OAKLEY(オークリー) LITEBEAM(ライトビーム)バイク用カスタム!!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー) LITEBEAM(ライトビーム)です。

OAKLEY LITEBEAMは、シンプルでスタイリッシュなスタイルが魅力のオークリーオプサルミックフレームで、interchangeable Nose Padsシステムモデルなので、それぞれ高さの異なった4つのノーズパーツから、お客様のお好みや用途、フィッティングの一番良いものをお選びいただくことができます。

今回お求めいただきましたお客様は、普段使いもさることながら、ご趣味のバイクにも使用したいとご希望くださいました。

バイクは2台お持ちで、画像をみせていただいたのですが、お客様こだわりのカスタマイズが施されたカッコいいバイクでしたよ~

ご希望に沿うためには、普段使いにも使用でき、ご持参いただいたフルフェイスのヘルメットに問題なくセッティングでき、かつ、乗車ポジションなども考慮する必要がありました。

バイクの一台はスズキ GSX-R1000、スズキのフラッグシップスポーツモデル、サーキットでの走行もされているとのことで、前傾状態での乗車ポジションや、耐久性、万が一の転倒の時のアイウェアによるケガが少ないモデルを選択する必要もあります。

そのため、フィッティングが良く、一般的なフレームのスタイルの中で、強度があるフレーム素材で、ノーズアームに金属をできるだけ使用しておらず、ヘルメットとの相性も良く、見切れることも少なく、カッコいいスタイル.etc…と考え、LITEBEAMをご提案させていただきました。

そのままの状態でも、お客様のご要望にLITEBEAMはほとんどお応えすることができたのですが、ステムエンドが張り出したデザインになっているため、インナーにメガネを装着できるスリットがないタイトなフルフェイスのヘルメットの場合、ステムエンドがへヘルメットのインナーにひっかかり着脱が少し大変そうでしたのと、張り出したステムエンド外側がヘルメットの内側に強く当たるとのことでしたのでカスタマイズさせていただくこととなりました。

↑カスタム前(一番上の画像はカラー違いのフレームです)

こちらはカスタム前のLITEBEAMです。

ステムエンドが下方と外側に張り出したデザインになっていますね。

カッコいいデザインなのですが、ヘルメット装着時に少し問題があり、お客さまとご相談の上カットします。

↑カスタム後

ステムエンドの貼りだした部分をカットし、Polished Blackのフレームカラーに合わせ研磨してツヤがでている状態です。

オークリーのO Matter素材を用いたフレームは、削りにくく、研磨も多少しづらいのですが、Polished Blackのように塗装系のカラーでなければきれいに仕上げることができます。

デザイン的にも、カットした面との移行部も機能性や外観も問題のない状態に仕上がりました。

逆に、塗装やペイント系のフレームカラーはカットしたり研磨すると、下地の色がでてしまうので、あまりおすすめではなく、同じBlackでも Matte Blackのようなマット系の場合、質感を同じように仕上げるのはかなり困難なので、こちらもあまりおすすめすることができません。

お渡しの際バイクに乗ってきていただけたので、ヘルメットに合わせ再度微調整や、ポジションも確認することができ、良く見え、格段に入りやすくなったと大変喜んでいただけました。

お一人お一人に合わせたメガネ作りをさせていただいております。

皆様もぜひ、ご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ)調光クリアブラックイリジウム&ノーズカスタム!!

オークリー FLAKBETA 調光 1

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ)度付きサングラスです。

オークリー FLAKBETA 調光3

バイク乗りのお客さまよりご依頼いただきました。

お客さまのお好みや、お持ちのヘルメットなどからフレームをお選びしていくのですが、ヘルメットによっては、アイウェアが入らなかったりすることがあるので相性などをチェックしていきます。

今回お求めのお客様はフルフェイスのヘルメットをご利用でインナーにメガネ用のスペースがなく、かなりタイトめのヘルメットでしたので、おつくりできるモデルはかなり限定されることになります。

一般的なスポーツアイウェアのグリップの良い大型ラバー系のステムエンドが装着されているものは、かなり厳しくなり、仮に入ったとしても、ステムラバー、ヘルメットの内装双方にとって、良好なコンディションが得られない場合が多いです。

