA)偏光調光レンズ・ノーズカスタム!!

OAKLEY(オークリー)最新のパフォーマンスアイウェア、PLAZMA(A)(プラズマA)に偏光調光レンズをセッティングさせていただきました。

現在、RXではなく、度なしでのPLAZMA(A)用のOAKLEY偏光レンズのラインアップがまだないため、他ブランドのレンズで作製です。

こちらのレンズは路面や水面のギラツキをカットする偏光レンズの機能だけでなく、紫外線に反応し色の濃さが変化する調光機能も加わった、偏光調光タイプのレンズなんですよ~

可視光線透過率は淡い時で約36%~紫外線に反応し濃い時で約10%に変化します。

濃度で言えば淡=約64%~濃=約90%に変化するので、より多くのシーンで使用できますね。

さらに、フィッティングを改良するため、ノーズパッドをカスタムさせていただきました。

上の画像はオークリー純正のノーズパッド、とても柔らかい素材が使用されとてもいいのですが少し低めに感じられるお客様もいらっしゃるようです。

こちらが、当店でカスタマイズさせていただいたノーズパッド、かなり高くなっているのがわかりますね。


こちらは低い方がオークリーのパッド、高い方が当店でカスタムしたパッドになります。


当店でお求めいただいたお客様専用の特別カスタムです。

これでフレームが頬に付くことも、レンズにまつ毛があたることもなく快適にご利用いただけるようになり、とても喜んでいただけました。

皆様もぜひ、当店でご一緒にアイウェアを作製してみませんか?

Kabuto(カブト)301 調光度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、Kabuto(カブト)301 調光度付きサングラスです。

昨年はたくさんのKabutoアイウェアを作製させていただきましたが特に人気なのが301シリーズですね。

DOCK付モデルもあるので、様々な方法で度付き仕様にできますが、広い視界をお求めの方には、ダイレクトで度付きレンズをセットする方法がおすすめです。

ロードでの使用とのことで、今回は調光レンズをお選びいただきました。

薄いイエローブラウンからグレーに濃度変化するタイプです。

昼夜や、目まぐるしく変化する天候条件下での使用の場合、一つレンズを選択するとなれば、やはり調光系のレンズは強いですね。

カッコいい仕上がりですね~
Kabuto(カブト)のアイウェアおすすめですよ~

OAKLEY(オークリー)RACING JACKET(レーシングジャケット)度付き調光レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)、度付きRACING JACKET(レーシングジャケット)です。

販売終了となった今尚人気のRACING JACKETの、レンズ交換のご依頼をいただきました。

レンズは紫外線に反応して、薄いピンクから濃いピンクへ濃度変化する調光タイプに、レッドミラーを合わせていただきました。

コントラスト性能に大変優れており、度付き仕様にできる、ピンクからピンクに変化する調光レンズは、かなりレアなので、とても重宝しますね。

カッコいい仕上がりですね~

今回はベンチレーションなしのご依頼でしたが、通気孔を設けることも
できますよ。

レンズ交換のみのご依頼も大歓迎ですので、ぜひ、当店で皆様お持ちのアイウェアをリフレッシュさせてみてはいかがでしょうか?

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) TRALYX(トラリクス)RXオプティカルインサート!!

こちらは先日作製させていただきました、RXオプティカルインサートを使用した、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)TRALYX(トラリクス)です。

TRALYX本体のレンズは調光レンズ、多くのサイクリストの方にご愛用いただいていますね。

TRALYXは、RUDY PROJECTが機能を追求し誕生させた、ワイドな視界の一眼式スポーツアイウェアで、細部に至るまで様々な工夫が施されています。

フレーム、レンズともに、空気の流れをコントロールできる、パワーフローシステムにより、強力なレンズの防曇効果を生み、さらには、軽量化にも繋がっています。
もちろん、RUDY PROJECTアイウェアの特徴の一つである、調節可能なノーズピース、テンプルを装備。レンズはシチュエーションに合わせ交換できる、クイックチェンジシステムとなっています。

TRALYXはダイレクトでの度付き加工も可能ですが、専用の度付きインナー、RXオプティカルインサートシステムにより度付き可能で、ダイレクトで度付き化するよりも、特殊なレンズでなくてもセッティングできるため、コスト面や度数の製作範囲などにおいて優位性がありますね。

オプティカルインサートの下側に設置しているものは、オプティカルクリップ
ショックアブソーバーといういわゆる緩衝材で、レンズ同士がキズついたり、振動を抑える目的でとりつけています。

お好みや目的、ご予算などから様々な作製方法がありますので、ぜひ、皆様にあったアイウェアを当店でご一緒にお探ししましょう。