OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(A)(フラックベータA)度付きミラー偏光サングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)FLAK BETA(A)(フラックベータA)度付きミラー偏光サングラスです。

アクティブなシーンで使用されるお客様よりご依頼いただきました。

FLAK BETA(A)はUnobtainiumイヤーソック非搭載モデルなので、激しいスポーツ時には、グリップ力のある大型ラバーが搭載されている、FLAK2.0などに分がありますが、FLAK BETA(A)はバランスが良く、着脱も容易でヘルメットやキャップ内に収めて使用する場合などではとても効果的なモデルですね。

フレームカラーはSTEEL、サテンブラックに似ていますがブラックに近い、ダークグレーのようなカラーが特徴的ですよ~

ベースのレンズカラーは、あまり濃すぎないグレーの偏光レンズに、シルバーミラーをお選びです。

これから夏に向けて、ドライブや、ウォーターレジャーなどにも偏光レンズは大活躍してくれますよ。

当店では多種のレンズの中から、お客さまのご用途に合ったレンズをご提案できると思いますので、ぜひ、当店にご来店のうえご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)度付き偏光サングラス!!

こちらは先日作製いただいた、OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)度付き偏光サングラスです。

ロードバイクで使用されるお客様よりご依頼いただきました。

JAWBREAKERは、サイクリストの方に最も人気のモデルの一つですね。

レンズは、光の乱反射を抑え、眩しさを軽減してくれるグレーの偏光タイプのレンズに、ブルーミラーをセッティング。
ミラーは補色効果や、外観面を良くするだけでなく、JAWBREAKERは、ダイレクト度付き仕様にする場合、フレーム中央でセパレートしたレンズをはめ合わせるようにして加工していますので、段落ちと呼ばれる複雑なレンズカットが必要で、クリアレンズなどの色があまり入っていないレンズなどの場合、カットした面が見えるため、気になるといった方には、濃いめのベースカラーのレンズ+ミラーを入れていただくと、レンズ表面が反射することで、カット面が気になりにくいといった効果もあります。


さらに、フィッティングを改善するため、ノーズパッドを内側に寄せて調整しました。


元々のノーズパッドのポジションは上の画像のようにフレームのラインに沿っていますが、ライダー特有の前傾状態になったときの、装用ポジションで、風防性や視界を更に向上させ、快適にライドできるように、フィッティング致しております。

こちらはフィッティング後の画像で、ノーズパッドを内側に寄せ、フィッティングポジションを改善、さらにステムも、もう少し内側にする必要がありました。

オークリーのO Matterというフレーム材質は、軽量で耐久性もあり、スポーツで使用するアイウェアに搭載される素材としては、とても優秀なのですが、一般的なプラスチックのメガネフレーム素材であるアセテートなどと比較すると、元々調整ができるようにできていないため、調整はかなりしにくく、ムリに大きく調整をしようとすると、フレームの劣化や破損なども絶対にないわけではありません。

そのため、当店で作製させていただいたお客さまに限り特別に、可能な限り様々な手法を用いてフィッティングやカスタムをさせていただいております。

いかがでしょうか?
ポリッシュドブラックのフレームカラーに鮮やかなブルーミラーがカッコいいですよね~

お客さまにご相談いただき、ご一緒に作り上げた、言わば、お客さまが手塩をかけて組み上げた愛車と同じように、
これからの、ライドをサポートするアイウェアです。


スポーツで使用する大事なアイウェアは、ぜひ、当店でお求めください。

OAKLEY(オークリー)日本限定モデルPITBULL(ピットブル)度付きレンズ交換!!

