OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0)クリア・ブラックイリジウム調光レンズ!

こちらは、先日お求めいただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0)度付き調光レンズです。

こちらの調光レンズは、クリア・ブラックイリジウムという名称で、クリアとなっていますが、シルバーミラー仕様の影響もあり、実際はクリアではなく、薄いグレーカラーから濃いグレーへ変化していく調光レンズなんですね~

レンズの調光変化前の薄い状態では、かつて、オークリーレンズにチタニウムイリジウムクリアというレンズがあったのですが、そちらに近い雰囲気ですね。

可視光線透過率は、紫外線のない状態で69%から、紫外線照射が最大の状態で23%になりますので、レンズの濃度にすれば、紫外線のない状態でのレンズ濃度は約31%程度から紫外線照射が最大の状態では、レンズの濃度が約77%程度まで濃くなるということになります。

そのため、JIS規格では、視感透過率75%未満のレンズは、薄暮れ又は夜間時における運転又は路上での使用禁止となり、分かりやすくご説明すると、夜間や夕暮れ時では、濃度がおよそ25%を超えるレンズでは、光量不足で視力が低下する場合があり、大変危険ですので、運転及び、路上での歩行時には使用しないでくださいね、ということになっているんですね。

JIS規格上では、こちらのクリア・ブラックイリジウムは夜間の運転時などでは使用することができない調光レンズとなっています。

ちなみに、オークリー純正レンズのその他の調光レンズでは、可視光線透過率でいうと、クリア・ブラウン87%→19%、クリア・グレー87%→20%なので調光性能が良好な状態では夜間運転可能な調光レンズなんですね~

ミラーが入っていると、サングラスの雰囲気がとてもでて、カッコいいですよね~

ご使用になられる時間帯やシチュエーションなどからお選びいただけますよ~

人気のオークリー度付きサングラスいかがでしょうか?

OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(フラックベータ)度付き調光サングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(フラックベータ)度付き調光サングラスです。

強度の近視のお客様よりご依頼いただき、オークリー純正レンズでは作製することができなかったため、他ブランドのレンズを使用させていただきました。

薄いグレーから紫外線に反応し、濃グレーに変化する紫外線調光レンズなので、夜間や低照度で使用される場合にも重宝しますね。

カーブレンズで強度数になるとかなりレンズが厚くなってしまうので、できるだけ厚みを感じさせないように、工夫した加工が施されています。

お仕事やアクテビティなど、お客様のご使用状況やお好み、フィッティングなどから、FLAK BETA&調光レンズがベストチョイスでした。

諸条件などによっては、強度のお度数でも作製できる可能性がありますので、ぜひ当店にお気軽にご来店くださいませ。

7eye(セブンアイ) CAPE(ケープ)調光レンズ交換!!

こちらは、フレームお持ち込みでレンズ作製のご依頼をいただいた、7eye(セブンアイ) CAPE(ケープ)です。

7eye CAPEは、テンプルにスライド調整可能なフックが搭載されており、お耳までの長さやヘルメットなどに合わせてステムの長さを調節することができます。

フロントカーブもややゆるめにデザインされているので、私たち日本人のフェイスにもフィットしやすいですね。

レンズは、シールドレスのヘルメット着用でのマストレンズ、耐衝撃性に優れたNXT製、調光レンズをお選びいただきました。

こちらのレンズは、紫外線に反応し、薄グレーから濃グレーに変化する調光レンズで、夜間の運転時には夜間運転可能な薄グレー、晴天時では紫外線状況や気温などにより濃グレーへ変化していく、当店人気No1レンズとなっておりますよ~

度付きでも度なしでもセッティングできます。

バイクやサイクルスポーツなどレンズが割れる危険性のあるスポーツなどにおいては、使用するアイウェアのレンズを、大切な眼を守れるように、ポリカーボネートやNXT、フェニックスのような衝撃に強く、割れにくいタイプに交換されることを強くおすすめ致しております。

一般的なメガネレンズ素材のCRやガラスももちろん用途によっては優れている面もたくさんありますが、衝撃には弱く、飛び石や、虫などが飛んでくるスポーツには、安心してご利用いただくことはできません。

当店では、フレームお持ち込みでレンズだけの交換も行っておりますので、ぜひ、ご利用くださいませ。

OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)ICRX NXT NEW調光レンズ HCD PLUS VARIA度付きアイウェア!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)ICRX NXT NEW調光レンズHCD PLUS VARIA度付きアイウェアです。

フレームはお持ち込みいただき、レンズのみ加工、セッティングさせていただきました。

JAWBREAKERは、ワイドな視界、ヘルメットとの相性、風防性などetc……とても優れており、ロードなどを中心にサイクリスト御用達のアイウェアとなっていますね。

お客様にお選びいただいたレンズは、ICRX NXT最新の調光レンズ、HCD PLUS VARIA、こちらは、紫外線に反応し、薄ピンクから濃ピンクへ濃度変化し、コントラストを上げ視認性を向上させることのできる、コントラスト調光レンズなんです。

最近天候が悪く調光変化後の写真は撮れなかったのですが、コントラスト系、ましてや同じピンクに変化する調光レンズは極めて希少で、マウンテンやトレイル系にもオススメですね。

さらに、今回はレッドミラーでファンデーション、カッコよさが倍増しますね~

レンズの中央をセパレートすることで、ほとんど、JAWBREAKERのオリジナルのレンズシェイプで仕上げることができますが、レンズ下端だけ若干ベンチレーションができるようになります。

いかがでしょうか?
カッコいい仕上がりですね~

JAWBREAKERのシェイプほぼそのままに度付き仕様にできてしまうんです。

梅雨前に発注していたレンズが続々と入荷してきておりますよ~

順を追ってUPしますので、お楽しみに~

7eye(セブンアイ) PANHEAD(パンヘッド)度付き調光レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、7eye(セブンアイ)PANHEAD(パンヘッド)度付き調光レンズです。

ハーレー乗りのお客さまからご依頼いただきました。


お選びいただいたのは、バイカー御用達のアイウェア7eye PANHEADです。

PANHEADはBORA(ボラ)やCAPE(ケープ)と比較するとフロントカーブはきつめなのですが、テンプル間幅が若干広めにできているので、フロントの眉間部に大きい空隙が生じていなければ、私たち日本人にもフィットしやすいモデルですね。

レンズは耐衝撃性能に優れたフェニックスタイプの紫外線調光レンズをお選びに。
夜間など紫外線がほとんどない状況下では、ほとんどクリアに、日中などは、紫外線に反応して濃グレーに変化するタイプですね。


バイクは、一部パニアなど装着されている場合は別ですが、車のように荷物をたくさん積むことが難しいため、昼用と夜用でアイウェアをかけ替えるというのは積載のスペース状難しいのと、目まぐるしく変化する今の時期のような天候状態ですと、あらゆる天候下で使用でき、アイウェア一本でクリアレンズにもサングラスにも変化してくれる、調光レンズをお選びいただく方が多いですね。

ヘルメットの種類やシールド、バイザーに有無によっては調光タイプでないほうがいい場合もありますので、ぜひ、ご来店のうえ、ご相談していただけるといいですね。

カッコいい仕上がりです。

最近ツヤありのグロッシーブラックカラーでの作製依頼が多かったのですが、マットブラックもいいですね~

バイク乗りに皆さまにとっては、雨の多いこの時期は嫌なものですが、これからやってくる夏に向けて、本格的なバイク用アイウェアをご検討されてみてはいかがでしょうか?