オークリー FLAKBETA 調光 3

今回はお客さまご希望のハイカーブハーフリムタイプでヘルメットとの相性も良かった、FLAK BETAをチョイスしてくださいました。

ヘルメットとのフィット感もとても良好で、ステムを少し調整することで削ったりする必要はなかったのですが、お客様の愛車がYZF R-6とのことで、スポーツタイプのバイクのなかでも、特にタイトな乗車ポジション、かなりの前傾になるので、一般的な使用では全く問題なく、前傾状態でも見切れることはないものの、もう少し視界を確保できたらというお客様のリクエストにお応えして、ノーズをカスタマイズさせていただくことになりました。

オークリー FLAKBETA ノーズ 1
オークリー FLAKBETA ノーズ 2


こちらは、当店でカスタマイズしたノーズパッドの一例です。
右側はオークリー純正のノーズパッド、左側は当店でカスタムしたものです。
こちらはノーズパッドを少しだけ大きくしています。

オークリー FLAKBETA ノーズ3
オークリー FLAKBETA ノーズ 4


右側のオークリー純正のノーズパッド、左側は当店でカスタマイズしたノーズパッドです。
こちらは、見切れることがないように大きくカスタマイズしたものになります。

できるだけ全体的に大きくならないように、必要な場所を重視して工夫しながらカスタマイズしてあります。

その他には金属のパーツを埋め込む方法などがあり、競技の特性やお好みなどから変えています。

レンズは、オークリー純正のイリジウム(ミラー)付きの調光レンズをお選びいただきました。

ある程度薄いカラーが入った状態から濃くなっていくタイプで、夜間運転はできないものの、キランと光る、イリジウムのカッコ良さなどから人気のレンズですね~

バイクの季節がやってきましたね。
僕も、先日車体から外していたバッテリーを充電して今年初乗りをしてきたところです。

まだ今の時期だとレンズのくもり止めはあった方がいいかもしれないですね。
花粉症なのでマスクしながらだとやはりレンズがくもります。

走り始めればひくのですが、気温が低いと、信号などで停車している時にくもるんですよね~

少し暖かかったんで油断してました~

そのあたりもバイクに乗っているスタッフがおりますので、体験談などから、ご説明できるかと思います。

バイク用のアイウェアのことなら、ぜひ、当店でご相談くださいませ。

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) GUARDYAN(ガーディアン)再入荷致しました!!

ルディプロジェクト ガーディアン 1

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) GUARDYAN(ガーディアン)がようやく再入荷致しました~

ルディプロジェクト ガーディアン 2

GUARDYANの魅力はなんといってもこちらのアイウェア1本で様々なアイウェアの役割をはたすことができる利便性です 。

ルディプロジェクト ガーディアン 3

こちらの画像のように付属のシールドインターフェイスをセットすることで、風防効果の高いアイウェアにすることもできますし、外して、一般的なハイカーブスタイルのアイウェアにすることもできます。

ルディプロジェクト ガーディアン 4

シールドインターフェイスを取り付けても、ノーズパッドの調節ができるのはとてもありがたいですよね~

ルディプロジェクト ガーディアン 5

もちろんインナーのオプティカルインサートで度付き化することもできますし、ダイレクトで度付き化することもできます。

ルディプロジェクト ガーディアン 6
ルディプロジェクト ガーディアン 7

さらに、ステムはこのように簡単にはずすことができ、

ルディプロジェクト ガーディアン 8

付属のエラスティックストラップに交換すると、ゴーグルのように使用することができますよ~

ルディプロジェクト ガーディアン 9

激しく動くスポーツの時はサングラスではなく、ゴーグルの方が適している場合があります。
その時にこちらのストラップに交換して、快適にスポーツや作業を行うことができますね。

ルディプロジェクト ガーディアン 10

別売りでホワイトカラーのストラップもあります(¥2,300+税)。

ルディプロジェクト ガーディアン 11

皆様いかがだったでしょうか?
これからシーズンを迎える、オートバイ用にもオススメですよ~

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)
GUARDYAN(ガーディアン)
マットブラック フレーム
スモークブラック レンズ
¥20,000+税

オートバイ用アイウェア 7eye(セブンアイ) 度付きサングラス!!

