OAKLEY(オークリー)RADAR EV PATH(レーダーEV パス)2016年ツール・ド・フランスモデル度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)RADAR EV PATH(レーダーEV パス)度付きアイウェアです。

こちらは、鮮やかなツールドイエローのカラーが目を惹く、2016年のツール・ド・フランスの限定モデルで、確か当時は主にサイクルショップのみ販売があった、販路限定モデルだったと記憶していますが、トライアスロンをされているお客様より、フレームお持ち込みで度付きレンズ作製のご依頼をいただきました。

トライアスロンという過酷なスポーツに使用するアイウェアのため、目に有害な紫外線をカットすることは
もちろん、レンズは軽量で、衝撃性能に優れ、お客さまの希望されるカラーや濃さができるレンズを様々なレンズメーカー、たくさんの種類の中からお選びいただくのですが、オークリー純正レンズの製作範囲を超えてしまうお度数でしたので、お客さまのニーズに沿ったレンズはICRX NXTレンズでなければ製作できませんでした。

レンズは、類まれなレンズ強度とコントラスト性に秀でた、ICRX NXTのコッパーカラーの調光レンズ、調光変化を起こす前は、コッパーカラーから、紫外線に反応し濃度変化、濃グレーになるタイプですね。

目まぐるしく変化する天候や照度に対応し、バイク・ラン時の路面の視認性において優位性があるコッパーは、可視光線透過率が淡い時で約35%~濃い時で約10%、カラーの濃さでいえば、淡=約65%~濃=約90%に変化します。
さらに、レッドミラーをセッティングさせていただきました。

調光や、透過率に違いはありますが、オークリー純正レンズでいうところのプリズムロードに近い仕上がりになりますね。

こちらは、アジアフィットよりレンズ天地幅が拡張され、タイトめなフィットが特徴のUSフィットタイプのモデルなので、強めの近視の度数もあり、レンズの下端が頬についてしまうということなので、ノーズパッドを工夫してカスタムしています。

いかがでしょうか?
人間の臓器で唯一むき出しといわれているお客様の大切な「眼」を、お守りできるように、快適にスポーツができるように、度数決定からフィッティングまで、最大限工夫されたアイウェアです。

激しいスポーツ時には、スポーツ専用のアイウェアが必要ですよ。

皆様ぜひ当店にお越しのうえご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー) PLAZMA(A)(プラズマA)偏光調光レンズ・ノーズカスタム!!

OAKLEY(オークリー)最新のパフォーマンスアイウェア、PLAZMA(A)(プラズマA)に偏光調光レンズをセッティングさせていただきました。

現在、RXではなく、度なしでのPLAZMA(A)用のOAKLEY偏光レンズのラインアップがまだないため、他ブランドのレンズで作製です。

こちらのレンズは路面や水面のギラツキをカットする偏光レンズの機能だけでなく、紫外線に反応し色の濃さが変化する調光機能も加わった、偏光調光タイプのレンズなんですよ~

可視光線透過率は淡い時で約36%~紫外線に反応し濃い時で約10%に変化します。

濃度で言えば淡=約64%~濃=約90%に変化するので、より多くのシーンで使用できますね。

さらに、フィッティングを改良するため、ノーズパッドをカスタムさせていただきました。

上の画像はオークリー純正のノーズパッド、とても柔らかい素材が使用されとてもいいのですが少し低めに感じられるお客様もいらっしゃるようです。

こちらが、当店でカスタマイズさせていただいたノーズパッド、かなり高くなっているのがわかりますね。


こちらは低い方がオークリーのパッド、高い方が当店でカスタムしたパッドになります。


当店でお求めいただいたお客様専用の特別カスタムです。

これでフレームが頬に付くことも、レンズにまつ毛があたることもなく快適にご利用いただけるようになり、とても喜んでいただけました。

皆様もぜひ、当店でご一緒にアイウェアを作製してみませんか?

OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)度付き偏光サングラス!!

