RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) STRATOFLY(ストラトフライ)度付き調光サングラス!!

ルディ ストラトフライ調光 1

こちらは先日作製させていただきました、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)STRATOFLY(ストラトフライ)度付き調光サングラスです。

お度数などの関係から、OPTICAL DOCK(オプティカルドック)を使用して度付き化させていただきました。ルディ ストラトフライ調光 2

レンズは紫外線量で濃度変化する調光タイプのレンズにレッドミラーをチョイスしていただきました。ルディ ストラトフライ調光 3

OPTICAL DOCKによる度付き方法は、お度数がある程度強度数でも作製することができ、様々な材質、種類のレンズをセットすることのできる、新たな選択肢として、当店では人気なんですよ~

かなり強度のお度数のお客様でしたので、レンズの厚みはある程度あるのですが、OPTICAL DOCKのデザインがうまく隠してくれていますね。

正面からはもちろん、サイドからもレンズのコバ厚はほとんど見えません。ルディ ストラトフライ調光 4

皆様いかがでしょうか?

カッコいい仕上がりですよね~

ぜひ、店頭でご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー) PITBULL(ピットブル) 度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) PITBULL(ピットブル)度付きサングラスです。

遠方より当店にいらしていただき本当にありがとうございます。

OAKLEY純正度付きレンズの製作範囲を超えるお度数で作製ができないと言われてしまったとのことで、当店まで足を運んでくださいました。

視力を測定させていただくと、やはりお度数が強く、作製できるレンズは大分限られてしまいましたが、問題なく作製OKです。

お度数が強度になればなるほど、ハイカーブタイプのアイウェアは様々なデメリットが多くなってしまうので、お客様の使用目的や希望の見え方などから、おすすめではないケースもあるのですが、最近では、レンズの設計、お客さま一人一人個別にレンズをカスタムしていくという、インディビジュアル設計などにより、様々なデメリットもかなり軽減できるようになってきています。

しかしながら、レンズの厚みや見え方も、どんなに設計や、補正などで工夫しても、全く一般的な眼鏡と同じというわけにはいかないところもあるので、当店では、ハイカーブアイウェアをお求めのお客様に、ハイカーブのテスト枠でのチェックはもちろんのこと、メリットだけをお話するのでなく、きちんとデメリットなどをご説明させていただいております。

ドライブやレジャーで使用したいとのことで、OAKLEY PITBULLをお選びいただきました。
まだまだ大人気のOAKLEY  PITBULLですが、ストックしておいた在庫がかなり少なくなってきています。

レンズは、まぶしさを大きく軽減したいと、濃グレーをベースに、反射の強めなシルバーミラーをチョイス、オークリー純正レンズでいうところのブラックイリジウム系をご希望でしたので、近い状態に仕上げさせていただいています。

かっこいいですね~

ノーズもカスタムさせていただき、おかけ具合も良好です。

海に山にとサングラスが必要不可欠な季節ですね~
ぜひ、カッコよくサングラスを作製しましょう!