お客様にご持参いただいた、OAKLEY(オークリー)日本限定モデルPITBULL(ピットブル)へ度付きサングラスレンズをセッティングさせていただきました。

2011年の冬に発売となった、日本限定モデルのPIT BULLで、フレームカラーはブラックシルバーゴーストテキスト、レンズはスレートイリジウムがセッティングされ、当時、PITBULLは超人気のモデルだったので、こちらの限定モデルは、言うまでもなく、当店で確保できた数本があっという間に完売となったモデルでした。

2021年になった今でも、PITBULLの在庫についてお問い合わせが結構あるほどの人気モデル、現在当店では完売してしまっており、復刻を願うばかりですが、フレームがとても丈夫なので、レンズ交換などを承ることはとても多いですね。

ちなみに、ノーズパッドは共通のパーツでまだオークリー純正の部品が手に入りますが、イヤーソックの純正パーツは完売終了しているとのことです。

しかし、サードカンパニーによる社外部品はまだ手に入れることができますよ。

こちらは当時、当店で販売させていただいたアイウェアで、大切にご愛用いただいていたので、フレームにはほとんどキズなどはなく、レンズやイヤーソックには経年的なダメージは多少あるものの、レンズをリフレッシュさせていただくことで、新品のような輝きを取り戻すことができました。

レンズはオークリーレンズでのサポートは終了してしまっているので、他メーカーのレンズを使用。
スレートに近いカラーのグレーをベースに、レッドミラーをチョイス。オークリーレンズでいうところの、トーチや、+Redというよりは、ファイヤーに近いミラーですね。

さらに、お客さまのご希望によりノーズもカスタマイズさせていただきました。

いかかでしょうか?
とてもカッコいい仕上がりですよね~
まだまだ現役バリバリで使用できますよ~

皆様ももし、現行の販売モデルで、お気に入りのアイウェアに出会えなくても、気に入っているアイウェアがあれば、レンズ交換や、メンテナンスをしてご利用いただくこともできますので、ぜひ、当店にご来店のうえご相談くださいませ。

OAKLEY(オークリー)Kokoro Collection FLAK2.0(A)(フラック2.0)度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー)Kokoro Collection FLAK2.0(A)(フラック2.0)度付きサングラスです。

Kokoro Collectionは、日本人アーティストの山口 歴氏がデザインを手掛けられたコレクションで、人間の優れた才能や、互いを思いやる気持ちの美しさが込められているそうです。

山口氏の筆跡を再現すべく、OAKLEYではカスタムマシンを開発し、特殊なスピン技法で、こちらの鮮やかなカラーを再現しているそうで、一つ一つカラーの配色や入り方が異なっていることから、一つとして同じものはないコレクションとなっていますよ~

ロードなどで使用されるとのことで、鮮やかなKokoro Collectionのカラーをとても気に入っていただけました。

レンズは、様々な種類の中から、ジェイドイリジウムをチョイス。
ジェイドイリジウムは、グレーベースのカラーに発色のいいグリーンのミラーが入っており、補色であるパープル系の色味が付加されるため、通常のグレーのみのレンズと比較するとコントラストを上げる効果があります。

同じグリーンミラーを纏った、ロード用レンズである、プリズムロードジェイドなどが、少し赤みが強すぎると感じる方にはオススメですね。

可視光線透過率はトーチイリジウムやグレーと同じ、17%となっています。

Kokoro Collectionのフレームカラーは、どういう感じで模様が入ってくるか入荷してみないと分からないので、お客様もドキドキされていらっしゃいましたが、とてもキレイに仕上がっていて、大変喜んでいただけて本当に良かったです。
初ライドが楽しみですね~

雪解けもコロナの収束もまだまだ先といえますが、明けない冬はないと、今のこの時期に、傷んだレンズやフレーム、部品の交換などのメンテナンスをして、春に万全の状態で楽しめるように今から準備をしましょう。

OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)OCEカスタム!!

こちらは先日お求めいただきました、OAKLEY(オークリー)JAWBREAKER(ジョウブレイカー)OCEカスタムです。

ウィンタースポーツのシーズンからか、最近、OAKLEYアイウェアの中でもJAWBREAKERをお求めにいらっしゃる方がとても多いですね。

ロードスポーツだけでなく、サングラス派のスキーヤーの方にもJAWBREAKERは人気がありますよ~

フレームカラーはポリッシュドホワイトをベースに組み上げていただき、レンズはグリーンミラー&偏光レンズの、ジェイドイリジウムポラライズドをお選びいただきました。

各パーツにお客様のこだわりが伺えて、とてもかっこいい仕上がりですよね~

晴天時の雪面での照り返しなどはとくにまぶしいですよね…
そんな、ウィンターシーズンこそサングラスが必要ですね。