OAKLEY(オークリー) DEAD BOLT(デッドボルト) × 東海光学ルティーナ!!

こちらは先日作製させていただきました、OAKLEY(オークリー) DEAD BOLT(デッドボルト)です。

DEAD BOLTは、ラウンドシェイプと革新的なデザインが与えられたOAKLEYのオプサルミックアイウェアです。

フレームとテンプルを一つのデザインでつなぎ合わせるといった斬新なデザインが特徴的で、ユニークで特殊なパーツで固定されています。

さらに、スプリングヒンジを採用しており、柔らかなかけ心地ですよ~

材質はチタン素材なので、軽量でサビなどに強い特性があります。

こちらの、フレームカラーはSatin chromeとなっていますよ~

レンズは東海光学のルティーナをお選びいただきました。

ルティーナは紫外線をカットするだけでなく、最近の研究で目への影響が懸念されている、HEV領域(400nm~420nm)の領域を大幅にカットしてくれるレンズで、最近では多くのレンズメーカーが同様のレンズを開発、発売されています。

テンプルは調整が可能です。

パッドもチタン製になっていますよ~樹脂やシリコン製と違って経年的な劣化に強く、衛生的で、チタンなので生体親和性に優れています。

DEAD BOLTは軽量でかけやすく、未来を彷彿とさせる先鋭的なデザインで、個性の光る一本ですよ~
皆様もいかがでしょうか?

7eye(セブンアイ) PANHEAD(パンヘッド) × Kodak(コダック) Polarmax Pro(ポラマックスプロ)度付きサングラス!!

こちらは先日作製させていただきました、7eye(セブンアイ) 度付きサングラスです。

バイク乗りのお客様よりご依頼いただきました。

フレームは、ゴーグルのようにお顔にぴったりとフィットして風などの侵入を防いでくれる、取り外し可能なアイカップを装着した、SPF100シリーズの中で、調節可能なテンプルを搭載した人気の7eye(セブンアイ) PANHEAD(パンヘッド)をお選びくださいました。

デザイン性と機能性を両立した完成度の高いフレームです。

レンズは、カメラ分野で培われた性能の高い偏光レンズに、人がまぶしく感じる波長域をコントロールし、色彩コントラスト向上機能のネオコントラスト、さらに、目に有害な紫外線はもちろん、HEV高エネルギーの可視光線域【380nm~420nm】もカットするHEV420カット機能まで搭載した、Kodak(コダック) Polarmax Pro(ポラマックスプロ)をセッティング、カラーは、ネオモカブラウンです。

ネオモカブラウンは、コントラスト性の高いブラウンに、さらに、オレンジの要素を加えることで、さらなるハイコントラストが得られるように色調コントロールがなされたカラーで、見る物の輪郭をよりシャープに引き立たせてくれます。

もちろん、アイカップが着脱できるようにレンズを加工、歪なども考慮し仕上げています。

カッコいい仕上がりですね~

今の時期はバイクで走行すると、夕方あたりからかなり虫がバチバチあたってくるので、シールドレスのヘルメットですとかなり危険ですね。

そのような場合はプロテクト性能の高いアイウェアは必須ですよ~

バイク乗りの皆様いかがでしょうか?

OAKLEY( オークリー) BIG TACO(ビックタコ)×Kodak PolarMax 偏光レンズ交換!!

今回はお持込みのOAKLEY( オークリー) BIG TACO(ビックタコ)にKodak(コダック)のPolarMax(ポラマックス)偏光レンズをセッティングさせていただきました。

大きめのレンズサイズで広い視界を確保してくれるBIG TACOは、2013年に発売開始され、現在ではメーカー販売終了となってしまったモデルです。

サーフやスケートカルチャーにはかかせない音楽シーンに敬意を表し、ヒンジ部分とステムには、50年代のビンテージマイクからインスパイアされたデザインが特徴的なアイウェアです。

当時はPIT BULLなど人気のフルリムモデルがあったため、当店ではあまりフィーチャーされなかったのですが、現行モデルには少ない丁度いい大きめのレンズサイズと、オークリーらしいデザイン、音楽からインスパイアされたメタル飾りと、今あったらなぁと思わせるほどカッコいいモデルですよね。

今回は釣り用で作製していただきました。

元々オークリーのBlack Iridiumがセットされていたのですが、お客さまの使用するカテゴリーでは濃過ぎると感じていたとのことでした。

様々なレンズをテストしていただき、コントラストに優れたレンズがお客様
のお好みで、最終的に、オリーブグリーン、クリムソンピンク、他メーカーのライト系ブラウンとお悩みいただき、まずめ時に使用するときはオリーブグリーンの方に分があるものの、総合的な部分でクリムソンピンクをご選択されました。

