OAKLEY(オークリー)HALF JACET2.0(ハーフジャケット2.0)NEWカラーモデル入荷致しました!!

オークリーのスポーツアイウェアの度付きベースとしての礎を築いたといっても過言ではない、初代ハーフジャケットの登場から十何年経っているのでしょう、初めてオーダーした時の、複雑なカッティングを施された、ハイカーブの度付きサングラスレンズがキレイに、ハーフジャケットに収まって納品されたときのインパクトは衝撃的でした。

その当時は今のように度数の範囲や、レンズの種類、カラーも豊富ではなかったですが、純正レンズで度付き可能なスポーツアイウェアをいち早く世に送り出したのが初代のハーフジャケットでした。

こちらは現行モデルのHALF JACET2.0(ハーフジャケット2.0)です。一時、通常のラインナップモデルが激減したことから販売終了になってしまうことを心配しましたが、PRIZM BLACK POLARIZEDレンズが搭載されたモデルなどNEWリリースです!

フレームカラーは、POLISHED BLACK、レンズは、PRIZM BLACK POLARIZEDです。

BLACK IRIDIUM POLARIZEDよりPRIZM化され、眩しさやギラツキを大幅にカットするだけでなく、若干明るく、コントラストをつける色調になっていますよ~

快晴時に使用される方におすすめですね~
いかがでしょうか?

HALF JACET2.0
POLISHED BLACK
PRIZM BLACK POLARIZED
¥28,700+税

OAKLEY(オークリー) 日本ハムファイターズ RADAR LOCK(レーダーロック)× EXP GRAY POLARLIZED ピンクゴールドミラーダイレクト度付きサングラス!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、ジャパンベースボールコレクション、日本ハムファイターズRADAR LOCK(レーダーロック)ダイレクト度付きサングラスです。

レンズは、衝撃性能に優れた、EXP GRAY偏光レンズにピンクゴールドミラーをセッティングさせていただきました。

一眼タイプの大口径が必要なアイウェアも中央でセパレートすることにより、一般的なカラーレンズだけでなく、偏光レンズでも、調光レンズでも作製が可能ですよ~

気品あふれるピンクゴールドのミラーがカッコいいですね~

お仕事やスポーツで使用されるとのことでした。

屋外でのスポーツや作業では、眼に有害な紫外線などを効果的に遮るサングラスが必要です。

皆様の大切な眼を守るため、ぜひ、ご自分にあったアイウェアをお探しくださいね。

OAKLEY(オークリー) TOKYO CELEBRATION COLLECTION(トーキョーセレブレーションコレクション)FLAK2.0(フラック2.0)度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、TOKYO CELEBRATION COLLECTION(トーキョーセレブレーションコレクション)、FLAK2.0(A)(フラック2.0A)度付きサングラスです。

先日発売された取扱店限定のTOKYO CELEBRATION COLLECTIONモデルのFLAK2.0(A)を、度付きサングラス化させていただきました。

光の角度によって表情の違う、マジョーラカラーが本当にキレイですね~

レンズは人気のオークリーPrizm Sapphire Iridium Polarizedをお選びいただきました。

偏光レンズは、水面や芝などの照り返しによるギラツキをカットし、乱反射を防いでくれるレンズとなっています。

釣りなどでは水面がキラキラ光ってしまうと、ウキや水中が見えなかったりするので、偏光レンズがオススメですね。

いかがでしょうか?
とてもキレイな仕上がりですね~

7月に入り度付きスポーツアイウェアのご注文を多くいただいております。

オークリー純正レンズなどのハイカーブアイウェアは一般的な眼鏡を作製するより日数がかかってしまいますので、ご納期にゆとりをもった作製計画をお願い致しております。

各メーカーおおよそのご納期の目安は、
オークリー純正度付きレンズ 約2週間~3週間
国内レンズメーカー 約1週間~2週間
ICRX NXT 約3週間~1カ月

レンズの種類やフレームの種類によっても異なってきますので、詳しくは店頭でスタッフにお尋ねくださいませ。

TOKYO CELEBRATION COLLECTION在庫僅かとなっておりますのでお求めの方はお早めにお願い致します。

OAKLEY(オークリー) CROSSRANGE(クロスレンジ)度付きサングラス!! 

