OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(A)(フラックベータ)CARBON/ PRIZM DARK GOLFなど続々と再入荷しています!!

OAKLEY(オークリー) 人気の、FLAK BETA(A)(フラックベータ)など、続々と再入荷致しております。

こちらは、CARBONフレームカラー、PRIZM DARK GOLFレンズがセッティングされたモデルです。

カーボンファイバーカラーとは違い、グレーの単色となっていますね。

レンズはPRIZM DARK GOLF、PRIZM GOLFより少し濃いめのカラーが特徴的で、ゴルファーのためにセッティングが施されたレンズとなっています。

様々なシチュエーションで使用しやすい、FLAK BETAいかがでしょうか?

FLAK BETA(A)
CARBON
PRIZM DARK GOLF
¥21,200+税

OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(フラックベータ)度付き調光サングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(フラックベータ)度付き調光サングラスです。

強度の近視のお客様よりご依頼いただき、オークリー純正レンズでは作製することができなかったため、他ブランドのレンズを使用させていただきました。

薄いグレーから紫外線に反応し、濃グレーに変化する紫外線調光レンズなので、夜間や低照度で使用される場合にも重宝しますね。

カーブレンズで強度数になるとかなりレンズが厚くなってしまうので、できるだけ厚みを感じさせないように、工夫した加工が施されています。

お仕事やアクテビティなど、お客様のご使用状況やお好み、フィッティングなどから、FLAK BETA&調光レンズがベストチョイスでした。

諸条件などによっては、強度のお度数でも作製できる可能性がありますので、ぜひ当店にお気軽にご来店くださいませ。

OAKLEY(オークリー) 狩猟用度付きアイウェア!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ)度付きアイウェアです。

今回は、狩猟用に作製させていただきました。

狩猟用に、PRIZM TRAIL(プリズムトレイル)を使用されている方はとても多くいらっしゃるんだそうです。

では、なぜ、狩猟でPRIZM TRAILなのかということですが、よくクレー射撃などで、オークリーレンズを使用される場合、PRIZM TRAILを使用されている方が多いように感じますが、目的は違えど理由は同じ、「ハイコントラスト」が必要であるということです。

元々、OAKLEYのPRIZM TRAIL(プリズムトレイル)は、トレイル時のコントラストを高めることで、道や障害物を分かりやすくする目的のために開発されたレンズで、MTBやバイク、トレイルランなどで効果を発揮するレンズです。

そのため山の中で、目的の獲物を探そうとするときに、コントラストを上げ視認性を向上させ、輪郭を強調することで獲物を見つけやすくする効果や、山道の凹凸や、木々の葉や枝、石などの障害物を視認しやすくしてくれます。

それらの効果が狩猟などの目的に合っているんですね。

さらに、フィット性がいいハイカーブのアイウェアは、お顔を包み込み、山の中での枝や、虫などからも通常のメガネより眼の保護性も高いですし、なんといっても、オークリー純正などのレンズは耐衝撃性能が高いので、今回のケースの場合は特にマストレンズと言えますね。

今回はお客様のお顔にピッタリフィットし、メンテナンス性に優れた、FLAK BETA(フラックベータ)をお選びいただきました。

現在ご利用いただいているメガネの度数を大幅に見直す必要があったため、度数設定も色々な配慮が必要でした。

当店では、目的のスポーツやお仕事などでの最適なアイウェアを作製させていただいております。

OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ) おすすめです!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ)です。

今年も多くの方にOAKLEY(オークリー)度付きスポーツアイウェアをご販売させていただき、当店、度付きNO.1人気のFLAK2.0(A)に迫る勢いだったのが、こちらの、FLAK BETA(A)(フラックベータ)でした。

FLAK BETA(A)はFLAKシリーズのエントリーモデルとして登場したモデルなのですが、コストパフォーマンスを含め様々な面で優れたアイウェアとなっていますよ~

