kabuto 101S(カブト101S)ダイレクト度付きコントラストレンズ!!

こちらは、kabuto 101S(カブト101S)ダイレクト度付きアイウェアです。

kabutoアイウェアの次世代モデルとして登場した101は、日本人に合わせた装着感と一眼レンズならではの広い視界が特徴的なアイウェアで、サイズはS、M/Lの2サイズの展開となっています。
こちらはSサイズのモデルですね。

レンズはICRX NXTのNEWレンズ、HCD INFINEのダイレクト度付き加工です。

こちらのレンズは、屋内のスポーツはもちろん、夜間運転も可能。屋外での紫外線に加えてブルーライトをカットし、一般的なブルーライトカットレンズよりコントラスト性を向上させてくれるので、視認性の悪いトレイルなどで効果を発揮してくれるだけでなく、普段使いとしても、おすすめのレンズとなっています。

101SはM/Lサイズのものよりレンズサイズも小さくなりますので、お顔の小さい方にはフィット性もよくなりますし、近視の方ですと、レンズの厚みを抑えることもできますので、Sサイズがおすすめですね。

スポーツの秋到来 ですね~
スポーツ用アイウェアのことならメガネのコミヤマにご来店くださいませ。

OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(フラックベータ)度付き調光サングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(フラックベータ)度付き調光サングラスです。

強度の近視のお客様よりご依頼いただき、オークリー純正レンズでは作製することができなかったため、他ブランドのレンズを使用させていただきました。

薄いグレーから紫外線に反応し、濃グレーに変化する紫外線調光レンズなので、夜間や低照度で使用される場合にも重宝しますね。

カーブレンズで強度数になるとかなりレンズが厚くなってしまうので、できるだけ厚みを感じさせないように、工夫した加工が施されています。

お仕事やアクテビティなど、お客様のご使用状況やお好み、フィッティングなどから、FLAK BETA&調光レンズがベストチョイスでした。

諸条件などによっては、強度のお度数でも作製できる可能性がありますので、ぜひ当店にお気軽にご来店くださいませ。

7eye(セブンアイ) CAPE(ケープ)調光レンズ交換!!

こちらは、フレームお持ち込みでレンズ作製のご依頼をいただいた、7eye(セブンアイ) CAPE(ケープ)です。

7eye CAPEは、テンプルにスライド調整可能なフックが搭載されており、お耳までの長さやヘルメットなどに合わせてステムの長さを調節することができます。

フロントカーブもややゆるめにデザインされているので、私たち日本人のフェイスにもフィットしやすいですね。

レンズは、シールドレスのヘルメット着用でのマストレンズ、耐衝撃性に優れたNXT製、調光レンズをお選びいただきました。

こちらのレンズは、紫外線に反応し、薄グレーから濃グレーに変化する調光レンズで、夜間の運転時には夜間運転可能な薄グレー、晴天時では紫外線状況や気温などにより濃グレーへ変化していく、当店人気No1レンズとなっておりますよ~

度付きでも度なしでもセッティングできます。

バイクやサイクルスポーツなどレンズが割れる危険性のあるスポーツなどにおいては、使用するアイウェアのレンズを、大切な眼を守れるように、ポリカーボネートやNXT、フェニックスのような衝撃に強く、割れにくいタイプに交換されることを強くおすすめ致しております。

一般的なメガネレンズ素材のCRやガラスももちろん用途によっては優れている面もたくさんありますが、衝撃には弱く、飛び石や、虫などが飛んでくるスポーツには、安心してご利用いただくことはできません。

当店では、フレームお持ち込みでレンズだけの交換も行っておりますので、ぜひ、ご利用くださいませ。

OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)ICRX NXT NEW調光レンズ HCD PLUS VARIA度付きアイウェア!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)ICRX NXT NEW調光レンズHCD PLUS VARIA度付きアイウェアです。

フレームはお持ち込みいただき、レンズのみ加工、セッティングさせていただきました。

JAWBREAKERは、ワイドな視界、ヘルメットとの相性、風防性などetc……とても優れており、ロードなどを中心にサイクリスト御用達のアイウェアとなっていますね。

お客様にお選びいただいたレンズは、ICRX NXT最新の調光レンズ、HCD PLUS VARIA、こちらは、紫外線に反応し、薄ピンクから濃ピンクへ濃度変化し、コントラストを上げ視認性を向上させることのできる、コントラスト調光レンズなんです。

最近天候が悪く調光変化後の写真は撮れなかったのですが、コントラスト系、ましてや同じピンクに変化する調光レンズは極めて希少で、マウンテンやトレイル系にもオススメですね。

さらに、今回はレッドミラーでファンデーション、カッコよさが倍増しますね~

レンズの中央をセパレートすることで、ほとんど、JAWBREAKERのオリジナルのレンズシェイプで仕上げることができますが、レンズ下端だけ若干ベンチレーションができるようになります。

いかがでしょうか?
カッコいい仕上がりですね~

JAWBREAKERのシェイプほぼそのままに度付き仕様にできてしまうんです。

梅雨前に発注していたレンズが続々と入荷してきておりますよ~

順を追ってUPしますので、お楽しみに~

OAKLEY(オークリー) RADAR EV(レーダーEV)度付き調光サングラス!!

こちらは、OAKLEY(オークリー) RADAR EV(レーダーEV)度付き調光サングラスです。

ロードバイク用に作製させていただきました。
フレームは(A)RADAR EVをお選びです。

よく、皆様からのご質問で、RADAR LOCKとRADAR EVどちらがおすすめ
ですかと聞かれることがありますが、お好みの外観などでお選びになられる方もいらっしゃいますし、競技やシチュエーション、用途や目的などから選択される方もいらっしゃいます。
そのどれもとても大事なので、尊重させていただいておりますが、しいて言えば、一番大事なのは無理なく調整できる範囲でフィットの状態がどちらが良いかどうかということになります。

例えば、RADAR LOCKよりも(A)RADAR EVのほうがフレーム幅が広いので、
RADAR LOCKがきついと感じる方には、(A)RADAR EVのほうがおすすめとなりますし、ご自身でレンズ交換をされる場合は、(A)RADAR EVでももちろんできますが、Switchlockシステム付きのRADAR LOCKの方が簡単に交換することができる…などレンズの大きさや、イヤーソックのサポート感など、同じ一眼式レンズが与えられたRADARシリーズでも結構違ってくるんですね。

最近では、アジアンバージョンでない、RADAR EVや、RADAR EV ADVANCERなど、続々と発売されているので、選択の幅が広がっていますね。

スポーツで使用するアイテムは、シューズなどもそうなのですが、自分に合う合わないはとても重要です。

レンズは複雑な加工や、衝撃に強く、スポーツでの使用におすすめのICRX NXTレンズを選択してくださいました。

紫外線に反応して濃度変化する調光レンズです。

様々な天候状況で行われるサイクルスポーツなどで、マルチに活躍できるレンズといえば、やはり調光レンズはイチオシとなります。

調光チェックです。
きれいに濃度変化していますね。

これから夏本番。サングラスが活躍する季節です。

今なら、作製期間のかかる、特殊なアイウェアでも、夏休みに間に合うかと思いますので、ぜひ、ご来店くださいね。