こちらは、先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)CROSSRANGE(クロスレンジ)度付きサングラスです。

CROSSRANGEは、宮里 藍プロがツアーの最後に着用していていたモデルで、発売された初期モデルは、交換可能なステムとノーズパッドが付属し、スポーツアイウェア過ぎないデザインが人気となり、多くのゴルフをはじめとする、スポーツやアクティブシーンで愛用されてきました。

販売後期になるとそれらの部品が付属しない仕様に変更され、その分販売価格が下がるなどの仕様変更がなされ、現在ではほとんどのモデルで販売が終了となっているようです。

当店でも、特に宮里 藍プロが着用していたモデルは人気が高かかったですね。

今回作製させていただいたお客様もスポーティさを感じさせ過ぎないCROSSRANGE(クロスレンジ)のスタイルをとても気に入ってくださいました。

フレームカラーはMATTE BLACK PRIZAMTIC、なんとか滑り込みで発注が間に合いました。

現在では発注できなくなっています。

レンズカラーは、Sapphire Iridium の美しい発色のミラーはそのままに偏光化させた、Sapphire Iridium Polarizedです。

キレイな仕上がりですよね~

釣りなどで使用されるとのことでした。

海にとても映える、カッコいい仕上がりですよね~

当店ではオークリー純正レンズをはじめ、様々な偏光レンズを取り扱ってございますのでぜひ、当店でチェックしてみてくださいね。

現在、新型コロナウィルスの影響により、OAKLEY製品をはじめ、その他レンズやフレームにも納期遅れなどが生じてきております。

お客様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご納期につきましては、ゆとりあるプランニングをお願い致しております。

何卒よろしくお願い致します。

REC SPECS(レックスペックス)×コートタイプの偏光レンズPOLATECH(ポラテック)!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、REC SPECS(レックスペックス)です。

今回作製させていただいたお客さまはかなり強度の近視があり、中々スポーツタイプのアイウェアを作成することができず、市外より当店にいらしてくださいました。

お度数を拝見させていただくとS-7.00D以上とスポーツアイウェアを作成するにはやはり中々厳しい状況でした。

何が厳しいかというと、まず多くのスポーツアイウェアが、紫外線などの有害光線から眼を守るといった点や、視界を広くといった点から、一般的なメガネフレームと比較すると、レンズのカーブがきつく、大きいレンズサイズが必要となるのですが、一般に強度のお度数になればなるほど、レンズのカーブが浅く、レンズサイズも小さくなってしまうことが多いので、作製ができなくなってしまうという製作の面があります。

そして、そり角の強いサングラスフレームやカーブレンズは、本来は必要ではない、不要なプリズムの発生や、度数の変化、レンズの収差などにより見え方は悪くなり、ゆがみもどうしても多く発生してしまうという見え方の悪化があり、現在見え方については、レンズ設計の進化や、度数補正、不要なプリズムを打ち消すためのプリズム補正などでかなり軽減できるようになっているとはいえ、強度数になればなるほど基本的に見え方は悪くなってしまいます。

さらに、レンズはサイズが大きくなればなるほど厚みがでてしまうものなのですが、カーブレンズは更に通常のレンズよりも厚くなってしまうといった、外観的な問題と重さによる、フィッティングの崩れなどが起こってしまうんですね。

そのため、お度数などによっては、強カーブ・大口径のサングラスなどでは当店も度付き仕様にできないこともあるのですが、お客さまのお好みや目的などから、作製のできるフレーム・レンズをお探しすることは可能です。

実はここが専門店の腕の見せ所だったするんですね。

たとえば、お客さまの第一希望はハイカーブ&大口径のアイウェアだったとして、もちろん、なるべくお客様のご希望にはお応えしたいのですが、様々な面で作製することができない、もしくは、仮に外観などを犠牲にすればできたとしても他の理由などからオススメできない場合は、なんとかお客さまのご希望に添わせることができる、第二希望のものをご一緒に見つけていくということになります。

今回も、そういった個々の状況から、ハイカーブ&大口径のアイウェアではなく、スリムなお客さまのお顔立ちにもフィットしスポーツコンディションでの快適性や強度の面など、様々な面を考慮し、REC SPECS(レックスペックス)をお選びいただきました。

レンズは、強度数でも必要なレンズのカーブをつくることができ、お客さまご希望の偏光レンズで作製できるレンズはPOLATECH(ポラテック)以外にはありませんでした。

POLATECHは従来の偏光フィルムを挟み込むといった作製方法ではなく、コートタイプの偏光レンズとなっており、従来の偏光レンズより薄く仕上げることができ、さらに、剥離の問題などから作製できなかった、ナイロールフレームやフチなしフレームでの作製も可能になっています。

もちろん、HOYAレンズは遠近両用をはじめ、カーブレンズなど様々な最新設計のレンズを作製しているため、そちらの技術はそのままに偏光レンズ化できるといったメリットもありますね。

いかかでしょうか?

強度数を感じさせないきれいな仕上がりになっていますね。

スポーツアイウェアのことならぜひ当店にご相談くださいませ。