セブンアイバイク用1

バイク乗りの皆様にとって快適な季節がやってきましたね~

もう数カ月すると、寒冷地である長野県はバイクに乗れない時期に・・・・

気合いでお乗りいただいている方もいらっしゃるとは思いますが、僕は1月~3月までは冬眠させています(笑)。セブンアイバイク用2

そう考えると、通勤や通学でバイクに乗らない、休日ライダーの皆様は、天気が良くて暑くも寒くもない快適にバイクを楽しめる時間というのは1年365日ある中でほんの僅かですよね。

そんな貴重な時間をめいっぱい楽しむためには、バイクはもちろんウェアなどのライディングギアは安全性の面も含めてとても大切になってくる訳ですが、その中でもアイウェアの重要度は非常に高いんです。

度付き仕様の方にとっては良く見えることはもちろん、度付き・度なしを問わず、ヘルメットの種類によっては、防風・防塵性などから眼を守るといった機能が必要な場合があります。

あとはかっこ良さも重要なポイントですよね!セブンアイバイク用3

かっこよくて性能も高く、ヘルメットとの相性が良好なオートバイ用アイウェアといえば、こちらの7eye(セブンアイ) アイウェアです。

取り外し可能なアイカップを装着することで防風・防塵性などを高めることができます。セブンアイバイク用4

レンズは衝撃性能に優れたレンズがおすすめです。

ミラーをいれてカッコ良さUPさせることもできますよ~セブンアイバイク用5

快適にバイクを楽しめる季節は今年ももうあと僅かです。

楽しいひと時をもっと安全に快適にかっこよくお楽しみいただけるように、オートバイ専用のアイウェアを作製してみませんか?

 

OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ) 度付き&カスタム!!

オークリー フラックベータ カスタム

こちらは先日お求めいただきました、OAKLEY(オークリー) 度付きFLAK BETA(フラックベータ)です。

バイク乗りのお客様よりご依頼いただきました。
お持ちのフルフェイスヘルメットとの相性を探りながらアイウェアお選びいただき、一般的なメガネフレームタイプではなく、ハイカーブタイプのOAKLEY FLAK BETAをお選びいただきました。

FLAK BETAは、ステムエンドにラバー系のイヤーソックを装備していないので、ヘルメット装着状態でアイウェアが入れやすいモデルとなっています。オークリー フラックベータ カスタム2

レンズはクリアタイプをチョイス、シェードのコントロールはカラー付きのシールドで調整していかれるとのことでした。

ノーマルの状態だとステムエンドが若干ヘルメットの後ろに当たったり、鋭角な形状のためアイウェアを入れる際に引っかかる感じがあったので、カスタムさせていただきました。オークリー フラックベータ ノーマル
カスタム前(アイコン違いのフレームです)

ステムエンドに注目していただくと、全体的にエッジのきいたデザインなので、角ばった形状になっています。

ここがへルメットの内装にひっかかるようになるため若干入れにくいのと、奥にあたっている感じがありました。オークリー フラックベータ カスタム3カスタム後

ステムエンドを5mm程度短くカットし、上下も数mm短く、厚みも若干薄くし、ヘルメットに入れやすく抵抗の少ない丸みのある形状にカスタムさせていただきました。

表面の仕上げもポリッシュ系のフレームは研磨するのは簡単なのですが、今回お選びいただいたマットブラックのようにマット系の表面仕上げになっているフレームは、表面性状まで再現するのはかなり困難です 目の細かいペーパーなどを駆使しながら問題のない状態まで仕上げていきます。

これで、所定の位置におさまりやすくなり、フィットの向上、さらに、ヘルメットに入れやすくすることができました。
これは、ひいては、へルメットの内装やアイウェアのステムを傷めにくくするといった予防的な面も加味したカスタムとなっています。

おととしあたりからバイク用のアイウェアのご依頼がとても多くなっております。
ご来店の際は、ヘルメット、ヘルメットキャップ、リムーバーを使用されていらっしゃる方はそちらも合わせてご持参をお願い致します。

また、メーカーのレンズ納期がかなり遅れており、お渡しにかなりの時間を要しております。
ご迷惑をおかけしておりますが、純正レンズご希望のお客様は、ゆとりのあるプランニングをお願い致しております。

お急ぎのお客様は他ブランドのレンズなどでできるだけ早い納期を計画させていただきますので、スポーツタイプのアイウェアをお求めのお客さまは店頭スタッフにてご確認のほどをよろしくお願い致します。