こちらは先日作製いただいた、OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)度付き偏光サングラスです。

ロードバイクで使用されるお客様よりご依頼いただきました。

JAWBREAKERは、サイクリストの方に最も人気のモデルの一つですね。

レンズは、光の乱反射を抑え、眩しさを軽減してくれるグレーの偏光タイプのレンズに、ブルーミラーをセッティング。
ミラーは補色効果や、外観面を良くするだけでなく、JAWBREAKERは、ダイレクト度付き仕様にする場合、フレーム中央でセパレートしたレンズをはめ合わせるようにして加工していますので、段落ちと呼ばれる複雑なレンズカットが必要で、クリアレンズなどの色があまり入っていないレンズなどの場合、カットした面が見えるため、気になるといった方には、濃いめのベースカラーのレンズ+ミラーを入れていただくと、レンズ表面が反射することで、カット面が気になりにくいといった効果もあります。


さらに、フィッティングを改善するため、ノーズパッドを内側に寄せて調整しました。


元々のノーズパッドのポジションは上の画像のようにフレームのラインに沿っていますが、ライダー特有の前傾状態になったときの、装用ポジションで、風防性や視界を更に向上させ、快適にライドできるように、フィッティング致しております。

こちらはフィッティング後の画像で、ノーズパッドを内側に寄せ、フィッティングポジションを改善、さらにステムも、もう少し内側にする必要がありました。

オークリーのO Matterというフレーム材質は、軽量で耐久性もあり、スポーツで使用するアイウェアに搭載される素材としては、とても優秀なのですが、一般的なプラスチックのメガネフレーム素材であるアセテートなどと比較すると、元々調整ができるようにできていないため、調整はかなりしにくく、ムリに大きく調整をしようとすると、フレームの劣化や破損なども絶対にないわけではありません。

そのため、当店で作製させていただいたお客さまに限り特別に、可能な限り様々な手法を用いてフィッティングやカスタムをさせていただいております。

いかがでしょうか?
ポリッシュドブラックのフレームカラーに鮮やかなブルーミラーがカッコいいですよね~

お客さまにご相談いただき、ご一緒に作り上げた、言わば、お客さまが手塩をかけて組み上げた愛車と同じように、
これからの、ライドをサポートするアイウェアです。


スポーツで使用する大事なアイウェアは、ぜひ、当店でお求めください。

OAKLEY(オークリー) PLAZMA(A)(プラズマA)ノーズカスタム!!

OAKLEY(オークリー)レーシングジャケットの後継モデルとして大注目を浴びている、OAKLEY(オークリー) PLAZMA(A)(プラズマA)、サイクリストの方を中心に、人気ですね。

軽量でとても掛けやすいモデルなのですが、風防性を高めているためか、顔面に近くおかけいただくように設計されているので、ノーズパッドが少し小さめで、フィット性にご不満の方もいらっしゃり、何とかできないか模索していました。

オークリーでは専用のパーツの販売はなく、その他のモデルのパーツを流用することも考えましたが、こちらのモデルだと中々難しいですね。

そんな中、当店で PLAZMA(A)をご購入いただいたお客さまから急ぎでのカスタムのご要望を受け、フルスピードで試案、なんとか形になりました。

画像上の小さいパッドがオークリー純正ノーズパッドで、大きい方が当店でカスタムしたものになります。
純正パーツより高さがでていますね。

フレームに穴を開けたり、接着したりする方法も考えましたが、今回は、また純正パーツに戻したいときは戻せるように、フレーム本体には手を加えていません。

こういったカスタムは、当店でアイウェアをお買い上げいただき、カスタムの必要があり、注意事項などご理解いただいたお客様に特別に行わせていただいております。

皆様ぜひ、当店にお越しくださいませ。

OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック20A)レンズもフィッティングも工夫して作製しています!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK2.0(A)(フラック2.0A)度付きサングラスです。

