OAKLEY(オークリー) CROSSLINK YOUTH(A)(クロスリンクユース)強度数作製、ノーズカスタム!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) CROSSLINK YOUTH(A)(クロスリンクユース)です。

強度の近視のお客様で、S-11.00を超えるお度数でした。
そのため、いわゆるスポーツ用のアイウェアは中々作製することができなかったそうです。

カーブが強めのモデルでも、レンズを前面にせり出して加工させていただいてもよろしければ、できなくはないのですが、外観は若干悪くなってしまうことがあります。

そのため、外観もあまり損ねることなく、スポーティで、普段使いもできるアイウェアを、ということになり、こちらの、CROSSLINK YOUTH(A)をお選びいただきました。

CROSSLINK YOUTH(A)はクロスリンクシリーズの中ではXSに次いでサイズの小さいモデルなので、強度のお度数の方には、幅などが合えばおすすめのモデルとなっています。

可能な限りレンズの厚みを薄くでき、内面非球面により歪みなども少なく、フレームのカーブに近づけることのできるレンズをチョイスしていただき、できるだけレンズを前面にださないように、それでいて、レンズは歪みがでないように工夫して加工しています。

レンズの厚みを利用して、フレームにセットするために必要なカーブを作り出し、なんとか、あまりフレーム前面に出さないで加工できました。

さらに、まつ毛がついてしまわないようにするためと、メガネの重量配分的に、大きくフロント側に荷重がかかってしまうのは避けられないため、お鼻への圧を軽減するためにノーズをカスタマイズ、さらに、テンプル側にも負荷させるため、メガロックミニを装着させていただきました。

これらのカスタムは当店でお求めいただいたアイウェアで、お客様にご希望いただくか、もしくは、ご提案させていただき必要な場合にカスタマイズ致しております。

OAKLEYのクロスリンクシリーズは一般的なメガネフレームと比較すると、そり角と呼ばれる角度がついており、角度のついたかけ枠などで事前にチェックさせていただく必要があります。

特に強度数の方は、違和感がかなりでることが多いので、補正などの度数調整などが必要になる場合がございますので、当店にお越しいただき、ご相談くださいますようお願い致しております。

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) STRATOFLY(ストラトフライ)オプティカルドック × POLATECH(ポラテック)偏光レンズ!!

こちらは先日作製させていただきました、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト)STRATOFLY(ストラトフライ)オプティカルドック度付きサングラスです。

遠方よりご来店くださいました。

かなり強度の近視があるため、一度他店様でハイカーブ度付きサングラスをお作りいただいたことがあるそうなのですが、強度のお度数では、作製できなかったそうで、かなり度を落としてお作りになり、見え方がよくなかったので、最近はコンタクトレンズを使用して度なしのサングラスを装用しているとのことでした。

そのため、当店のブログなどを見ていただけたそうで、オプティカルドックなら製作できるのではと、フレームお持ち込みでのご相談にいらしてくださいました。

測定させていただくとS-7,00と、やはり、かなり強度の近視があり、お客様のご希望は釣りなどで使用したいため、度付き偏光レンズで、できるだけ外観を損ねないように仕上げたいとのことでした。

元々、オリジナルのSTRATOFLYはハーフリムタイプで8カーブのレンズがセッティングされており、オリジナルのレンズの形状での度付きもお度数などによっては可能なのですが、8カーブ、大口径と、度数が強度になればなるほどレンズメーカーがレンズを作製することもできなくなってしまいます。

オプティカルドッグは6カーブに減じられており、さらに6カーブぴったりでなくても、レンズを加工する際に工夫することで問題なく仕上げることができる場合があります。

今回お客さまのご希望をふまえ、ご提案させていただいたレンズは、HOYAのPOLATECH(ポラテック)という偏光レンズです。

従来の偏光レンズが偏光のフィルムを中央に挟み込むように配置しているのに対し、POLATECHは、レンズ表面に偏光の性能を付けたコートタイプの偏光レンズとなっています。

コートタイプのメリットとしては、従来の偏光レンズだと剥離などの問題から難しいとされていた下縁のないナイロールタイプなど様々なフレームに適応できる点や、HOYAが手掛ける遠近両用などの様々な種類に対応している点、さらに薄く仕上げることができる点などがあります。

レンズカラーはブラウンのバルザックカラーに、シルバーミラーをお選びいただきました。
キレイに仕上がっていますね~

フレーム前面とレンズの前面をなんとかツライチで仕上げることができました。

オプティカルドックはレンズの厚みがでる部分を隠してくれるデザインなので、サイドから見てもほとんど厚みはわかりません。

後ろからみると厚みはある程度出ていますが、通常の同屈折率のサンドイッチタイプの偏光レンズよりも薄く仕上げることができています。

強度のお度数でも、オプティカルドック なら度付きサングラスにできる場合がありますよ。

ぜひ、当店にご来店いただき、ご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(フラックベータ)度付き調光サングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(フラックベータ)度付き調光サングラスです。

強度の近視のお客様よりご依頼いただき、オークリー純正レンズでは作製することができなかったため、他ブランドのレンズを使用させていただきました。

薄いグレーから紫外線に反応し、濃グレーに変化する紫外線調光レンズなので、夜間や低照度で使用される場合にも重宝しますね。

カーブレンズで強度数になるとかなりレンズが厚くなってしまうので、できるだけ厚みを感じさせないように、工夫した加工が施されています。

お仕事やアクテビティなど、お客様のご使用状況やお好み、フィッティングなどから、FLAK BETA&調光レンズがベストチョイスでした。

諸条件などによっては、強度のお度数でも作製できる可能性がありますので、ぜひ当店にお気軽にご来店くださいませ。

RUDY PROJECT(ルディプルジェクト) STRATOFLAY(ストラトフライ)オプティカルドック度付きサングラス!!

