OAKLEY(オークリー)FLAK JACKET(フラックジャケット)度付き可視光調光レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK JACKET(フラックジャケット)度付き可視光調光レンズです。

FLAK JACKETは現行モデルのFLAK2.0の先代モデルにあたり、FLAKシリーズの始祖として、当店ではメーカー販売終了した今でも、お問い合わせがあるほど大変人気なモデルなんですね~

当店でも販売終了前にオーダーし、ストックしておいたFLAK JACKETが
あと数本残っているだけになってしまいました。

丁度いいサイズ感に、軽量なO Matterフレーム、Unobutainiumのノーズパッド、イヤーソックが装着され、当店でもたくさんのお客様にご愛用いただいたモデルでした。

レンズのシェイプはノーマルシェイプとスポーテイなXLJシェイプがあり、今回作製させていただいたシェイプがXLJシェイプになります。

FLAK JACKETのオークリー純正度付きレンズでのサポートが終了してしまっているので、他メーカーのレンズを使用し、強度のお度数のため、作製にも工夫が必要となりますね。

レンズは、可視光線にも反応して濃度変化する、可視光線調光タイプのブラウンカラーをお選びいただきました。

こちらは紫外線だけでなく、光の強さそのものに反応するので、今までの紫外線のみに反応するタイプの調光レンズより、幅広いシチュエーションで活用できるようになっています。

もちろん、スポーツで使用されるとのことなので衝撃に強いレンズ素材で作製させていただきました。

強度のお度数でレンズが厚くなってしまうのと、FLAK JACKETは現行モデルのFLAK2.0と比較すると前傾角の影響などにより、レンズの下端が頬につきやすくなるため、社外ノーズパーツで高くさせていただき、フィッティングも良好にすることができました。

いかがでしょうか?
かっこいい仕上がりですね~

皆様も快適なスポーツアイウェアを作製されてみてはいかがでしょうか?

オリジナルオーバーグラス~超高性能多機能レンズドライブウェア~!!

こちらは先日作製させていただきました、当店オリジナルのオーバーグラスです。

オーバーグラスはメガネの上から掛けることのできるサングラスで、カバーグラスと呼ばれることもあり、お手軽に装用できることもあって人気アイテムとなっていますね~

最近は、レンズカラーの濃いめのオーバーグラスだけではなく、薄めのレンズを採用したグラスも発売されていますが、偏光調光などの高機能レンズがセッティングされている市販モデルは中々ないため、当店では、お客さまのご希望のレンズを加工・セッティングしたオーバーグラスを作製しています。

今回お客さまにリクエストしていただいたレンズは、偏光機能+調光機能(紫外線・可視光線)+コントラスト機能+UVカット機能を搭載した、超高性能多機能レンズ「ドライブウェア」です。

「ドライブウェア」は文字通りドライブはもちろん、アウトドアシーンで最適なレンズとして数年前に登場し、路面のギラツキなどを「偏光機能」がカットし、紫外線・可視光線、Wに反能する「調光機能」が様々な照度でのコンディションに対応します。

薄明かりや室内でのコンディションでは、グリーンイエローカラーで、コントラストを上げ視認性の良い明るい視界を確保し、ドライビング時では、UVカットのフロントガラス採用車でも可視光線に反応してコパー系のカラーに変化、さらに屋外でのアクテビティでは、紫外線・可視光線に反応してダークブラウンに変化することで、まぶしさを大幅に軽減、もちろん偏光機能により水面などの乱反射も抑えてくれます。

複数の機能がこちらの「ドライブウェア」には搭載されているんですよ~

いかがでしょうか?

当店では、オーバーグラスや様々なアイウェアにオーダーメイドでレンズをセッティングさせていただいておりますので、ご希望のレンズがございましたら、お気軽にご相談ください。

OAKLEY(オークリー) HOLSTON(ホルストン)度付き可視光調光サングラス!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー) HOLSTON(ホルストン)です。

HOLSTONは軽量でかけ心地の良いオークリー特許素材O Matterが採用され、シンプルなスクエアシェイプのデザインで普段使いしやすいアイウェアですね~

こちらのHOLSTONに、お客様のご希望により、度付き可視光調光レンズをセッティングさせていただきました。

オークリー純正レンズだと可視光調光レンズは現在のところラインナップされていないので、他メーカーのレンズを使用し、作製させていただいています。

可視光調光レンズは、従来の紫外線にのみ反応するだけでなく、光そのものにも反応するため、車内や屋内でも状況によっては小・中程度に濃度変化する点と、高温下であっても、紫外線のみに反応する調光レンズよりは着色濃度が若干高いといった特徴があります。

お車の運転中に眩しさを完全にブロックできると言えるほどは濃度変化しないものの、ある程度変化し、濃度が最も薄くなった状態でも数%程度の色がついた状態になります。

今回作製させていただいたお客様の使用されるシチュエーションでは、可視光調光がベストでした。

ノーズパッドも元々付いているスモールから純正のラージパッドに交換させていただいています。
カッコいい仕上がりですね~

利便性の高い調光レンズは様々なメーカーから多種の種類が登場していますよ。
ぜひ、店頭でチェックしてみてくださいね。