OAKLEY(オークリー) DEADBOLT(デッドボルト) × 夜間運転可能な偏光レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) DEADBOLT(デッドボルト)です。

ラウンドシェイプとこだわりのデザインで人気沸騰中のOAKLEY DEADBOLTは、チタンを採用したフレーム&バネ丁番で、かけ心地の良さもいいですよ~

今回お求めのお客様は、夜間での車の運転時にまぶしさと見づらさを感じており、メガネを新調していただくことになりました。

時々、お客様から夜間運転、とくに雨時の夜間の運転がまぶしいといったお悩みをお受けすることがあります。
まぶしいと感じているのであればまぶしさを抑えることのできるサングラスをかければいいじゃない?と思われる方も多くいらっしゃると思うのですが、夜間運転時に装用できるカラーレンズには実は制限があるんです。

というのも安全基準としてJIS規格により、視感透過率75%未満のレンズは薄暮れ又は夜間時における運転又は路上での使用禁止と定められています。

もう少しわかりやすくすると、濃度がおおよそ25%を超えるレンズでは光量不足で視力が低下する場合があり、危険なので運転や路上での歩行では使用しないでくださいね、ということになります。

では、濃度がおおよそ25%を超えるレンズで夜間の運転をしていたら法律違反になるのか?ということになるわけですが、この場合ですと法律違反ではないけど、大変危険で、万が一、夜間運転不適合のレンズで事故などを起こしてしまった場合に、過失割合が大きくなったり、裁判などでは不利になってしまう場合があります。
そのため当店では、大切なお客さまを危険な目にあわすわけにはいかないので、夜間での使用はしないように、ご注意とご説明を十分にさせていただくようにしています。

それでは、夜間の運転はまぶしいのを我慢するしかない?
そんなことはありません。
現在では、各レンズメーカーから、夜間運転を快適にできるように工夫されたレンズが発売されているんですよ~

今回作製させていただいたお客さまも、実際に暗くなってから来店していただき、車のライトなどをチェック、様々な夜間運転時におすすめなレンズをテストしたうえで、夜間運転可能な偏光レンズをチョイスしていただきました。

偏光レンズというと、よく当店のブログなどでも登場するのですが、一般的にまぶしさだけでなく、水面のギラツキやテカリまで軽減するレンズで、どれも濃度はある程度濃く、いわゆるサングラスのようなレンズが多いことにお気づきになった方も多くいらっしゃると思います。

それは、偏光レンズには可視光線透過率だけでなく、偏光度というものがあり、基本的に、可視光線透過率が低い(レンズの濃度が濃い)ほうが効率よく偏光度(ギラツキやテカリをカット)を高くすることができるからです。

例えば、可視光線透過率30% 偏光度99%という表記の偏光レンズの場合、レンズの濃度はコートなどで多少変化しますが、約70%で、乱反射などの雑光を99%カットできるレンズですよ、ということになるわけですね。

偏光度が高いと偏光レンズとしての効果が高いため、 可視光線透過率が低く、偏光度が高いレンズだと、まぶしさも乱反射も大きくカットすることはできる半面、見え方は暗くなりいわゆるサングラスになっていきます。
一方で、可視光線透過率が高い(レンズの濃度が薄い)もので偏光度を高くすることは中々難しくなります。
例えば、半透明(薄い)ブラインドカーテンがあるとして、それだと閉まっている状態でも光を通してしまうわけです。
つまり、可視光線透過率が高く、偏光度は低いレンズでは、まぶしさと乱反射を大幅に軽減することはできなくなってしまうけれど、視界は暗くなり過ぎないので低照度などでも使用できるということになります。

そのため、お好みや、使用されるシチュエーション、目的などによってレンズを選んでいただく必要があるんですね~

こちらの偏光レンズは、カタログ値だと、透過率76%、偏光度38%となっており、一般的な濃い偏光レンズと比較すると偏光度、レンズの濃度ともに低く、完全にまぶしさ、乱反射を抑えることはできないものの、夜間運転が可能な範囲で、一般的な同程度の透過率を持つカラーレンズより反射を軽減してくれるので、雨時の夜間の運転などで道路に溜まった雨水の乱反射なども抑えることができます。

こちらの眼鏡をお渡しさせていただいてから数週間後に、かなり効果があったとうれしいご報告をいただきました。

もし、同じように夜間での運転などでお困りの方がいらっしゃいましたら当店では、実際にテストレンズではありますが、どのように見えるのかお試しいただくことができますので、お気軽にご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー) FLAK2.0(フラック2.0) PRIZM LOW LIGHTモデル入荷致しました!!

