人気のグレーブルー系カラーレンズをOAKLEY(オークリー)FROGSKINS(A)(フロッグスキン)にセッティング!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FROGSKINS(A)(フロッグスキン)です。

数年前から流行中のグレーブルー系のカラーレンズを度付き仕様でセッティングさせていただきました。

こちらはサングラスとしてはやや薄めの50%カラーです。

ファッションアイコンとしても人気の、FROGSKINSにはとても似合うカラーですよね~

グレーやブラウンとは異なった魅力がブルー系のレンズにはあり、クールで男の色気を感じさせてくれるようなイメージに仕上がるんですね~

レンズの表面はサングラス風の白っぽい反射光に、レンズ内面は反射防止コートの仕様で、カッコよく仕上げさせていただきました。

いかがでしょうか?

皆様もお好みのカラーでアイウェアを作製してみませんか?
皆様のお越しを心よりお待ちしております

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)IMPULSE(インパルス)フリップアップ度付き加工!!

こちらは先日作製させていただきました、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)IMPULSE(インパルス)フリップアップです。

前モデルのエクセプションなき今、ハネアゲ式のスポーツアイウェアの一番人気ですね。

IMPULSEの良さは様々あるのですが、一番はバランスが良いということにあります。

ハネアゲ式のスポーツアイウェアは、レンズが2枚重なることととなり、フリップアップさせるアクセサリーも必要となることから、どうしても重量がでてしまい、アイウェアとしての重量配分もレンズのある前に集中してしまいますね。

すると、例えば華奢なフレームだったり、ステムの調整ができないモデルだったりすると、アイウェアがずり下がりやすかったり、定位置でフィッティングできなかったりするものなのですが、IMPULSEはステムが簡単に調節可能で、ずり下がるのを防止できますし、フロントフレームはフレキシブルなのに対し、ステムはしっかりとしたつくりにすることで安定したバランスをとっているんだろうと思います。

どちらかだけだと安定性に欠けたり、きつくなり過ぎたりしてしまうんですね。

それには、もう一つ、多くのRUDY PROJECTのアイウェアがいわゆるスポーツに特化した高ラップ、ハイカーブ、タイトといったフィッティングモデルになっている中、IMPULSEは、そのあたりを少し緩くしており、日本人にも合いやすい調整がなされているというのも上記のバランスの良さに繋がっているんだと
思いますね。

きついフィッティング、重量があるモデルだと必ずアイウェアはずり下がってしまいます。

ずり下がってしまうとプロテクションどころか「見る」といったメガネとして一番大切なことができなくなってしまうんですね。

IMPULSEはそのあたりが最大の長所であり、少し短所と言える点にもなってしまっています。

丁度前モデルのエクセプションからIMPULSEに買い替えをされる方が年々多くなってきているのですが、エクセプションの方がやはりRUDY PROJECTのフィッティングなんですね。
つまりタイト、高ラップなんです。

エクセプションの方が前傾角といわれる角度もきつくなっている点や、アウターのレンズの形状なども、一概には言えませんが、ライド中の風防効果などはエクセプションに軍配があがるといえますね。

というのもそのあたりを両モデル作製していただいたお客さまにインプレッションいただき、フィッティングなどで改良できないか模索しているところなのですが、その点を差し引いてもIMPULSEは大変優秀なモデルです。

というのも、正直他ブランドなどでも、IMPULSEと肩を並べてお客さまにおすすめできる、ハネアゲタイプのスポーツアイウェアを見つけることが未だにできません。

今回作製したいただいたお客様は、以前パーセプションを作製させていただいており、今回、IMPULSEをお求めに、野球をはじめ、様々なスポーツや環境で使用したいのでハネアゲが一番しっくりくるとお話してくださいました。

あと、IMPULSEはフリップアップを外しても外観がすっきりしていてカッコいい点も大変評価いただいております。

眼鏡としての使用も十分できますよ~

数少ない本格派ハネアゲ式スポーツアイウェアIMPULSE、皆様いかがでしょうか?

スポーツにもビジネスにも OAKLEY(オークリー) CROSSLINK(クロスリンク)シリーズはいかがでしょうか?

