7eye(セブンアイ) PANHEAD(パンヘッド) × Kodak(コダック) Polarmax Pro(ポラマックスプロ)度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、7eye(セブンアイ) 度付きサングラスです。

バイク乗りのお客様よりご依頼いただきました。

フレームは、ゴーグルのようにお顔にぴったりとフィットして風などの侵入を防いでくれる、取り外し可能なアイカップを装着した、SPF100シリーズの中で、調節可能なテンプルを搭載した人気の7eye(セブンアイ) PANHEAD(パンヘッド)をお選びくださいました。

デザイン性と機能性を両立した完成度の高いフレームです。

レンズは、カメラ分野で培われた性能の高い偏光レンズに、人がまぶしく感じる波長域をコントロールし、色彩コントラスト向上機能のネオコントラスト、さらに、目に有害な紫外線はもちろん、HEV高エネルギーの可視光線域【380nm~420nm】もカットするHEV420カット機能まで搭載した、Kodak(コダック) Polarmax Pro(ポラマックスプロ)をセッティング、カラーは、ネオモカブラウンです。

ネオモカブラウンは、コントラスト性の高いブラウンに、さらに、オレンジの要素を加えることで、さらなるハイコントラストが得られるように色調コントロールがなされたカラーで、見る物の輪郭をよりシャープに引き立たせてくれます。

もちろん、アイカップが着脱できるようにレンズを加工、歪なども考慮し仕上げています。

カッコいい仕上がりですね~

今の時期はバイクで走行すると、夕方あたりからかなり虫がバチバチあたってくるので、シールドレスのヘルメットですとかなり危険ですね。

そのような場合はプロテクト性能の高いアイウェアは必須ですよ~

バイク乗りの皆様いかがでしょうか?

OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ) 度付きサングラス!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー) 度付きFLAK BETA(フラックベータ)です。

FLAKシリーズのエントリーモデルとして様々なアクティビティや、スポーツ、バイク用としても人気のFLAK BETAです。

ステムにUnobtainiumイヤーソックが搭載されていないモデルなので、ヘルメット内にステムをセットすることが比較的しやすいため、ヘルメットを装着されるスポーツにもおすすめです。

レンズはプリズムサファイアイリジウムをお選びいただきました。

ノーマルのサファイアイリジウムと比較すると、ややピンクがかった見え方になり、コントラストを上げる調整が施されています。

かっこいいですよね~
人気のFLAKシリーズ、様々なスポーツにおすすめですよ!

OAKLEY(オークリー) ノーズカスタム修理!!

こちらは当店で数年前に作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) CHAMFER(シャンファー)ですが、数年前から再開された、バイクのレース時に使用して転倒してしまい、右のノーズが破損してしまったとのことです。

幸いにして大きなケガもなくて一安心だったのですが、バイクとヘルメット、メガネは破損してしまったとのことでした。

アイウェアはフレームだけではなく、レンズも経年的なキズなどがかなり入ってしまっており、お客さまはメガネ一式での新調をご希望で、
バイクなどアクティブな活動をされていらっしゃいますので、レンズは衝撃性能に優れたタイプをご希望いただきました。

ですが、こういったタイプのレンズだとレンズメーカーさんにどんなに急いでレンズを造ってもらっても数日はかかってしまい、新しい眼鏡ができるまでの間お困りとのことで、なんとか、数日間もてば良いのでどうにか修理をお願いしますとのことでした。

了解いたしました なんとかしてみせますよ~

左側も一応ノーズパッドはついていたのですが、2本あるうちの片方のピンが折れていることはよくあるので、パッドを外して確認、左側は無事なようでした。

OAKLEYのこういった系統のフレームは、プラスチックのピンでノーズパッドを支えているので縦方向からの力には強いのですが、横方向からの力が過度に加わるとこのように折れてしまう場合が時々あるんですね。

