OAKLEY(オークリー)RPM SQUARED(RPMスクエアード)調光レンズ交換!!

こちらは、先日レンズ交換させていただいた、OAKLEY(オークリー)RPM SQUARED(RPMスクエアード)です。

当店で約8年前に購入され、ウォーキングなどでご愛用いただいておりましたが、レンズが傷だらけになってしまったとのことで、レンズ交換をご依頼くださいました。

今までは、OAKLEYレンズのVR50を使用されておりましたが、RPM SQUAREDは数年前にメーカー販売終了により、交換用のオークリー純正レンズを入手することはできなくなっているため、他ブランドのレンズを使用させていただきました。

お選びいただいたレンズは、多彩なシチュエーションにフィットする、万能レンズの一つである、紫外線に反応し、薄グレーから濃グレーで変化する調光レンズです。

夜間から快晴、曇天時や雨天時にも使用することができ、お客様の目的やご要望にぴったりでした。

さらに、ノーズパッドも当時カスタムしており、こちらも経年的なダメージとファンデーションや日焼け止めによる染みができてしまっていたので、クリーニングとメンテナンスを行っております。

見違えるようにキレイになった愛用グラスにとても喜んでいただけました

このようにレンズを交換していただければ、まだまだご利用いただくことができますよ~。

運動は健康にいいからと、無防備に紫外線対策なしで屋外で運動されていませんか?

RPM SQUAREDのようにお顔を覆うスポーツタイプのサングラスは紫外線の入り込む隙間が通常の眼鏡と比べると少ないので、紫外線などに起因する眼病の予防や美容にも適していると言われています。

これから春を迎え紫外線が強烈になっていきます。
ぜひ、今から対策していただきたいですね。
皆さまいかがでしょうか?

OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)OCEカスタム&ダイレクト度付きグラス!!

こちらは先日お求めいただきました、OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)OCEカスタム&ダイレクト度付きグラスです!

ロードに使用する度付きアイウェアを、いつも当店でお求めいただいている、スタイリッシュな自転車乗りのお客さまより、ご相談いただきました。

現在ご利用いただいているハイカーブ度付きスポーツアイウェアよりも、更に高いレベルでの、広い視界とプロテクション効果を持つアイウェアをご希望です。

最近販売されている、ロード用のスポーツアイウェアは、視界や風防性を向上させるため、レンズの大型化が顕著で、RUDY PROJECTのCATLINEや、Kabutoの122などをはじめ、一眼タイプで超ワイドなレンズが搭載されているアイウェアが多く、インナークリップではなくダイレクトでの度付き仕様にするにはレンズが大きすぎて加工不可能なフレームが多いんです。

そんな中において、充分ワイドなレンズを搭載しながらも、度付き仕様にすることができ、優れたプロテクション性、フレーム強度を誇る、OAKLEY JAWBREAKERは、やはり、ダイレクト度付き仕様のサイクルスポーツモデルでは、トップの安定性を誇っています。

今回作製していただいたお客様も様々なスポーツアイウェアをお試しいただき、最終的にJAWBREAKERのバランスの良さを評価してくださいました。

フレームカラーは通常のラインアップカラーではなく、OCEカスタムで、パーツごとに、お客さまこだわりのカラーをお選びいただいています。

シルバーとマットホワイトをベースに組んでいただき、一見シンプルに見えますが、メタリックなシルバーが、高級感があり、ピンクの度付き調光レンズとのコントラストがとてもカッコいいですね~!!

いつも感心させられますが、皆様ホントにセンスがいい!!

レンズは、視認性の高さが特徴の薄ピンクから同色のピンクに変化するピンク調光レンズをお選びいただきました!

こちらの調光レンズは、コントラスト感度を上昇させ、ロードスポーツですと、路面状況の把握に効果的で、舗装路の割れやダートの堺目などを認識しやすくし、一般的なサングラスカラーよりも暗すぎない視界を得ることができます!

なんといっても、夜間の走行も可能なので、昼夜を問わず使用される方にもおすすめですよ。

フィッティングもとても重要ですよね。

画像上は、未調整のアイウェア、画像下は、ノーズを調整したアイウェアになります。

ノーズパッドの開きを狭くすることで、頬へフレーム下部が付着するのと、前傾状態での、眉間部にできる空隙を軽減し改善しています。

さらにステムを僅かですが頭部の形状に沿うように、内側にフィッティングさせていただき、安定したフィットとなりました。

————————————————————

ハードなスポーツ時に使用される度付きアイウェアは、ヒアリング、フレーム・レンズお選びから、視力測定、フィッティング、などなど一つ欠けてもいいアイウェアをお作りすることはできません。

当店では、今まで作製させていただいている実績が豊富にあり、お客さまからのインプレッションや感想などをお伺いし、フィードバックを実施することで、新たなチャレンジや、より良いアイウェアをご提供させていただくように、常に、技術と知識の研鑽に努めております。

スポーツアイウェアのことならぜひ、当店にお越しくださいね。

OAKLEY(オークリー)JAPAN HOLIDAY COLLECTION RADARLOCK(レーダーロック)ダイレクト度付き!! ゴールドミラー偏光レンズ!! 