南信地方より当店にお越しいただき、本当にありがとうございます。

ロードで使用したいとご来店いただき、できるだけ風防性に優れたアイウェアをお求めでした。

風防性に優れたアイウェアとは、オークリーのアイウェアでいえば、言わずもがな、JAWBREAKERや、RADAR EV ADVANCERなど、レンズサイズが大きく、お顔に沿ってラップしていて、ライダー特有の前傾状態になっても、良好なポジションを維持でき、風の巻き込みを少なくできるアイウェアということになりますが、これは、お客様のお顔にうまくフィットしていれば、ということになります。

例えば、小柄な女性の方に、風防性があるからと大型のアイウェアを装用していただいたとしても、ズルズルと下がってしまったりしているようでは、せっかくのハイパフォーマンスアイウェアの効果も少なくなってしまうということなんですね。

今回お求めいただいたお客さまも小顔の女性のお客様で、JAWBREAKERなどでは、仮にカスタムしたとしても
ノーズポジションを安定させることができないご様子でした。

RUDY PROJECTのストラトフライはノーズポジションも調整でき、フィット感もよく、かなりの風防性も期待
できたのですが、ダイレクト度付き仕様で作製の場合、かなりレンズサイズが大きいモデルなので、お度数がS-6.00を超え、PDという瞳孔間距離も小さく大型のスポーツアイウェアを度付きにするには、レンズの厚みによる外観面や重量、収差やそり角による見え方の違和感などで、作製することはできなくはないのですが、予後を含めて様々な面でオススメするには至りませんでした。

度付きスポーツサングラスを作製される場合は、上記全ての条件とお客様のご希望をうまく合致させていくことが必要になってきます。

そのため比較的レンズサイズは小さくなってしまうのですが、一番フィットが良く、上記の条件に一番フィットした、FLAK2.0(A)をベースモデルにレンズを作製し、お時間をいただき、細かくフィッティングさせていただきました。

レンズは、オークリー純正度付きレンズの製作範囲外のお度数のため、他ブランドのレンズで作製させていただいています。

通常FLAK2.0(A)はレンズカーブ8カーブモデルなのですが、8カーブでスポーツに特化した衝撃性能のあるレンズで作製できるメーカーは中々ないので工夫して作製しています。

レンズは眩しさを防ぎたいとのご希望により濃いめのグレーカラーをチョイスしてださいました。

眩しさを防ぎ、ナチュラルな見え方は眩しさから眼を背けたくなるようなシーンで、大活躍してくれます。

お度数の関係によりレンズのコバ厚がかなりでてしまうので、外観上とレンズ下端が頬につくのを可能な限り防ぐため、レンズの厚みのでる部分を斜めにカット、最終的には手ずりでもう少しえぐるように削る必要がありました

さらにプレフィットの時に記載しておいた情報を基に、ノーズを大きくし、レンズサイズの小さいFLAK2.0(A)の
短所を補うべく、フィッティングポジションを改良、前傾状態になったときに眉間部にできる空隙を少なくし、風防性と、見切れない視界を確保します。

一番前側にあるところから風があたるわけですから、一番最初に風のあたる部分に隙間が多いと、優れた風防性を発揮させることは難しいんですね。

これは10数年前に、空力に詳しいサイクリストのお客さまに教えていただいたことで、全てのお客さまからいただいたインプレッションを基に課題を解消させていただくよう努力させていただいています。

さらに、ステムのイヤーソックを外し、お客様の頭部に合わせフィッティングし、さらに、お渡しの際のフィッティングではさらに、ステムを内側に調整し、イヤーソックのグリップ力を最大限に生かすように、頭部を抱きかかえるようできるだけ均等に圧がかかるように調整しています。

できる限りお客様のご希望に添えるように工夫して作製させていただきました。

お客様の今後のご活躍が楽しみですね。

5月に入りスポーツタイプのアイウェアのご注文をたくさんいただいております。

特殊なレンズはご納期が1カ月近くかかるものもございますので、ぜひ、ゆとりを持った作製計画をお願いいたします。