先日ご紹介させていただきました、RADARLOCKだけでなく、FLAK2.0(フラック2.0)からも待望の、 PRIZM LOW LIGHTレンズモデルが発売されました。

度付き・度なしを問わず人気のFLAK2.0(フラック2.0)です。

かけやすく軽量で男女を問わず使用できるスタイルが魅力ですよね。

まだまだ、OAKLEY NEWモデルが続々と入荷してきておりますよ~

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

OAKLEY
FLAK2.0
POLISHED BLACK
PRIZM LOW LIGHT
¥23,000+税

OAKLEY(オークリー) RADARLOCK(レーダーロック) PRIZM LOW LIGHTレンズモデル入荷致しました!!

OAKLEY(オークリー) RADARLOCK(レーダーロック) にもPRIZM LOW LIGHTレンズモデルが発売となりました。

PRIZM LOW LIGHTは、可視光線透過率76%と夜間運転でも装用可能な薄いレンズカラーとなっています。

そのためまぶしさを大きく減光させるというよりは、クリアレンズに次ぐ明るさをキープしつつ、紫外線カット機能、防塵などの目的プラス、ピンクベースのカラーによりコントラストを高める機能が付加されているレンズとなっています。

照度のあまりない環境や、夜間などの自転車やランニングなどにもおすすめですよ~

結構薄いレンズカラーは需要があるので、多くのアスリートの方が使用している RADARLOCKからも発売されたことは、とてもうれしいことですよね~

皆様いかがでしょうか?

OAKLEY
RADARLOCK
POLISHED BLACK
PRIZM LOW LIGHT
¥27,000+税

OAKLEY(オークリー) QUATER JACKET(クォータージャケット)リプレイスメントレンズ作製!!

こちらは先日リプレイスメントレンズ作製のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー) QUATER JACKET(クォータージャケット)です。

QUATER JACKETは、コンパクトなサイジングで、小顔な方やユース世代の方におすすめなアイウェアです。

今まではOAKLEY純正レンズのブラックイリジウムがセットされていたのですが、レンズカラーが濃いため、使用するシチュエーションが限定されてしまうとのことで、今回は悪天候時にも使用することができる、調光レンズを選択していただきました。

QUATER JACKET用のOALEY純正リプレイスメントレンズの中に調光レンズのラインナップがなかったため、他社レンズで作製させていただきました。
耐衝撃性に優れ、室内や夜間では、薄ブラウン系のカラーから、紫外線に反応してグレーに変化していく調光レンズです。

これで、様々な気象条件で使用することができますね~
サイクル系のスポーツにおすすめですよ~

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) ZYON(ジオン)カスタム!!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)度付き ZYON(ジオン)です。
お客様のリクエストにお答えしてカスタマイズさせていただきました

今回お求めいたいたお客様のアイウェアは、異物の侵入を防ぐといった性能を高めることに重点をおいています

そのため、当初はガスケット付きのアイウェアや、より湾曲のついたアイウェア、花粉用などのゴーグルなどを試していただきましたが、眉間部に大きく空隙ができてしまったりなど、フィットが中々良くありませんでした。

本来、優れた防風・防塵性能を備えたつくりになっているアイウェアであっても使用する“人”に合っていなければ、その機能を発揮することはできないばかりか、かえって多くの塵などの異物の侵入を許すことになってしまう場合があります。
そのため、来店していただき試着、フィッティングがとても重要になります。

画像下のフレーム、レンズともにクリアなアイウェアはノーマルなジオンになります。

様々なアイウェアを試着していただき、フィッティングや外観、機能などの面から、ジオンをベースに、お客さまのご要望をカスタマイズすることで解決させていただきました。

ジオンは、お顔を包み込むハイカーブのフレームで、調整可能なノーズパッド、テンプルを有しており、付属している、着脱可能なサイドシールドなどにより元々防風性能の高いアイウェアとなっています。

レンズはハイカーブレンズを、各種データにより補正、最適化できる設計、カラーはイエローをお選びいただきました。

イエローレンズは、曇天時や悪天時に効果を発揮、夜間運転も可能な、コントラスト性に優れたレンズの一つです。

フレームをカスタムしていきます。

異物の侵入防止効果を高めるため、フレームの上部にストッパーパーツの取り付けを行い、これは、汗止めや衝撃の吸収にも一役買ってくれます。
パーツが劣化したら交換も可能です。

防埃性能を高めて密閉する方向に持っていくと、今度はレンズがよりくもりやすくなるため、レンズにはくもりを減少させる、最小限のオリジナルベンチレーション+強力くもり止めで対応します。

ベンチレーションは、お客様の活動や目的、外観に支障がない程度に今回はとどめています。
よりくもりにくくするにはベンチレーション個所と大きさを変えることや、レンズコーティングで防曇効果を持ったレンズなどがあります。

さらに、こちらもオリジナルのスポーツバンドをステムエンドに取り付けて、耳まで覆うキャップに対応するよう、さらに、激しい活動中でも安定したフィット感を保てるように致しました。

これらのカスタムはお客様のご希望などを伺い、その特徴をご理解いただいて行っております。

かっこいい仕上がりですね~
皆様もぜひ、ご相談くださいね~