こちらは先日お求めいただきました、OAKLEY(オークリー)JAPAN HOLIDAY COLLECTION、RADARLOCK(レーダーロック)度付きサングラスです!!

和柄の波が表現された限定モデルのRADARLOCK、ブラックとゴールドを基調としたカラーリングが高級感があっていいですね!

レンズはグレーの偏光レンズをベースに、フレームに合わせて、ゴールドミラーをセッティングさせていただきました。

統一感のある仕上がりがステキ過ぎますね!!

ノーズパッドは社外パーツを使用し、高さと寄せをUP、頬が付きにくく、良好なフィットを得ることができました。

いかがでしょうか?

ダイレクト度付き加工だとお好みのミラーもお付けいただくことができますし、シームレスな仕上がりがとても魅力的ですよね!

特殊な度付きサングラスはご納期が1ヵ月近くかかるものもございますので、作製の計画はお早めにお願い致します。

OAKLEY(オークリー)OCEカスタム RADARLOCK(レーダーロック)ダイレクト度付! ブルーライトを軽減しコントラスト性に秀でたレンズです!!

こちらは先日作製させていただきました、度付きの、OAKLEY(オークリー)OCEカスタム RADARLOCK(レーダーロック)です!!

フレームは視野の広さとかけ心地のよさから、RADARLOCKをお選びいただき、フレームカラーは、お好みのカラーやパーツを組み合わせてカスタム注文できる、OCEカスタムで作製してくださいました。
レッドラインのフレームカラーが鮮やかですね~!

レンズは薄めのカラーをご希望され、HCD INFINEをお選びに、こちらのレンズは、可視光線透過率80%、光マネジメント技術によりつくられたレンズで、コントラスト性に長け、ストレスのない視界が特徴、さらに、紫外線を始め、ブルーライトも軽減する効果も持ち合わせています!

屋外のスポーツはもちろん、屋内でも使用することができますよ!

レッドラインのフレームカラーに合わせて、レッドミラーもファンデーション、ベースカラーが薄いのであまりレッド反射はしませんが、補色のブルーはベースカラーである、薄いブラウンにプラスされます。

こちらのHCD INFINEは可視光線透過率80%なので、夜間の使用も可能なのですが、基本的にミラーをお付けすると、透過率が下がるので、夜間の運転などでは使用できなくなることや、ミラーが裏映りしてしまう現象などが起こりやすくなりますので、ご注意くださいね。

今回作製させていただいたお客様は、そのあたりもお話させていただいたうえで、あえてブルー味をプラスした色調に変化させているんですね~。

上級者テクニックです!

レッドを基調とした圧巻の仕上がりで、かっこいいですよね~!

快晴時には、ある程度濃度のあるレンズに交換し、二刀流で使用されるご予定とのことで、使用する天候などに合わせ、レンズをチェンジすることができれば、快適に使用できるシチュエーションが広がるのでいいですよ。

皆様も快適にスポーツができる、度付きスポーツアイウェアをおつくりされてみませんか?

みなさまのご来店心よりお待ちしております。

OAKLEY(オークリー)RADARLOCK(レーダーロック)SPINSHIFTコレクション度付きサングラス!!

OAKLEY(オークリー)SPINSHIFTコレクションのRADARLOCK(レーダーロック)を度付きサングラス化させていただきました。

ランに使用するアイウェアをお探しで、当店にお越しくださり、様々なアイウェアをご試着いただき、スタイルの良さと、優れた遮光性、風防性などから、人気のOAKLEY RADARLOCKをチョイスしていただきました。

お選びいただいたフレームカラーは限定モデルの、SPINSHIFTコレクション、様々なカラーが不規則に配置された、同じカラーリングのものはこの世に2本ない、別な塗装技術で仕上げられたフレームカラーです!

RADARLOCK(レーダーロック)を度付き化する場合、大きく分ければ、オークリー純正度付きレンズを使用し、レンズの中央だけくり抜いて度付き化する方法と、非純正レンズを使用しフレーム中央でセパレートされた度付きレンズを配置する方法がありますが、視野の広さや、セッティングできるレンズの種類やカラーが豊富なのは後者の作製方法になります。

今回作製していただいたお客様もやはりセパレートして作製するダイレクト度付き加工をご選択いただきました。

オークリー純正度付きレンズだと、RADARLOCKを度付き化する場合、ご希望の調光レンズのラインアップが存在しないのが残念ですね。

さらにブルーミラーをファンデーション、ブルーミラーにより黄色味がプラスされるので、若干明るく見える色調になりますね。

これで、カッコよく、眼に有害な紫外線や、予期せぬ虫やチリなどの飛来物などから眼を守り、眩しさを軽減し、安心して競技に打ち込んでいただくことができますね。

お客さまのご活躍がたのしみです!!

いかがだったでしょうか?
限定モデルらしいとてもステキな仕上がりですね~!

販売本数が少ないので、所有欲も満たしてくれますよ!!

当店では限定モデルのオークリーアイウェアを多く入荷してございますので、ぜひ、レアなアイウェアをお探しくださいね。