FLAK BETA(A)の長所は何と言っても、軽量でシンプルなデザイン、絶妙なサイジングと、アジアンフィットモデルでフレームのノーズ高さや、前傾角などが日本人にも合わせやすいセッティングになっているところです。

ノーズパッド自体は旧FLAK JACKETなどと同じですが、フレームに高さを持たせたデザインになっていることと、前傾角を少し緩やかにしていることで、レンズの下端が頬に付きにくくなっています。
これはFLAK2.0も同様ですね。

さらに、Unobtainiumイヤーソックが搭載されていないので、グリップ力という点では、他のモデルに遅れをとりますが、汗などでのイヤーソックの劣化を気にしなくても良く、バイクなどのヘルメットにも出し入れしやすい点もGOODです。

当店に、バイク用のアイウェアをお求めにご来店くださるお客さまはとても多くいらしゃるのですが、ハーフリムタイプのハイカーブアイウェアをご希望の場合、多くのアイウェアブランドでイヤーソックにラバーを採用しています。
ラバー付きでも、問題なく出し入れができれば良いですが、ぴったりとフィットしているフルフェイスのヘルメットだと、アイウェアの取り外しが困難なケースが多く、無理な力がかかり過ぎると、ラバーを傷めるだけでなく、アイウェアの破損やヘルメットの内装を傷める結果となってしまいますので、ステムがノンラバーのFLAK BETA(A)はかなり貴重な存在なんですね~

また、調整やカスタムも比較的しやすく、耐久性もあるので、多くの方におすすめできるアイウェアとなっていますよ~

本日は、ユーテリティに活躍できる、FLAK BETA(A)の魅力をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

今年も多くの方のアイウェアをサポートさせていただくことができ、お客様のたくさんの笑顔を見せていただくことができました。

また、来年も皆様のお力になれるようにがんばっていきたいと思っております。

今後ともメガネのコミヤマをどうぞよろしくお願い致します。

OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ) 新色CARBON(カーボン) フレーム度付き!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) FLAK BETA(フラックベータ)です。

新色のフレームカラー、CARBON(カーボン)カラーで作製させていただきました。

グレーのフレームカラーとなっていますよ~

今回もバイク乗りのお客様からご依頼いただきました。

フルフェイスのヘルメットに入りやすいハーフリムハイカーブデザインのフレームは貴重ですね。

今回作製させていただきましたお客さまもヘルメットをお二つお持ちでしたので、お二つともセッティングできるかお持ちいただけましたので確認させていただくことができました。

お二つともほとんどノーマルの状態で良好なフィッティング状態にすることができました。

バイクやスポーツで使用する場合は、ヘルメットなどのアイテムを装着したうえでアイウェアの装用となりますので、それらとの相性が重要となってきます。

例えば、へルメットにフレームが入っても、きっちりめのヘルメットの場合、ステムが頭部に合っていなかったり、ステムエンドがヘルメットの内面に当たってしまったりしていると、つっかえてしまい、フィッティングが持ち上げられた状態になりノーズパッドがお鼻につかなくなったりして安定感をなくしてしまうので、そういった場合は様々な工夫をしないと良好なフィット感を得ることができなくなってしまいます。

場合によっては、カスタムや調整には限界があるのでご希望のフレームではなく、違ったアイウェアでないと難しいケースもあり、特に、レース専用のフルフェイスで、専門のショップでヘルメットの内面をその方のお顔に合わせカスタマイズされたヘルメットの場合は、第一に安全面や、高速走行での振動などでヘルメットがカタつかないようにとかなりタイトなので、フレーム選びは慎重に行う必要があります。

当店では、様々なスポーツシーンに合ったアイウェアを取り扱ってございますので、ご相談くださいませ。

11月に入り、当店のある長野県は気温がどんどん下がり、朝は日陰のところなどでは、霜がおりる時期になってきました。

あと数カ月で雪の季節、雪が降るとバイクには中々乗れなくなってきますので、残り僅かなシーズンを安全に楽しみましょう。