右側は両方のピンが根元から折れてしまっています。

修理する方法は色々あるのですが、左側はそのまま使用できそうでしたので、左側と同じ純正のノーズパッドを取り付ける方法にしました。

折れてしまったピンの場所にネジを埋め込み、ノースパッドを入れる作戦です。

まず、ノーズパッドが取り付けられる適切なネジを選択したら、ネジを埋め込んでいきます。

ネジを接着剤みたいなものを介在させて固定するわけではなく、プラスチックのフレームに直接切り込みながら埋め込むイメージです。

画像は上側のピンを無事埋め込み、下側のピンを調節しているところです。

ところで、こちらのCHAMFER系のノーズパッドのフレームは左右でピンの間隔が違うんですね。
右側の方がピンの間隔が広いんです。

ネジを適切な長さにカットして、試適をし、そしてパッドを取り付けていきます。

簡単に抜けてしまうようでは困るので、ネジを選ぶ際にある程度しっかり保持できるかどうかがポイントになります。

修理完了です。

数日間の間はご利用いただけることと思います。

CHAMFER系のフレームではまだ、修理したことがなかったのですが、CROSSLINKでは緊急で何度か同様に修理したことがありました。CROSSLINKはリムのネジを埋め込むポジションに厚みと幅があるので加工しやすいのですが、CHAMFERは厚み幅ともあまりないので少し工夫が必要でした。

これでなんとか新しいアイウェアが出来上がるまでしのぐことができるとたいへん喜んでいただけました。

CHAMFERはバイク用にお求めいただいたアイウェアではなかったのですが、新調していただくアイウェアは、バイクも考慮して、ノーズなど破損しづらいアイウェアをお求めいただいております。

もちろんこのように穴をあけて修理する方法などは完全に修理できているわけでもありませんし、メーカー保証も受けられなくなる可能性もあったりと、お客様にとってデメリットもあるため、当店でご購入していただいたアイウェアで、デメリットなどをご説明させていただき、ご理解のうえご納得していただいた方のみ加工させていただくようにしています。

いつも当店をご利用いただいているお客さまのお役に少しでもなれればと日々精進しております。

OAKLEY(オークリー) LITEBEAM(ライトビーム)バイク用カスタム!!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー) LITEBEAM(ライトビーム)です。

OAKLEY LITEBEAMは、シンプルでスタイリッシュなスタイルが魅力のオークリーオプサルミックフレームで、interchangeable Nose Padsシステムモデルなので、それぞれ高さの異なった4つのノーズパーツから、お客様のお好みや用途、フィッティングの一番良いものをお選びいただくことができます。

今回お求めいただきましたお客様は、普段使いもさることながら、ご趣味のバイクにも使用したいとご希望くださいました。

バイクは2台お持ちで、画像をみせていただいたのですが、お客様こだわりのカスタマイズが施されたカッコいいバイクでしたよ~

ご希望に沿うためには、普段使いにも使用でき、ご持参いただいたフルフェイスのヘルメットに問題なくセッティングでき、かつ、乗車ポジションなども考慮する必要がありました。

バイクの一台はスズキ GSX-R1000、スズキのフラッグシップスポーツモデル、サーキットでの走行もされているとのことで、前傾状態での乗車ポジションや、耐久性、万が一の転倒の時のアイウェアによるケガが少ないモデルを選択する必要もあります。

そのため、フィッティングが良く、一般的なフレームのスタイルの中で、強度があるフレーム素材で、ノーズアームに金属をできるだけ使用しておらず、ヘルメットとの相性も良く、見切れることも少なく、カッコいいスタイル.etc…と考え、LITEBEAMをご提案させていただきました。

そのままの状態でも、お客様のご要望にLITEBEAMはほとんどお応えすることができたのですが、ステムエンドが張り出したデザインになっているため、インナーにメガネを装着できるスリットがないタイトなフルフェイスのヘルメットの場合、ステムエンドがへヘルメットのインナーにひっかかり着脱が少し大変そうでしたのと、張り出したステムエンド外側がヘルメットの内側に強く当たるとのことでしたのでカスタマイズさせていただくこととなりました。

↑カスタム前(一番上の画像はカラー違いのフレームです)

こちらはカスタム前のLITEBEAMです。

ステムエンドが下方と外側に張り出したデザインになっていますね。

カッコいいデザインなのですが、ヘルメット装着時に少し問題があり、お客さまとご相談の上カットします。

↑カスタム後

ステムエンドの貼りだした部分をカットし、Polished Blackのフレームカラーに合わせ研磨してツヤがでている状態です。

オークリーのO Matter素材を用いたフレームは、削りにくく、研磨も多少しづらいのですが、Polished Blackのように塗装系のカラーでなければきれいに仕上げることができます。