クリムソンピンクは、眼に刺激が強いと言われる青紫光線域を制御し、橙色あたりの光線をフラットに制御することでコントラスト性能をあげる調整がなされており、一般的な濃度の濃いレンズと比較すると、水中の地形や魚影などを見やすくしてくれます。

カッコよく仕上がっていますね~

釣りには様々なカテゴリーがあり、時間帯やシチュエーション、お客さまの好みなどもございますので、店頭でレンズの見方などをチェックしていただくことをおすすめしております。

ご来店される時間帯もできれば、使用される時間帯の照度に近いコンディションがよく、例えば、日中の野球などで使用されるのに、18時ごろにレンズのカラーをテストしていただいても中々、見えかたのイメージもつきにくいですよね。

そのあたりもご相談していただけますので、ぜひ、お気軽にご来店くださいませ。

Kodak(コダック) 高性能偏光レンズ PolarMax Pro(ポラマックスプロ) 登場です!!

カメラのフィルムでお馴染のKodak(コダック)社の高性能偏光レンズ、 PolarMaxがさらに、様々な機能をプラスした最新偏光レンズ、PolarMax Pro(ポラマックスプロ)の登場です。

PolarMax Proは、Kodakの高い光学性能によって生み出され、全てのカラーで偏光度99%以上を達成した【PolarMax 】機能、580nm付近のイエローライトを抑え、色彩感を向上させる【NEO CONTRAST】機能、さらに、眼に有害な紫外線+可視光線域(380nm~420nm)であるHEV高エネルギー光カットの【COMPLETE UV】機能の3つの要素を融合させた、高機能偏光レンズです。

ここからは、レンズのご説明と、各カラーの見え方をご紹介させていただきます。


こちらは無色の時の見え方です。12月9日の午後2時ごろ撮影しました。


NEO BLACK
可視光線透過率17% 偏光度99% (カタログ値)

ナチュラルな色調で、まぶしさを抑制することができます。まぶしさを強く感じるシチュエーションにおすすめのレンズで、透過率などは異なりますが、オークリーのレンズでいうとプリズムブラックに近い感じの見え方です。


NEO AMBER
可視光線透過率24% 偏光度99% (カタログ値)

比較的薄めのブラウンカラーの偏光レンズです。川釣りなどによさそうです。川面のギラツキをカットし、岩陰や魚影などを見やすくしてくれそうです。


NEO MOCHA BROWN
可視光線透過率16% 偏光度99% (カタログ値)

透過率自体は比較的低めですが、オレンジの要素が加わっているためか、同じぐらいの透過率のブラウンカラーのレンズと比較すると明るく感じます。


NEO GREEN
可視光線透過率26% 偏光度99% (カタログ値)

今回のラインアップの中でNEO LIGHT GREYに 次いで薄めのレンズカラーとなっています。グレーグリーンの優しい色調の偏光レンズです。



NEO LIGHT GREY
可視光線透過率30% 偏光度99% (カタログ値)

今回のラインナップで一番薄めの濃度に設定されています。様々なシチュエーションでオールマイティーに使用できるカラーです。

皆様いかがだったでしょうか?

PolarMax Proのカタログに、【究極のサングラスレンズ、登場。】と記してあったのですが、それにふさわしいレンズなのではないでしょうか?
ハイカーブタイプのアイウェアにもセッティングできますよ~

当店にテストレンズがございますので、ぜひ、お試しくださいね。

RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) INTUITION(インツゥーイッション)Cバージョン×ルティーナ!!

ルディ+ルティーナ 1

こちらは先日作製させていただきました、RUDY PROJECT(ルディプロジェクト) INTUITION(インツゥーイッション)です。ルディ+ルティーナ 2

INTUITIONは、スポーツからビジネスまで幅広いシチュエーションに対応する、RUDY PROJECTのユーティリティフレームで、軽量でかけ心地の良いフレームは、RUDY PROJECTがスポーツアイウェアのフィールドで培った様々なテクノロジーが詰め込まれています。

交換用テンプルラバー、ノーズパッド(大・小)が付属されているため、好みやフィッティング状況に応じて簡単ご自分で交換することができます。

テンプルラバーは、ブラックカラーは標準で、ライム・アズール・レッドフルオの3種類の中からフレームを選択する際にお選びいただけますよ~ルディ+ルティーナ 3

レンズは東海光学のルティーナをお選びいただきました。

ルティーナは、眼の網膜に存在しているルテインという色素を酸化ストレスから保護し、色素劣化を抑えてくれるといった機能が期待されているレンズです。

屋外での活動が多いということで、当店に来店される前に事前にお調べいただいていたとのことで、ルティーナを指名してくださいました。

数年前あたりから各レンズメーカーよりそうしたHEV(High Energy Violet light 高エネルギー紫色光線)カットレンズが発売されています。ルディ+ルディーナ 4

カッコいい仕上がりですよね~

当店では各種機能的なフレーム・レンズを取り扱っておりますので、そのあたりもご相談ください。