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、OAKLEY(オークリー) CROSSLINK MNP(A)(クロスリンクMNP)です。

CROSSLINK MNPはCROSSLINKシリーズの特徴でもある、交換可能なステムや、高さなどの異なった、数種類のノーズパッドが用意され、お鼻の形状などにより交換することができる画期的な機能を搭載したモデルになります。

DSC_0005s0

登場した当初のモデルは6カーブベースでしたが、のちにアジアンフィットモデルが発売され、レンズの低カーブ化、そり角やスタイルなども仕様変更がなされています。
こちらは後者のモデルですね。

CROSSLINK(クロスリンク)シリーズは、元々のコンセプトがスポーツにもビジネスにも使用できるユーティリティーなアイウェアとして登場し、多くの派生モデルがリリースされ、中心となっている、CROSSLINKや、CROSSLINK PITCH、CROSSLINK MNP(A)などは現在でも大変人気となっています。

CROSSLINKシリーズの中でも、上記3つのモデルはレンズシェイプや天地幅などが若干小さめなので、ややビジネスよりのアイウェアなのに対し、CROSSLINK ZEROなどはフレームの形状や、ワイドなレンズシェイプ、フレームカーブもきつくなるので、スポーツを強く意識したモデル、CROSSLINK FITは、その中間に位置するアイウェアとなっていますね。

そのため、使用する用途などでお選びいただくことができますよ~

人気のCROSSLINKシリーズ皆様もいかがでしょうか?

OAKLEY(オークリー) 日本ハムファイターズ RADAR LOCK(レーダーロック)× EXP GRAY POLARLIZED ピンクゴールドミラーダイレクト度付きサングラス!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、ジャパンベースボールコレクション、日本ハムファイターズRADAR LOCK(レーダーロック)ダイレクト度付きサングラスです。

レンズは、衝撃性能に優れた、EXP GRAY偏光レンズにピンクゴールドミラーをセッティングさせていただきました。

一眼タイプの大口径が必要なアイウェアも中央でセパレートすることにより、一般的なカラーレンズだけでなく、偏光レンズでも、調光レンズでも作製が可能ですよ~

気品あふれるピンクゴールドのミラーがカッコいいですね~

お仕事やスポーツで使用されるとのことでした。

屋外でのスポーツや作業では、眼に有害な紫外線などを効果的に遮るサングラスが必要です。

皆様の大切な眼を守るため、ぜひ、ご自分にあったアイウェアをお探しくださいね。

OAKLEY(オークリー) TOKYO CELEBRATION COLLECTION(トーキョーセレブレーションコレクション)FLAK2.0(フラック2.0)度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、TOKYO CELEBRATION COLLECTION(トーキョーセレブレーションコレクション)、FLAK2.0(A)(フラック2.0A)度付きサングラスです。

先日発売された取扱店限定のTOKYO CELEBRATION COLLECTIONモデルのFLAK2.0(A)を、度付きサングラス化させていただきました。

光の角度によって表情の違う、マジョーラカラーが本当にキレイですね~

レンズは人気のオークリーPrizm Sapphire Iridium Polarizedをお選びいただきました。

偏光レンズは、水面や芝などの照り返しによるギラツキをカットし、乱反射を防いでくれるレンズとなっています。

釣りなどでは水面がキラキラ光ってしまうと、ウキや水中が見えなかったりするので、偏光レンズがオススメですね。

いかがでしょうか?
とてもキレイな仕上がりですね~

7月に入り度付きスポーツアイウェアのご注文を多くいただいております。

オークリー純正レンズなどのハイカーブアイウェアは一般的な眼鏡を作製するより日数がかかってしまいますので、ご納期にゆとりをもった作製計画をお願い致しております。

各メーカーおおよそのご納期の目安は、
オークリー純正度付きレンズ 約2週間~3週間
国内レンズメーカー 約1週間~2週間
ICRX NXT 約3週間~1カ月

レンズの種類やフレームの種類によっても異なってきますので、詳しくは店頭でスタッフにお尋ねくださいませ。

TOKYO CELEBRATION COLLECTION在庫僅かとなっておりますのでお求めの方はお早めにお願い致します。