こちらは先日お求めいただきました、RUDY PROJECT(ルディプルジェクト)STRATOFLAY(ストラトフライ)度付きサングラスです。

お客様のお度数がS-7,00とかなり強度数のため、当初はインナータイプで度付きにしようとお考えいただいていましたが、お客様のご要望などを伺っていると、
インナータイプよりはメンテナンスも楽で、視界もある程度確保できる点、外観的なことなどから、やはりできれば、一枚のレンズにしたいとのことでしたので、オプティカルドックを使用する方法をご提案させていただきました

RUDY PROJECTアイウェアのライドン、ライドンスリム、フォトニック、ストラトフライの4つのモデルで、オプティカルドックという度付きシステムを使用することができます。

当店では、ストラトフライのオリジナルのレンズに近い形状でダイレクトで度付きにすることも可能ですが、強度のお度数の場合、製作面や外観的な面などから難しくなるため、オプティカルドックなどを使用して作製する方法を推奨させていただいています。

オプティカルドックフレームの耳側はデザイン的に厚みがあるので、強度のお度数で厚みがでても隠してくれるんですね~
いかがでしょうか?
強度のお度数が入っているように見えない自然な仕上がりで、カッコいいですよね~

普通に加工するだけでは、こういったうまい具合に作製することはできないので、見えない部分で様々な工夫をしています。

こういった見えない工夫の部分が一番大事なことだったりしますね。

今年はスポーツをする機会が減っていると思いますが、3密にならないように気を付けながら、楽しんでいただけるといいですね。

REC SPECS(レックスペックス)×コートタイプの偏光レンズPOLATECH(ポラテック)!!

こちらは先日作製のご依頼をいただきました、REC SPECS(レックスペックス)です。

今回作製させていただいたお客さまはかなり強度の近視があり、中々スポーツタイプのアイウェアを作成することができず、市外より当店にいらしてくださいました。

お度数を拝見させていただくとS-7.00D以上とスポーツアイウェアを作成するにはやはり中々厳しい状況でした。

何が厳しいかというと、まず多くのスポーツアイウェアが、紫外線などの有害光線から眼を守るといった点や、視界を広くといった点から、一般的なメガネフレームと比較すると、レンズのカーブがきつく、大きいレンズサイズが必要となるのですが、一般に強度のお度数になればなるほど、レンズのカーブが浅く、レンズサイズも小さくなってしまうことが多いので、作製ができなくなってしまうという製作の面があります。

そして、そり角の強いサングラスフレームやカーブレンズは、本来は必要ではない、不要なプリズムの発生や、度数の変化、レンズの収差などにより見え方は悪くなり、ゆがみもどうしても多く発生してしまうという見え方の悪化があり、現在見え方については、レンズ設計の進化や、度数補正、不要なプリズムを打ち消すためのプリズム補正などでかなり軽減できるようになっているとはいえ、強度数になればなるほど基本的に見え方は悪くなってしまいます。

さらに、レンズはサイズが大きくなればなるほど厚みがでてしまうものなのですが、カーブレンズは更に通常のレンズよりも厚くなってしまうといった、外観的な問題と重さによる、フィッティングの崩れなどが起こってしまうんですね。

そのため、お度数などによっては、強カーブ・大口径のサングラスなどでは当店も度付き仕様にできないこともあるのですが、お客さまのお好みや目的などから、作製のできるフレーム・レンズをお探しすることは可能です。

実はここが専門店の腕の見せ所だったするんですね。

たとえば、お客さまの第一希望はハイカーブ&大口径のアイウェアだったとして、もちろん、なるべくお客様のご希望にはお応えしたいのですが、様々な面で作製することができない、もしくは、仮に外観などを犠牲にすればできたとしても他の理由などからオススメできない場合は、なんとかお客さまのご希望に添わせることができる、第二希望のものをご一緒に見つけていくということになります。

今回も、そういった個々の状況から、ハイカーブ&大口径のアイウェアではなく、スリムなお客さまのお顔立ちにもフィットしスポーツコンディションでの快適性や強度の面など、様々な面を考慮し、REC SPECS(レックスペックス)をお選びいただきました。

レンズは、強度数でも必要なレンズのカーブをつくることができ、お客さまご希望の偏光レンズで作製できるレンズはPOLATECH(ポラテック)以外にはありませんでした。

POLATECHは従来の偏光フィルムを挟み込むといった作製方法ではなく、コートタイプの偏光レンズとなっており、従来の偏光レンズより薄く仕上げることができ、さらに、剥離の問題などから作製できなかった、ナイロールフレームやフチなしフレームでの作製も可能になっています。

もちろん、HOYAレンズは遠近両用をはじめ、カーブレンズなど様々な最新設計のレンズを作製しているため、そちらの技術はそのままに偏光レンズ化できるといったメリットもありますね。

いかかでしょうか?

強度数を感じさせないきれいな仕上がりになっていますね。

スポーツアイウェアのことならぜひ当店にご相談くださいませ。