デザイン的にも、カットした面との移行部も機能性や外観も問題のない状態に仕上がりました。

逆に、塗装やペイント系のフレームカラーはカットしたり研磨すると、下地の色がでてしまうので、あまりおすすめではなく、同じBlackでも Matte Blackのようなマット系の場合、質感を同じように仕上げるのはかなり困難なので、こちらもあまりおすすめすることができません。

お渡しの際バイクに乗ってきていただけたので、ヘルメットに合わせ再度微調整や、ポジションも確認することができ、良く見え、格段に入りやすくなったと大変喜んでいただけました。

お一人お一人に合わせたメガネ作りをさせていただいております。

皆様もぜひ、ご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ)調光クリアブラックイリジウム&ノーズカスタム!!

オークリー FLAKBETA 調光 1

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ)度付きサングラスです。

オークリー FLAKBETA 調光3

バイク乗りのお客さまよりご依頼いただきました。

お客さまのお好みや、お持ちのヘルメットなどからフレームをお選びしていくのですが、ヘルメットによっては、アイウェアが入らなかったりすることがあるので相性などをチェックしていきます。

今回お求めのお客様はフルフェイスのヘルメットをご利用でインナーにメガネ用のスペースがなく、かなりタイトめのヘルメットでしたので、おつくりできるモデルはかなり限定されることになります。

一般的なスポーツアイウェアのグリップの良い大型ラバー系のステムエンドが装着されているものは、かなり厳しくなり、仮に入ったとしても、ステムラバー、ヘルメットの内装双方にとって、良好なコンディションが得られない場合が多いです。

オークリー FLAKBETA 調光 3

今回はお客さまご希望のハイカーブハーフリムタイプでヘルメットとの相性も良かった、FLAK BETAをチョイスしてくださいました。

ヘルメットとのフィット感もとても良好で、ステムを少し調整することで削ったりする必要はなかったのですが、お客様の愛車がYZF R-6とのことで、スポーツタイプのバイクのなかでも、特にタイトな乗車ポジション、かなりの前傾になるので、一般的な使用では全く問題なく、前傾状態でも見切れることはないものの、もう少し視界を確保できたらというお客様のリクエストにお応えして、ノーズをカスタマイズさせていただくことになりました。

オークリー FLAKBETA ノーズ 1
オークリー FLAKBETA ノーズ 2


こちらは、当店でカスタマイズしたノーズパッドの一例です。
右側はオークリー純正のノーズパッド、左側は当店でカスタムしたものです。
こちらはノーズパッドを少しだけ大きくしています。

オークリー FLAKBETA ノーズ3
オークリー FLAKBETA ノーズ 4


右側のオークリー純正のノーズパッド、左側は当店でカスタマイズしたノーズパッドです。
こちらは、見切れることがないように大きくカスタマイズしたものになります。

できるだけ全体的に大きくならないように、必要な場所を重視して工夫しながらカスタマイズしてあります。

その他には金属のパーツを埋め込む方法などがあり、競技の特性やお好みなどから変えています。

レンズは、オークリー純正のイリジウム(ミラー)付きの調光レンズをお選びいただきました。

ある程度薄いカラーが入った状態から濃くなっていくタイプで、夜間運転はできないものの、キランと光る、イリジウムのカッコ良さなどから人気のレンズですね~

バイクの季節がやってきましたね。
僕も、先日車体から外していたバッテリーを充電して今年初乗りをしてきたところです。

まだ今の時期だとレンズのくもり止めはあった方がいいかもしれないですね。
花粉症なのでマスクしながらだとやはりレンズがくもります。

走り始めればひくのですが、気温が低いと、信号などで停車している時にくもるんですよね~

少し暖かかったんで油断してました~

そのあたりもバイクに乗っているスタッフがおりますので、体験談などから、ご説明できるかと思います。

バイク用のアイウェアのことなら、ぜひ、当店でご相談くださいませ。